生活・雑学

上司への新築祝い!品物は何がいい?注意する点は?

上司への新築祝い!品物は何がいい?注意する点は?

人生の一大ベントでもある、家を建てること。

そんな一大イベントを迎えた上司、きっとドキドキと不安をたくさん抱えているのでしょうね。

新築祝いを贈りたい!と思っても、いくつかの疑問が湧いてくると思います…

 

どんなものを贈ればいい?喜んでもらえるプレゼントって?

 

また、相手が上司でもあるので失礼のないように、渡す上でのマナーも知っておきたいですよね。

今日は上司が家を建てたときの新築祝いについてまとめていきたいと思います♪

 

 

上司への新築祝いの相場、おすすめの品物!

まずは新築祝いの相場ですが、あまりに高額なものを贈ってしまうと相手に気を使わせてしまいますので、

予算を上げすぎないことも大切なポイントとなります。

 

check!!

相手との間柄にもよりますが、基本的には同僚や上司であれば
5千円前後が相場となります。


 

 

ではどんなものを贈ると喜ばれるのでしょうか…?

 

贈った相手に好きなものを選んでもらえるという理由から、

喜ばれているのは「カタログギフト」のようです!

 

日用品から食べ物、体験のチケットまでいろいろなものを選んでもらうことができるので人気があります。

カタログギフト以外なら、食器やタオルなどの日用品がいいようですね。

 

時計やインテリアグッズもいいですが、大きなものはかえって迷惑になってしまうことがありますので注意が必要です。

 

そのほかに、アルコールやスイーツ類も新築祝いに喜ばれるものになります。

とくにアルコール好きな上司であれば、ビールの詰め合わせや日本酒、ワインなどでもいいですね。

スイーツ類を贈る場合は、引っ越し後で忙しくされていることが多いので、日持ちするもの・傷まないものを選ぶと相手を思いやった贈り物になると思います。

 

 

 
スポンサーリンク

知らずに贈ると大変!マナーあれこれ。

上司への新築祝い!品物は何がいい?注意する点は?
実際に新築祝いを選ぶ際に、気を付けないといけないマナーをまとめていきたいと思います。

 
≪現金はマナー違反≫
新築祝いと言えば現金で贈る人が多いのですが、上司への新築祝いを選ぶときに現金は絶対に避けないと、マナー違反になってしまいます。
できれば商品券や金券もやめた方がいいですね、品物を選びましょう。
 
≪踏みつけるものは避ける≫
品物を選ぶ際に気を付けた方がいいこと、もし日用品を贈る場合、「ふみつける」という言葉を連想させる品物は避けた方がいいですね。
スリッパやバスマット、キッチンマットなどがこれに当たります。
 
≪火を連想させるものは避ける≫
相手が上司の場合に限らずですが、火事を連想させるものに注意しましょう。
ワンポイント程度なら大丈夫ですが、全体が赤い色のものはよくないとされています。
赤い色の者以外でも、ライターや灰皿、キャンドル、トースターやストーブなどは火を連想させてしまいますね。
 
≪その他に避けた方がいいもの≫
その他、夫婦や家族の中が壊れることを連想させる割れやすいものや、壁に穴をあけないといけない絵画や壁掛け時計も避けた方がいいです。
 

 

 

新築祝いを贈るタイミング!

新築祝いを贈るのに、品物は決まっても、
いつ渡すのかというタイミングが難しいですよね。

引っ越しをしてすぐのタイミングだとあまりに早く、迷惑になってしまうこともあります。

引っ越しをしてすぐだと、荷物の整理や家具を買いそろえるための外出など、忙しくされていることが多いものですよね。

 
check!!
出来るだけ早い方がいいですが、早すぎるのもよくないので、引っ越しをして半月~1か月程度が最良なタイミングとなります。
 

もし、お披露目会に呼ばれているときは、その時に新築祝いを贈るのが理想です。

お披露目会はほかにも参加者がいることが多く、ほかの人との品物の差が出てしまうことがあるので、渡すタイミングは見計らって少しずらして渡すといいですね。

 

 

 
スポンサーリンク

相手の都合や好みを把握して気持ちのいいやり取りを!

上司への新築祝い!品物は何がいい?注意する点は?
贈る相手が上司ということで、マナー違反や失礼にならないように注意したいですね。

 

新築祝いに使う相場も、相手との関係によって変わってきますので、よく見定めて品物を決めていきましょう。

また、タイミングについても忙しいときに持っていくと、かえって裏目に出てしまうことにもなりますので注意が必要ですね。

 

せっかくお祝いの気持ちを表すのだから、喜んでもらえる品物を選んで、今後の関係も良好にしていけるように、この記事が役立てばいいなと思います。