雑学・節約術

ワインのコルクの抜き方!コルク抜きが無くても大丈夫!!

ワインのコルクの抜き方!コルク抜きが無くても大丈夫!!

ホームパーティーやクリスマスなどのイベントでワインを飲まれる方、結構いらっしゃると思います。

ワインで乾杯ってなんだかお洒落ですよね~。

赤・白・ロゼ。

甘口から辛口まで揃っていて、どれか好みが当てはまるはず…なのに

 

コルク抜きがない!!

 

という経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

友達がワインを持ってきてくれたのだけど、うちコルク抜きないんだよね…なんて。

正しくはワインオープナーと言いますが、なかなか常備されている家はないのかも。

あと、ワインオープナーでちゃんと開けられなくってコルクの欠片がワインに…とか。

 

そこで今回は、

コルク抜きを使わなくても開けられる方法や、一瓶飲めなかった時の保存方法などをご紹介します。

 

 

ワインオープナーなんてなくても大丈夫!

ワインオープナーなしでワインを開ける方法を伝授します!!

ただし、自己責任でお願いしますね!笑

 

 

1.靴を使う!?

意外とネットでは知られている開け方のようです。

靴のかかとの内側に、ワインの瓶底を当て、ワインを靴ごと壁に連打!

女性には大変かもしれません…。

 

壁に撃ちつけた衝撃で、水中に気泡が生じる『空洞現象(キャビテーション)』により、ワインの瓶の内側の圧力が高まってコルクが外側に押し出されるということです。

 

ただし、家の外でやりましょう!

 

開けた瞬間、地面と平行になっているワインの瓶から少なからず零れます…要注意です。

でも、パーティーなどでは盛り上がるネタになるかもしれませんね!



 

 

2.コルクを抜くのを諦めて、瓶底に落としてしまう

少々のコルクの欠片が入ってしまうかもしれませんが、これはワイン通の間では

揺らしたり振ったりしないからワインの風味が損なわれない。一番良い方法だ!!

と言われているそうです。

 

割りばしやフォーク・ナイフの持ち手の部分でひたすらコルクを叩きます。

コルクの欠片は、茶こしなどを使って上手に取り除きましょう。

 

 

3.釘と釘抜き。若しくはネジとフォーク

釘を2~3本コルクに打ちつけます。

その釘を釘抜きでそっと抜けば、コルクは綺麗に抜けます。

釘抜きでなくても、ペンチでもOKです。

 

女性の一人暮らしなどですと、工具もあまりありませんよね。

で、ネジなんかどうでしょうか?

ネジをコルクに刺し、釘抜きの要領でフォークで抜くんです。

結構、力が要るので女性では少し大変かも・・・?

 

コルクを抜くポイントは、釘でもネジでも共通して言える事ですが、できるだけ深く刺すことです!

中途半端に刺して、抜こうとするとコルクがボロボロになって悲惨な目にあいます・・・

 

 
スポンサーリンク

安いワインをちょ~っと美味しくする方法!

ワインのコルクの抜き方!コルク抜きが無くても大丈夫!!
今から、教えることを実践してみて下さい♪

安いワインがちょ~っと美味しくなる!はず!笑

 

 

1.落ち着かせる・寝かせる

元々ワインはずっと寝かせて熟成させる飲み物です。

落ち着かせれば落ち着かせるほどに本来のワインの風味に近づいていきます。

 

ですから、買ったその日にワインを飲むのではなく、1日静かに落ち着かせてみてください。
check!!
ボトルが揺れてしまうと、ワインが荒れてしまって別物のワインになってしまいますので要注意です。
 

 

2.温度を気にしてみましょう

赤ワインは常温で飲むのが常識とされていますが、
例えば夏などは正直赤ワインだって冷やしていいんです。


 

ですが、温度が低いとタンニンの渋みが強くなり、高いとフルーティな風味が消えてアルコールも蒸発してしまいます。

飲む際の温度には気をつけましょう!!

 

 

3.ワインを瓶ごと振ってみる

衝撃には弱いようなワインですが…一度コルクを開けて、再び閉めます。

そして力強く降る。

力強く降るだけでワインの香りが開き、本来の味が楽しめるとか…。

 

原理としては、デキャンタと同じような効果だそうです。

年代物の高価なワインは振らない方がベストですが、

千円程のワインでしたら、赤であれ白であれ試してみるのが良いそうです。

 

 

4.割り箸を瓶の中に入れる

割り箸を入れると結構美味しくなるそうです。

もともとワインは木で出来た樽の中で熟成します。

ですから美味しく熟成されたワインは、かすかに樽の木の香りがふんわり感じられるそうです。

 

ならば割り箸でもうちょっと香りづけをしてしまえ!という安易な方法ですが、なかなか良い方法だそうです。

できるだけ木の強い香りがする割り箸を1~本程2ワインの瓶に入れ、コルクを閉めて10分ほど置いてみてください♪

 

 
スポンサーリンク

ワインは多様性があって楽しめる

ワインのコルクの抜き方!コルク抜きが無くても大丈夫!!
日を置くと風味が変わったり、残ったら普段のお料理に一役買ってくれたり、友達や大事な人と美味しく楽しく素敵な時間を過ごせますね。

ですから、

ワインオープナーがないからと言って諦めてはダメです!

色んな方法で開けてみて、あーだこーだ言いながらやってみて下さい♪

絶対に思い出になること間違いなしです!

 

 

ご自分に合うワインを、探してみては如何でしょうか?

そしてご自分のやりたい方法でコルクを抜いてみてくださいね。

出来る限り安全に。ですよ!