健康・美容

花粉症にはアレグラ!眠気はある?飲み合わせして大丈夫?

花粉症にはアレグラ!眠気はある?飲み合わせして大丈夫?

みなさん、花粉のシーズンが近づいてきましたよ…

 

2月の末ごろになると厳しい寒さも弱まり、日中は暖かく過ごせる季節になりますね♪

しかし、それと同時に訪れてくるのが花粉のシーズン…。

 

スギ花粉から始まり、ヒノキ、ブナと種類はたくさん…。

みなさんも何かしらの花粉症で、お悩みではないでしょうか?

 

そんな花粉症に効果がある鼻炎薬として、近年発売された「アレグラ」

話によると従来の鼻炎薬よりも効果が抜群で、使いやすいと聞きます。

しかし薬は薬です。

 

何か副作用があるのでは?

 

基本、風邪薬などは飲み合わせは禁止ですが、鼻炎薬はどうなのかも気になるところ…。

今回は、そんな鼻炎薬「アレグラ」について調べてみました。

もしよろしければご参考にして下さい。

 

アレグラにジェネリックってある?価格はどのくらい?

 

 

そもそも鼻炎薬の成分と効果とは?

アレルギー反応を防ぐ効果アリ!鼻炎薬にも種類があります!

主に花粉症に効果のある鼻炎薬ですが、ドラッグストアなどで抗ヒスタミン薬として登録、販売されています。

 

check!!

ヒスタミンとは花粉症の原因でもあるアレルゲンの事。


 

抗ヒスタミン薬は、そのアレルギー反応を防ぐ効果のある薬を指します。

 

さらに抗ヒスタミン薬は『第1世代』『第2世代』と分けられるそうです。

 

第1世代抗ヒスタミン薬


病院などで処方される、第1世代はヒスタミンの働きを阻害する作用が強く、鼻炎などのアレルギー症状に効果抜群です。

 

しかし、脳内でヒスタミンの働きを抑えてしまうので、集中力や活動力の低下、眠気なども強くなるという副作用があります。

副作用である眠気の症状が強いので、服用後は自動車の運転、危険を伴う機械の操作、高所での作業などは控えた方がいいです。

効果も高いですが、副作用も強いので服用する場合は注意が必要です。

 

さらに緑内障、前立腺肥大症がある人は、第一世代抗ヒスタミン薬は危険のため服用できません。


 

 

第2世代抗ヒスタミン薬


第一世代を改善した第二世代抗ヒスタミン薬は、脳に影響しにくくなるよう施されており、集中力の低下や眠気の作用が飛躍的に軽減されました。

さらに、近年の医療技術の発展で新しく開発された鼻炎薬ほど、眠気や口の渇きなども軽減でき、長期的に服用できるようになっています。

 

アレグラは第2世代抗ヒスタミン薬に分類され、「フェキソフェナジン塩酸塩」を配合して作られた鼻炎薬です。

フェキソフェナジン塩酸塩とはアレルギー症状を緩和させる成分があり、
花粉、ハウスダストによるアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎など)の緩和も期待できます。

 

さらに、眠気なども軽減されるので、アレグラは正に最先端の鼻炎薬なのです。


 

 

 
スポンサーリンク

注意!アレグラの飲み合わせと副作用の危険性

花粉症にはアレグラ!眠気はある?飲み合わせして大丈夫?
飲み合わせはNG!最先端の鼻炎薬でも、副作用にご注意を!

アレグラは改善を重ねられた最先端の鼻炎薬なので、眠気はほとんど起こりません。

なので集中力や判断力の低下も起こしにくい鼻炎薬です。

 

しかし、薬には副作用があるもの。以下のような副作用を生じる場合があります。
  • のど・まぶた・唇の腫れ、かゆみ
  • 吐き気・嘔吐や腹痛
  • 頭痛、めまい、睡眠障害
  • 頻尿、排尿困難 など
 

この他にも薬を服用しだして、気になる症状がみられた場合は、服用を止めること!

医師または薬剤師に相談しましょう。

 

 

また、副作用が重度の場合は、
  • アナフィシラキーショック(服用後すぐにアレルギー反応が起きる)
  • 肝機能障害(皮膚や白目が黄色くなる、褐色尿等)
 

このような症状が起こる危険もあります。

 

 

アレグラはそういった副作用を未然に防ぐよう、以下の注意書が記してあります。
  • 15才未満の小児は服用しない
  • 服用前後に飲酒しない
  • 服用中は、他のアレルギー用薬・抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等の医薬品を使用しない
 

該当する方は服用を控えましょうね。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

花粉症にはアレグラ!眠気はある?飲み合わせして大丈夫?
花粉症の鼻炎薬、アレグラについてご説明しました。

今回のアレグラのような、
第1世代の医療用から第2世代の一般用に切り替えた薬であることから「スイッチOTC薬」と呼ばれています。

ですので、第1世代の医療用医薬品とほぼ同じ。効果は強いが、その分副作用にも十分な配慮が必要になってきます。

 

副作用の対策には、薬剤師によるしっかりとした説明と服薬サポートが大切です。

薬のことを良く知り服用しましょう。それでも何か異常のあった際は、直ぐに耳鼻咽喉科等の医師に相談することが大切です。

 

薬の成分をしっかり理解して、辛い花粉シーズンを乗り切りましょう!

アレグラにジェネリックってある?価格はどのくらい?