健康・美容

新入社員が5月病になりやすい原因って?【予防・対策】

新入社員が5月病になりやすい原因って?【予防・対策】

みなさん、5月病に悩まされていませんか?

 

現代の習慣病の一つと言われる「5月病」

メディアなどでもよく使われている病名ですが、症状など曖昧な認識な人も多いのではないでしょうか?

 

気をつけて下さい!
もしかしたら知らずに5月病を発症しているかも知れませんよ⁉︎


 

新入社員の方は特に気をつけて下さい!

梅雨が近づくと疲れがとれない、気分が上がらないという方も要注意です!

 

今回は特に新入社員が五月病になりやすい原因と予防、対策について調べてみました。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

5月病や憂うつをスッキリ解消!?おすすめの食べ物はコレ!

 

 

5月病とはどんな病気?原因は?

1番の原因はストレスです!

5月病は通称で使われており、病院では【鬱病】【適応障害】と診断されることが多いようです。

 

一般的使われている5月病という病名は、軽度の鬱病および適応障害に分類されます。

鬱病と聞けば、みなさまも耳にした事があると思われる、自律神経関係の病のことですね。

 

なぜ、5月病と言われているかというと、発症する時期に原因があります。

 

check!!

新入社員を始め、学生などにも当てはまるのですが、日本では一般的に4月から新年度ということで、新しい環境に入ることが多い国です。

今までとは環境が変わり、上手く馴染めなかったり、環境に馴染もうと頑張ったりとする中で、身体にストレスと疲労が蓄積されていきます。

結果、新年度から約1ヶ月間後辺りの5月初めに鬱病に似た5月病を発症する人が多いそうです。

 

主に身体に表れる症状は以下の様になります。
  • 不眠・疲労・めまい
  • 胃の痛み・食欲不振
  • 動悸・やる気が出ない
  • 息苦しさ・対人恐怖など
 

このような症状に心当たりがある場合は五月病の危険があります。

自覚症状がない方もいるようですが、現代社会は常にストレスが蓄積されています。

 

身体が「助けて!気付いてくれ!」という危険信号を発しているのです。

私たち人間は、なんとかその環境の変化に適応しようとするのですが、それがストレスに繋がります。

 

新入社員が発症しやすいのも環境がガラリと変わってしまうから。学生から社会人への変化はとても大きいです。

入社した上司に気を遣ったり、満員電車通勤や残業なども。場合によっては歓迎会のようなイベントもストレスに…。

 

ちなみに、5月病になりやすい性格もあります。

例えば、
  • 真面目または几帳面な性格
  • 完璧主義思考
  • 内向的、感情を表に出さない
 

特に発症が多いと言われているのが、几帳面で周りの物事がキッチリしていないと済まない完璧主義思考の人

 

その他にも、内向的な性格や周りに合わせるタイプは、自分の感情を表に出せなかったりと、ストレスが内側に溜まる傾向があります。

ご注意下さい。

 

 

 
スポンサーリンク

早めの対策を!5月病の予防方法!

新入社員が5月病になりやすい原因って?【予防・対策】
対策法は自分の好きな事をする!ストレスの発散と解消です!

こまめにストレスを発散するようにしましょう。よく言うガス抜きをするイメージです。

例えば、
  • 運動をする
  • 美味しいものを食べる
  • よく寝る
  • 心許せる友人と話す
  • 好きな映画を観る。本を読む。
  • 山や海など自然に触れる
  • 一日中だらだらする
 

などが挙げられます。しかし、

趣味がなかったり自分の好きな事が明確でなく、ストレスの発散の仕方が分からない!

という方もいると思われます。

 

そんな時は自分が1番落ち着けれる場所に1人で行き、自分の内側と会話してみると良いかもしれません。

人は無意識の内に自分自身を見失いがちです。

心の対話をすることも、おすすめですよ。

 

 

 
スポンサーリンク

自分なりのストレス解消法を見つけよう!

新入社員が5月病になりやすい原因って?【予防・対策】
新入社員が5月病になりやすい原因と対策についてご紹介しました。

ちなみに、最近では新入社員だけでなく、教育係など担当する上司の方なども共通して、「6月病」と呼ばれる状態になる人が増えているそうです。

理由として、近年の時代の変化が関わっているとのこと。

 

例えば、最近の企業は人材育成に力を入れる所が増えており、新人研修期間を長く行っていたり、仕事のIT・専門化が進み、教育係でもある社員も勉強したりと、4月からの環境の変化にストレスが蓄積されます。

結果、研修期間や勉強会など終え、ようやく慣れる6月頃に疲労と蓄積されたストレスが一気に身体に降りかかり発症する事例が増え問題になっているそうです。

 

さらに6月は梅雨による気候が不安定なことも、自律神経を乱す原因にもなるそうです。

無理は禁物!

自分なりのストレス解消法を見つけて、爆発する前にストレスを発散していきましょう。

 

5月病や憂うつをスッキリ解消!?おすすめの食べ物はコレ!