スポンサードリンク

コーヒー豆のおすすめの保存方法は?賞味期限はどのくらい?
みなさん、コーヒーは飲まれますか?

日常生活の中で、コンビニや自動販売機などで缶のコーヒーがいつでも手軽に購入できるこの世の中。

仕事の合間や運転中の眠気醒ましにと、飲む人は多いのではないでしょうか。

 

最近はコンビニなどのコーヒー商戦が激しく、オリジナルのエスプレッソなど種類も豊富な上にその場で豆を挽いたコーヒーも発売されており、さらに身近な飲み物になっているコーヒー。

やはり缶コーヒーよりも専門店で売られているような、豆から挽いたコーヒーは別格の美味しさですよね。

 

挽きたてコーヒーの香りやコク、味わいは口にするほど安らぎをくれるまさに安定剤。カフェインに中毒効果があるのも納得してしまいます。

私もコーヒーが大好きなので、たまに豆を買うこともあります。

せっかく挽きたて豆を購入したのだから、長持ちさせたて楽しみたい!

 

コーヒーの正しい保存方法を知りたい!

そもそも賞味期限があるのかも気になるところ!

 

今回はコーヒー豆のおすすめの保存方法と賞味期限について調べてみました!

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

コーヒー豆に賞味期限がある?

コーヒーに明確な賞味期限はありません。

強いてあげるなら、豆を焙煎してから目安は2~3週間です。

 

コーヒーに明確な賞味期限がないそうです。

しかし!!

保存状態が悪く、痛みきった豆のコーヒーを飲むと胃の不調や吐き気等の症状が現れることもあるのでご注意ください。

 

ちなみに、一度挽いたコーヒー豆が傷んだり、劣化してくると下記の症状がみられます。
  • 異常に酸味が出ている、変な味がする
  • 異臭がするとき
  • カビが生えているとき
 

見た目では分かりづらいので、味が明らかにおかしいと感じたら、止めておくのが良いですね。

 

コーヒー豆の性質ですが、焙煎直後から成分の化学変化が始まります。

豆の種類や焙煎の度合いによっても違いますが、香りやコクが丁度よく出るのは、焙煎後3〜4日経過したころが良いそうです。

豆の状態のままなら、1~2週間目あたりが豆本来の香りのピークとなり、3週間以上経過すると、コーヒー豆に含まれる諸成分が酸化を始めてしまいます。

 

「コーヒーを飲んで胃もたれした…」

と言われる人は、

酸化してしまったコーヒーを飲んでしまったという事例が多いそうです。

どちらにせよ、早めに飲みきるに越したことはないですね。

 

 
スポンサーリンク

コーヒー豆の保存方法は?

コーヒー豆のおすすめの保存方法は?賞味期限はどのくらい?
守るべき方法は3つあります。

 

check!!
  • 高温多湿の場所に保管しない。
    どの食品にも言えますが、適温な場所で保管してください。
    数字で表すと、気温が20度前後。湿度も30~40%、ようするに人間が快適と感じるのと同じ条件が最適な保管環境です。
  • 空気に触れない
    コーヒーの劣化は、空気に触れることでスピードが速まります。
    なので保管の際は、密封できるビンに入れるか、豆の入っている袋を更にチャック式のビニール袋(ジップロック)などに入れておくことをおすすめします。
  • 冷蔵/冷凍保存
    購入してから数日中に飲みきれないことが分かっている場合は、市販の冷蔵/冷凍用のチャック付袋に入れて冷蔵庫や冷凍庫に保存することをおすすめします。
    冷蔵・冷凍することで、風味の低下速度をゆるやかにする効果があります。
 

目安として、
  • 購入してから3週間程度で飲みきれる場合は冷蔵保存
  • 購入してから1ヶ月程度かかりそうな場合は冷凍保存
 

 
スポンサーリンク

まとめ

コーヒー豆のおすすめの保存方法と賞味期限についてご紹介しました。

ちなみにみなさんもご存知かと思いますが、コーヒーには中毒性があると言われています。

コーヒーに含まれているカフェインは中毒性のあるドラッグの一種に分類されるそうです。

 

よく起床時や仕事中にコーヒーを飲む習慣がついている人がいますが、そんな人が突然飲むのを止めると

「精神的にモヤモヤする」

「注意力が欠ける」

などといった、禁断症状が現れることも…。

コーヒーを飲む目安は約500㎎。カップだと1日5杯までに抑えるのが良いそうです。

 

やはり早朝のコーヒーは格別なのは変わりません。笑

何事もほどほどにして、快適なコーヒーライフをお過ごしください。

スポンサードリンク