生活・雑学

孫への入学祝いの相場とおすすめプレゼントは?【高校・大学編】

孫への入学祝いの相場とおすすめプレゼントは?【高校・大学編】

春の3月〜4月は出会いと別れの季節。

今までの慣れ親しんだ環境から、まだ知らない未知の環境を想像するとワクワクの期待感と緊張の不安感が入り混じる季節は、人として自分を成長させるための良い転機でもありますね。

それを表す「入学式」と云うイベント。

お祖父ちゃん、お婆ちゃんは特に、お孫さんの成長を実感できる行事ではないでしょうか。

 

「入学式」となるとお祝いをしてあげたくなるのが親心ならぬ祖父母心。

少しでも喜びをカタチにしてプレゼントするとなると、思うのは

 

入学祝いは何をプレゼントするのが良いのだろう?

 

せっかくのプレゼントです。少しでも喜んでもらえる物をあげたいですが、

高校・大学となると今までとは違い、孫も大人のように好みやこだわりがあるはず..。

そうなると入学祝いも、相場もわからずにどこまでしたら良いのか、さらに迷いますよね。

 

今回は、
高校と大学へあがる、お孫さんへの入学祝いの相場とおすすめのプレゼントについて調べてみました。

よろしければ、参考にしてみてください。

 

孫への入学祝いの相場とおすすめプレゼントは?【小学・中学編】はこちら!!

 

料金の相場とオススメのプレゼント【高校編】

想像で買うよりも、実際に聞くのが吉。

 

入学祝いの金額の相場は、

3万円~30万程度

 

と言われています。かなり金額に開きがありますが、家庭や時期によってお孫さんの年代の違いがありますし、

孫だけのためではなく、

祖父母から見た息子・娘夫婦の負担もできる限り軽減させてあげようという思いの援助を含む意味もあるからです。

 

それをふまえて、

高校の入学祝いの相場は、

3万円~5万円程度

 

で、中学の相場と比べると金額に大した違いはありません。

しかし、プレゼントとして贈る物の品質、金額がだいぶ高くなる場合が多いです。

 

高校は義務教育から離れ、私立などの場合は入学金、学費などが結構高くなります

制服やカバン、部活の道具などの他にも、遠距離で通学する場合は、電車やバスの定期券代に自転車なども必要になったりしますね。

 

さらに現在では家庭に1台パソコンではなく、

家族1人1人にスマホやタブレットなどの情報機器が必需品のように扱われている時代になりました。

通学用の自転車などを含め、プレゼントとして用意してあげるのであれば、

総額で10万円を軽く超えてしまうこともあるそうです。

 

高額になる分、プレゼント選びも慎重になってもっと迷うはめに…。

なのでプレゼントの品は想像で購入するよりも、

事前に本人かまたはその親に聞いておくのが無難かもしれません。

 

 
スポンサーリンク

料金の相場とオススメのプレゼント【大学編】

孫への入学祝いの相場とおすすめプレゼントは?【高校・大学編】
プレゼントの品よりも、入学祝いに多く掛けましょう

 

大学の入学祝いの相場は、

10万円~30万円程度

 

今までより、かなり金額は上がります。

大学の入学金や、基本的に4年間分の授業料が必要になります。

さらに遠方の大学だと1人暮らしをする場合もあるので、

生活必需品や引越し費用などの資金に当てれるよう入学祝いを多く包む家庭が多いようです。

 

お孫さんが地元の国公立大学などに進学される場合は、10万円も必要ないということもありますが、遠方の私立大になると国公立大学の何十倍も費用が掛かることも…。

なので、
息子、嫁夫婦に聞いて見るのが失敗しないお祝い方法かと思います。

 

ちなみに入学祝いは入学が正式に決まった後に、

入学式前に贈るのがマナーです。

入学式を過ぎても構いませんが、出来るだけ早めに渡してあげる方が準備もあるので、お互いにとっても良いですね。

 

 
スポンサーリンク

まとめ

孫への入学祝いの相場とおすすめプレゼントは?【高校・大学編】
高校と大学へあがる、お孫さんへの入学祝いの相場とおすすめのプレゼントについてご紹介しました。

入学祝いの金額は家庭によっての価値観が違いますので、あまり深く考えずにできる範囲で贈れれば良いと思います。

 

とは言っても、高校や大学となると、

プレゼントの品よりも、お祝い金で相手を祝ってあげるカタチの方がが良いですね。

お孫さんも16〜18歳にもなると、お金の大切さや感謝の気持ちが分かる年齢に。

もしその時にわからなくても、

将来社会人になれば、必ず自分にお祝いしてくれた事への大切さに気づきます。

お祝いは、お孫さんを身体だけでなく中身も成長させる意味もあると、調べてみて私は思いましたよ。