健康・美容

成長痛でひざが痛い!成長痛って何?対処法は?

成長痛でひざが痛い!成長痛って何?対処法は?

小学生のころ、痛くて痛くてたまらなかった成長痛

 

「成長痛でしょ」って簡単に言われるけど、痛くてたまらない!

 

という経験、きっとみなさんにもあると思います。

成長するにつれて痛みは和らいでいきますが、簡単に成長痛と判断してはいけないこともあります。

 

また、自分の子どもや親せきの子どもが痛がっているとき、

何かしら和らげてあげられる方法を知っていれば、力になってあげることができますよね。

そこで今回は、この成長痛についてまとめていきたいと思います。

 

 

そもそも成長痛とは?

成長痛とは、
3歳から10歳までの子どもに発症しやすい、原因がわからない膝や、かかとなどの足の痛み
のことを指します。

痛みの多くは、夕方に発症し、1時間近く痛むこともあります。

ただ、痛む部分が腫れたりすることはないので、どうして?と疑問に思う方も多いと思います。

わたし自身が成長痛を感じているとき、親から「骨が伸びているから痛いんだよ」と教えられてきましたが、

成長痛にはコレ!という定義はなく、骨や関節に異常はないが一定期間痛がる場合に成長痛と診断されるようです。

 

成長痛については理解していただけましたか?

これらのことを踏まえて、知っておいていただきたいことがひとつあります。

 

簡単に成長痛と決めつけないこと!

 

お子さんが「痛い!」とSOSを出したときに、成長痛だからと決めつけてしまったがために怪我に気付けなかったということもあるようです。

特にスポーツをしているお子さんは要注意ですね。

間違った練習方法などで痛めてしまったのに、成長痛と決めつけてしまい発見が遅れることがありますので、症状をよく観察してください。

お子さんが痛み続けるようでしたら、出来るだけ早く整形外科を受診されることをおすすめします。

 

 
スポンサーリンク

成長痛への対処法は?

成長痛の治療法・対処法は、今のところないのが現状です。

時間が経過するにつれて治まる痛みなので、治療をしない方針の医師もいます。

ただ、痛がる子をほっとくことも出来ないと思います。

ここでは、痛みを和らげる対処法をご紹介していきます。

 

①ストレスを減らし、緊張を和らげる

大人になっても、自分の気持ちを言葉にすることが難しく感じるくらいなので、子どもはなおさら。

不安なことがあっても正直に話せず、ストレスになり痛みになることがあります。

たとえば、環境の変化や運動などのしすぎで体が疲れているなど。

ストレスを減らし、緊張感を和らげてあげると、痛みも自然と治まることがあります。

 

②休ませること

成長痛の場合は、動いていても問題はありませんが、痛いのに動けと言われるとつらいですよね。

動いている最中にさらなる痛みを感じると、余計に痛みを感じてしまうことがあります。

子どもが痛みを訴えたら、まずはゆっくり休ませてあげましょう。

 

③マッサージや温めることも効果的

マッサージや温めること自体に痛みを軽くする効果はないのですが、安心感を与えることで痛みを和らげることができます。

また「いたいのいたいの飛んでいけー」などのおまじないも効果的でしょう。


 

 

 

成長痛でひざが痛む!

成長痛でひざが痛い!成長痛って何?対処法は?
通常の成長痛であれば、上記の方法で対処していただければ大丈夫なようですが、

膝の場合は違う病気が隠れているようです。

それがオスグッド病というものです。

 

子どもの骨は成長に伴い、やわらかい骨から硬い骨に変化していきますが、その途中では不安定な状態になり、その状態のまま運動などをして異常が生じるものと考えられているようです。

ひざの皿の下あたりに位置する骨に、変形などがみられ、特にスポーツをしている小中学生に多く見られるスポーツ障害としても知られているものです。

成長に伴い、筋肉や腱のバランスが整えば異常のあった骨も安定してくるので、半年から1年くらいで自然に治癒します。

 

早期に直す場合にはレーザー治療などもありますので、病院で詳しく聞いていただければと思います。

普段からの予防法としては、ひざの周辺の筋肉が柔らかいと骨の成長からくる負担を減らすことができるのでストレッチなどが効果的です。

 

 
スポンサーリンク

はっきりと解明されていない成長痛とうまく付き合っていきましょう!

成長痛でひざが痛い!成長痛って何?対処法は?
いかがでしたか?

成長痛について、意外と知らないことも多かったと思います。

今まで骨が伸びる痛みだと思っていたので、わたしも勉強になりました^^

はっきりと成長痛の原因や対処法についてわかっていないのが現状ではありますが、少しでも痛みが解消するように、今日の記事が役立てばうれしいです。