スポンサードリンク

花粉症を悪化させる食べ物って?これを食べたらダメ!!
みなさん、花粉症の季節が近づいていますね…。

現代病のひとつでもある花粉症。
すでに花粉症を発症する体質の人は、毎年この時期になると憂鬱になってしまいますよね…。

 

発症する人は少しでも症状が和らいで楽になるように!まだなっていない人も花粉症にならない為に対策法を調べました!

 

花粉症と食べ物の意外な関係も明らかに⁉︎

 

もしよろしければ、ご参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

花粉症と食べ物。関係あるの?

花粉症の原因(アレルゲン)は花粉です。食べ物の原因で発症することはありません。

しかし花粉と自律神経が関係しています。

 

現代社会では、日常生活や仕事による疲れ、睡眠不足やストレスが溜まりやすい環境です。

そのため、生活リズムの崩れや食生活が乱れて栄養が偏りがちになり、自律神経が乱れて免疫機能がちゃんと機能しなくなります。

免疫機能が衰えると、抗体も弱りアレルギーに対応できない身体に…。

 

 

結果、花粉症の症状が出たり、既に発症している人は悪化してしまいます。

 

ですので、食生活を見直す事は、花粉症の発症を防いだり症状を軽減する事に繋がります。

 

 

 
スポンサーリンク

ダメ!花粉症を悪化させる食べ物はこちら!

花粉症を悪化させる食べ物って?これを食べたらダメ!!
基本、高カロリーになりがちな食事などは控えめに!

魚、野菜など様々な食べ物から栄養素や成分を摂取するよう、バランスを心がけてください!

花粉症を悪化させるといわれる食品として以下のものが挙げられます。

 

check!!
  • 脂肪の多い肉類
    脂肪の多い肉類はアレルゲンではないので、食べてすぐに花粉症が発症するわけではありません。
    しかし、長期間にわたって、高タンパク・高カロリーな食生活を続けていると、花粉症になりやすいと言われています。
  • ソーセージ・ハム
    スーパーなどで売られている加工食品は注意して下さい。特にソーセージやハムには亜硝酸塩が含まれていることがあります。
    亜硝酸塩は過敏性を高める刺激物質が含まれているので、花粉症の症状が悪化する可能性があります。
  • 乳製品全般
    脂肪分も身体の構成には大切ですが、摂取し過ぎると悪影響を及ぼします。
    牛乳やチーズ、嗜好品になるケーキやアイスクリームなどの甘い食べ物は食べ過ぎると、炎症を起こしやすくなるといいます。
  • 小麦粉
    小麦粉に含まれるグルテンは、ホルモンのバランスを崩したり、免疫構造を弱めてしまうことがあります。
    食パンやパスタ麺など、食べすぎに注意してください。
  • マーガリン
    マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸は、摂り過ぎると細胞膜や粘膜が弱まり、くしゃみや鼻水といった症状が悪化しやすくなります。
    トランス脂肪酸はドーナツなどにも含まれているので、お気をつけください。
 

その他にも、唐辛子などの香辛料をたっぷり使ったカレーや中華料理

お酒などのアルコール類も粘膜の毛細血管を刺激するので、鼻水が酷くなるなど症状が悪化します。

 

 

 
スポンサーリンク

1番気をつけていただきたいのが果物・野菜類です!

花粉症と果物アレルギー(果物過敏症)は併合して、発症する事例が多いそうです。

 

原因は、花粉症の根源である花粉アレルゲンと特定の果物/野菜が持つアレルゲンが共通しているため。結果、アレルギー反応が重度になってしまいます…。

症状として、
強烈な喉の奥の痒みや痛みなどの違和感。吐き気や下痢などの消化器症状。重度の場合は喘息発作を起こすケースも。

特に果物アレルギーを多く含む食品は以下のとおりです。

 

check!!
  • 果物
    メロン、リンゴ、イチゴ、オレンジ、キウイ、サクランボ、スイカ、ナシ、バナナ、モモ、梅、パパイヤ、パイナップル、レモン、グレープフルーツなど
  • 野菜
    トマト、キュウリ、クルミ、ジャガイモ、セロリ、ニンジン、ニンニク、ナスなど
 

アレルギー反応の原因になる食品は人のよって違います。

果物(野菜)を食べた時に口に違和感を覚えた時は、その種類を記憶するか、常に気にかけるようにしましょう。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

花粉症を悪化させる食べ物って?これを食べたらダメ!!
花粉症を悪化させるダメな食べ物についてご紹介しました。

近年はグローバル化がさらに進み、食品の流通も驚くほど円滑にかつ便利になっています。

 

結果、食生活の欧米化が進み、肉類の摂取量が増えて高タンパク・高カロリーの傾向になってきました。

医療では食生活の変化と、花粉症の増加の関連性が常に指摘されているそうです。

 

そしてもう一つ大事なのは自律神経を整えることです。

花粉症の原因でもある自律神経の乱れは、睡眠不足や不規則な食生活を引き金に、風邪をひいたり、喘息が出たり、疲れ目がひどくなるなど、自分の弱い部分に症状が出てしまうことが多いです。

健康でいる為には、生活を見直し身体をケアすることが大切ですね。

スポンサードリンク