スポンサードリンク

たけのこのおすすめ保存方法!賞味期限は?正しい茹で方は?
時期が来るといただくことも多い、たけのこ

煮物やてんぷらにするなど、おいしいですよね。

 

わたしの実家は田舎なので、いただくどころか家の裏にたけのこが生えます…(笑)

毎年大量のたけのこがやってきて、すぐには消費できない…。

 

保存方法や賞味期限について気になりなる方も多いのではないでしょうか?

 

今日はたけのこについてまとめていきたいと思います♪

 

 

スポンサーリンク

一般的な保存の方法!

たけのこの保存方法はいくつかありますが、

どの保存方法を取るにしても「早めに!」ということが、最初のキーワードになります。

 

たけのこは鮮度が落ちると苦みが出てしまいます。

そして、

たけのこはそのままの状態で保存することはできませんので、すぐに茹でることが必要です。

 

 

正しい保存方法
  1. すぐに茹でます。
  2. 茹で汁に浸けたまま冷まします。
  3. 皮をむいてタッパーなどの密閉容器に入れます。
  4. 水に浸けた状態で冷蔵庫で保存します。
 

 

詳しい茹で方については、後程ご紹介します。

 

茹でたタケノコからもアクが出ますので、水の交換は毎日行ってください。

賞味期限は1週間程度です。

 

 

check!!

浸ける水を濃い塩水にすると、保存を長くすることができます。

 

この場合は、賞味期限は1カ月程度となります。

 

使用する際は、そのままでは塩辛くて食べられないので、呼び塩と言って薄い塩水に浸けて塩を抜きます。

500ccの水に、小さじ1~1.5くらいの目安です。

 

濃い塩から薄い塩に移る、浸透圧の性質を利用しているので、

真水ではうまくいかないので注意してくださいね。

 

 

 
スポンサーリンク

たけのこの茹で方を知りたい!

では、買ってすぐ茹でるといっても、

どうやって茹でればいいのでしょうか?

 

check!!
  • まずは外側の皮を2~3枚剥がして、たわしなどで汚れを洗い流しましょう。
  • その後、頭の部分を5センチくらいななめに切り落とし、さらに縦に1/3~1/2ほどの切込みを入れ、手で軽く開きます。
  • たけのこが完全につかるくらい水を張り、米ぬか1カップほどと乾燥唐辛子を1~3本入れて強火にかけます。
    ※もし米ぬかがないときは、米のとぎ汁でも大丈夫ですよ♪
  • お湯が沸騰しだしたら弱火にして、50分ほど煮ていきます。
    ※水が減ってきたら足してくださいね。
  • たけのこに竹串を刺してすっと通るくらいまで茹でたら完了です。
  • 茹で汁に浸けたまま2~4時間ほどかけて冷ましましょう。
  • 冷めたら最初に入れた切込みから残りの皮を剥ぎ、しっかり水洗いをして二時間ほど水にさらします。
  • その後、保存をするなり、調理するなりしてもらえれば大丈夫です♪
 

 

 
スポンサーリンク

他にもいろいろ!たけのこの保存方法!

たけのこのおすすめ保存方法!賞味期限は?正しい茹で方は?

たけのこの瓶詰
  • アク抜きまでしたたけのこを、小さく切り瓶に詰めて水を入れて蓋を軽く締めます。
  • 瓶が方までつかる程度のお湯に入れて火にかけ、沸騰後30分ほど煮たら、瓶を取り出し蓋をしっかりと締めます。
    ※やけどに注意!
  • 次に瓶全体が浸かるようにお湯につけて再度30分程度煮て、瓶を取り出し逆さにして自然冷却します。
 

この方法では、開封しなければ賞味期限1年程度にすることができます。

開封後は1週間程度になるので注意してくださいね。

 

保管する際は、冷暗所で補完してください。

 

 

 
スポンサーリンク

保存方法を選んで長く楽しみましょう!



せっかくいただいたのに、食べきることができずに悪くしてしまった…など、もったいない結果になった方も、少なくないかもしれません。

 

今回改めてまとめてみると、実にたくさんの保存方法がありますよね!

長く保存したいときは塩漬けや瓶詰などがいいようです。

 

用途や使用する予定などを考えて、いろんな方法を使い分けて上手に消費していきたいですね!

おいしいたけのこを出来るだけおいしいままで保存して、長く楽しんでいきましょう♪

 

スポンサードリンク