スポンサードリンク

博多どんたく港まつりin2017【日程やパレードの時間】
あなたは、博多どんたく港まつりって、ご存知でしたか?

今年も開催が決まりましたが、街全体が一丸となって行う祭りで、華やかな花自動車でパレードをしたり、各所に演武台があったりと、かなり盛り上がるお祭りらしいですね。

もちろん!夜祭りもありますので、一日中熱気に包まれているお祭りのひとつと言えそうです。

 

では、今年は、いつ頃開催されるのでしょうか?

 

気になる所ですよね?

日程やパレードの時間などを、簡単にまとめてみました!

 

 

 
スポンサーリンク

博多どんたく祭りって、そもそも何?

では、そもそも博多どんたく祭りって、どんなお祭りなんでしょう?

 

check!!

ちなみに、どんたくの名前の由来は…

オランダ語の「ゾンターク」という言葉が日本語になまったもので、日本語に直すと、休日を意味する言葉になるそうです。

 

 

博多どんたく祭りは、博多松囃子が始まりと言われているお祭りで、何と!800年以上も続く伝統的なお祭りなんだとか!

800年前というと、鎌倉時代の頃でしょうか?すごく長く続いている、熱気あふれるお祭りなんです。

 

毎年200万人以上が集まるということですから、こちらも驚きです!

福岡の代表的なお祭りとして、人気を集めています!

 

他にも、花電車などのパレードもあるそうで、踊らない人も楽しめるようになっているお祭りです。

どんたくには、色々することがあって、例えば「一束一本(いっそくいっぽんと読みます)」では、行列を迎える側のご祝儀のことで、半紙一束と白い扇を渡すんだそうです。

 

他にも、粋な肩裏(いきなすらせと呼びます)というのもあり、これは博多どんたくの祭りで使う衣装のことを指します。

博多どんたくの始まりは「博多松囃子」と呼ばれる芸事が起源で「宋湛日記」に残る最古の記録では、1595年の11月頃に行われたのが始まりと言われています。

古くからある伝統的なお祭りだからこそ、色々と拘りがあるんですね!

 

 

 
スポンサーリンク

博多どんたく祭りの日程は?

博多どんたく祭りは、ゴールデンウィーク中に開催されるお祭りですが、今年2017年は、56回目の開催となります。

ただ、博多どんたく祭りは、明治時代に一度だけ廃止になった過去があり、博多復興祭りという形で、現代にと復帰しました。

2017年が56回目なのは、昭和36年の準備祭から数えた回数なんですね。

 

では、今年の日程はと言うと…?

 

check!!

今年2017年のはかたどんたく祭りの開催日時は…

5月3日(水)~4日(木)の二日間になります。

 

日程としては組まれていませんが、2日の夜に前夜祭なるものが開催されるので、三日間の開催と言っても良いかもしれません。

ただ、前夜祭自体は、入場無料で楽しめるんですが、事前に配られる整理券が必要になりますので、気をつけて下さいね!

 

また、博多どんたく祭りでのどんたく隊の新規参加自体も、2017年2月17日に締め切りが終わっています。

衣装とかも自由らしいので、今年のどんたく祭りも、どんなお祭りになるのか楽しみにされてる方も多いでしょうね!

 

 

 
スポンサーリンク

どんたくパレードとは?

博多どんたく祭りでは、何と言っても「どんたくパレード」が有名です!

パレードは、明治通りという広い道路を一旦通行止めにして、「どんたく広場」というのを作り、そこでパレードが行われるんですが、これがまたすごいんです!

「花自動車」と呼ばれる自動車もあり、「松囃子」から行進が始まって、警察音楽隊に続いて「花自動車」なるお神輿みたいなのが出現します。

「花自動車」は、パレード用に飾り付けたバスのことで、毎年戦隊ヒーロー物やアンパンマンなどのアニメキャラが登場し、大人ならずとも、子供も楽しめるお祭りになってます。

 

花自動車の登場後は、古典どんたく隊とか、一般参加の方達が加わり、仮装行列やサンバ隊などもあるので、一日見ても飽きないというのも人気の秘密なんだとか。

 

check!!

どんたくパレードの日程は…
  • 初日の5月3日は13~19時まで。
  • 2日目の5月4日は、15~20時までとなってます。
 

パレード見物は無料で見られますが、見られる場所は道路脇になってしまうので、出来れば早いうちにシートとか敷いて見物すると良いかも知れません。

パレードは、かなり長く続きますが、良く雨になりやすいらしいので、傘とかの用意もしておいた方が良いかもしれませんね。

 

 

 

 
スポンサーリンク

博多どんたく祭りの見どころとは?

松囃子にのって練り歩くパレードが、「博多どんたく祭り」の最大の見どころではありますが、良く言われますよね?

「見る阿呆に、踊る阿呆。同じ阿呆なら、踊らなきゃ損損!」みたいな話が。

 

見るだけのどんたく祭りはつまらない!

そんな時には、2日目の「総踊り」に参加してみるのも良いかも!

 

毎年18時を過ぎると、フィナーレの時間ということで、踊りに飛び入りで参加することが出来るんです!

この「総踊り」は、博多市民はもちろん!観光客も、皆で踊ることが出来るので、踊るのが好きな方は、ぜひ参加してみては?

 

「でも、どんたくの振り付けがわからないよー!」

 

そんな時も大丈夫です!!

皆さんは、振り付けなんて無いように、自由に踊ってらっしゃいます。

それに、参加しているうちに、知らず知らず覚えられるくらい、簡単な踊りばかりです。

 

何でも、地元の人は、どんたく祭りのパレードはもちろん、この「総踊り」を楽しみにされてる方も多いんだとか。

演舞台会場は、以下の通りです。

 

お祭り本舞台(ふれあい広場)
:中央区天神1-8-1



 

博多駅本舞台(JR博多駅前広場)
:博多区博多駅中央街1-1



 

博多区演舞台(博多区保健福祉センター駐車場)
:博多区博多駅前2-19



 

他にも、福岡市内の各所で、演舞が行われます。

ちなみに、どんたく広場で行われるパレード自体は、

「呉服町交差点(福岡県福岡市博多区綱場町2)」からスタートし、

「福岡市役所(福岡県福岡市中央区天神1丁目8−8−1)」にかけての明治通りで行われるみたいです。



 

 

 

まとめ

博多どんたく港まつりin2017【日程やパレードの時間】
それでは、博多どんたく祭りの見どころや開催日時、開催場所などをまとめてみました。

ゴールデンウィーク中のお祭りなので、道路や電車、バスなど、交通機関は、ほぼ間違いなく渋滞となると思います。

 

でも、そんな状態で、混雑していても、見に行きたくなってしまう方が多い、博多どんたく祭りです。

逆に言えば、それだけ人が多く集まるからこそ、祭りが熱気を帯びて楽しくなるわけで…。

 

あなたは、見る阿呆になりますか?それとも、踊る阿呆?

どちらにしても、参加する阿呆になって、存分にGWの連休を楽しんでみませんか?

 

博多どんたく港まつりin2017【交通規制と駐車場】

スポンサードリンク