スポンサードリンク

浜松まつりin2017【日程や見所、交通規制と駐車場情報】
浜松と言えば、ウナギ!と思っている私ですが、

毎年開かれる浜松まつりは、凧揚げがメインになっているお祭りなんですね。
174もの町が参加する大好評のお祭りみたいで、圧巻の「凧揚げ合戦」や83か所もの町が参加する「御殿屋台の引回し」など、参加するのも見るのも、どちらも楽しめるお祭りです。

 

地域皆で祝い合うお祭りって、素敵ですよね!

今年もお祭りの時期がやってきたら、浜松は熱気あふれる町へと変化することでしょう。

 

そんな魅力的な「浜松まつり」の日程や見所、交通規制情報や駐車場情報をまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

浜松まつり2017の日程は?

浜松まつりは、毎年ゴールデンウィーク中に開かれるお祭りです。

 

check!!
  • 日程
    • 2017年5月3日から5月5日の三日間。
  • 時間
    • 18:30~21:00
      (こちらは、一応の予定です。)
  • 場所
    • 静岡県浜松市中区・鍛冶町・広小路通り周辺
 

日程や時間、開催場所は、一応こんな感じになっています。

 

浜松まつりには、観客席とかはないので、通りに人が溢れる感じで、自由に見ることが出来ます。

ただ、引回しが行われる時間帯などは、一部道路が交通規制を敷かれます。

 

浜松まつりは、東日本大地震が起きた時以外は、毎年開催されており、基本的に雨になっても開かれますが、その場合は屋台イベントが中心となり、御殿屋台の引きまわしなどは中止になりますので、そこには注意して下さい。

 

メインイベントの凧揚げは、台風でも起きない限り、基本的に雨の日でも行うそうです。

公式サイトでは、雨天中止とありますが、「気象条件によっては変更になる場合もあります。」とも書かれていて、強雨でない限りは、ほぼ中止にならないそうですので、楽しみにしてる方には嬉しい情報ですね。

 

 

 
スポンサーリンク

浜松まつりの見所とは?

浜松祭りの最大の見所は、何と言っても、凧揚げ合戦御殿屋台引き回しです!

凧揚げ合戦では、開会宣言と同時にあがる花火で始まり、5月の3日には、各町で初子の誕生を祝う「初凧」が上げられ、4日と5日には、「糸切り合戦」など迫力満載の凧が上がります!

「糸切り合戦」では、互いの凧の糸を絡ませながら、また、擦り合いながら、相手の糸を断ち切ろうとする合戦で、お祭りのボルテージも一気に上昇!

かなり迫力のある凧合戦になります。

 

 

 

では、「御殿屋台引き回し」はというと。

浜松市中心部をメインに行われる御殿屋台引き回しは、5月の3日~5日の間、18:30から始まる夜のいわば合戦です。

各町がそれぞれ趣向を凝らした彫刻を施した屋台がメインで、沿道の見物客の前で移動していくという、青森のねぶた祭りに近い感じです。

 

 

他にも・・・
  • 「郷土芸能・やら舞歌」
  • 「土産品協会物産展」
  • 「ミニ凧作り体験」
  • 「出世太鼓体験」
  • 「大凧ホットスポット&フォトコンテスト」
  • 「浜祭り会館」
など屋内や他のイベントもありますが、何と言っても、浜松まつりの見所と言えば、屋外の凧上げと屋台引き回しだと思います!

今年はどんな屋台や凧が出るのか、楽しみですね!

 

 

 
スポンサーリンク

浜松のまつりの交通規制はどこになるの?

浜松まつりin2017【日程や見所、交通規制と駐車場情報】
浜松まつりでは、5月3日~5日の昼に「凧揚げ合戦」が、夜には「御殿屋台引き回し」が開催されるので、会場周辺の道路には、交通規制があります。

例えば、凧揚げ合戦や御殿屋台引き回しは、屋外イベントのため、交通規制が敷かれます。

 

交通規制が敷かれる場所は…

 
  • 中田島会場周辺
    (国道1号線より南)
    10:00~15:00の間に交通規制。
  • 市中心部会場周辺
    (御殿屋台引き回しが行われる夕方から交通規制)
    18:30~21:00の間に交通規制。
 

特に、御殿屋台引き回しは、夜のイベントなので、夕方以降に交通規制が敷かれますが、駐車場からは車を出せなくなるので、交通規制の時刻を確認しておく必要があります。

 

 

 
スポンサーリンク

浜松まつりの駐車場情報は?

浜松まつりでは、交通規制が敷かれることもあり、車で行くよりは、断然公共交通機関を利用した方が良いのですが、場合によっては車でしか行けないこともありますよね?

そんな時には、臨時で無料で停まれる駐車場があります。

 

おすすめの無料駐車場は、「飯田公園 臨時駐車場」になります。

 

●料  金:無料
●利用時間:8:00~16:00の間
●収容台数:1300台
●場  所:静岡県浜松市南区大塚町1876-1



 

他の場所では、車ではなかなか停まれないと思いますので、もし車で来られる場合には、こちらの臨時の無料駐車場を利用するのが良いと思います。

会場までは、臨時駐車場に車を停めてから、有料のシャトルバスに乗り換える必要があります。

臨時駐車場は8時から利用できますが、バスの始発は9時からなので、もし8時に停まれても、一時間ほど待つ可能性もあります。

 

ただ、臨時駐車場自体は、当たり前かもしれませんが、例年ですと、すぐに満車となってしまうので、結局は8時に駐車場を利用しないと、車を停められず、でも8時に行くとバスまで一時間待ちとなってしまいます。

更には、駐車場がこんな感じなので、始発のシャトルバスも長蛇の列が出来ます。

となると、やはり車でのご来場は控えた方が懸命かと。

 

また、臨時駐車場は16:00に閉まってしまうため、御殿屋台引き回しの時間帯は停められなくなるので、凧揚げ合戦が目的なら良いですが、屋台引き回しも見たい!という場合には、交通公共機関を利用するのがお薦めです。

 

浜松まつり公式ウェブサイトでは、アクセス方法なども載っていますので、不安になったら、確認しておくのも良いかも知れません。

 

 

 

まとめ

浜松まつりin2017【日程や見所、交通規制と駐車場情報】
浜松まつりは、基本的には、参加者が踊るとかいうタイプではなく、見ることに重点が置かれているお祭りだとは思いますが、ディズニーランド並みに見る場所が豊富で、もしかしたら、一日では回り切れないのでは?と思われるくらいイベントが豊富で多彩です。

 

屋内イベントを楽しむもよし!屋外イベントを楽しむもよし!

 

2017年のお祭りの日が晴天になれば、より凧上げや御殿屋台引き回しも盛り上がることと思います。

祭りの熱気で、ゴールデンウィークまでのストレスを晴らしてみませんか?

 

スポンサードリンク