生活・雑学

会社の運動会!服装どうしよう?どの種目が盛り上がる?

会社の運動会!服装どうしよう?どの種目が盛り上がる?

みなさんの会社では、運動会は開催されますか?

近年、会社内で運動会を開催する企業が増えてきているそうです。もしかしたら、今自分たちが勤めている会社でも運動会が開催されるかもしれませんね。

そんな時に気になるのが、

 

会社の運動会、どんな服装が良いのだろうか?

 

日頃から運動習慣のある人なら、それに合わせた服を持っているので勝手も分かるかも知れませんが、普段、運動をする機会がない人は、いざ準備するとなると少し戸惑いますよね?

それに、今後の為にどんな種目が行われやすいのかも気になるところ…。

 

そこで今回は、会社の運動会の服装と、盛り上がる種目について調べてみました。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

 

これでOK!おすすめの服装はこちら!

基本的に動きやすい服装であればOK!会社によってはオシャレに着こなすのも。

会社の運動会も言うならば1つの仕事です。

完全なプライベートではないですが、あまり深く考えずに動きやすい服装で問題ありません。

 

check!!

男性なら基本的にジャージ。

女性もブカブカなサイズ感ではないスポーティーなジャージが無難です。

 

ちなみに、ジャージは通気性の良い夏物がおすすめです。

 

逆にNGなのはジーンズにTシャツのような、明らかに運動するに向いていない服装です。

動き辛いのは当然のことですが、あまりにカジュアルでラフな服装だと「やる気の無い人」「協調性のない人」と、上司や周りの社員からもマイナスなイメージを持たれてしまい、今後の仕事に影響してしまう事も…。

何事もTPOを意識した服装、行動をするようにしましょう。

 

最近は日本でも健康推進が進み、運動する格好は「ジャージ」というよりも「スポーツウェア」と認識され始め、オシャレなデザインの服が多く販売されています。

さらに、シーズン毎に新作が発売されていますので、あまりに古すぎると、良くない意味で注目の的なってしまうことも…。

 

歳を重ねると外見をあまり気にしなくなりますが、若者にとって服装は注目するポイントの1つです。仕事に関係がなくても、身だしなみを綺麗に格好良く着こなせれば、部下や同僚などからも好印象を持たれて、今後の仕事も良い方向に進む事も!

やり過ぎない程度に、服装を意識してみるのもおすすめです。

 

そして1番大事なのは、靴です。

基本は運動靴で大丈夫です。サイズが合うもの履きましょう。できれば、履きならしておくといいですよ♪

靴のサイズが合わなければケガの原因にもなります!気をつけましょう。

 

 

 
スポンサーリンク

運動会といえばコレ!盛り上がる種目TOP3!

会社の運動会!服装どうしよう?どの種目が盛り上がる?
では、実際に盛り上がる競技ベスト3を紹介します!

第1位 玉入れ

運動会の定番種目でもある玉入れ。自分たちのチームのカゴに、どれだけ玉を多く入れられるかを競う種目です。
全力疾走することがなく、あまり体力を使うことがない玉入れは、普段、運動習慣のない人にも負担が少ないので、会社での運動会では人気の種目です。

 

第2位 ムカデ競争

ムカデ競争も運動会の定番種目!複数人が脚や腕などの身体の一部を、紐で繋げた状態で前進するこの競技はチームでの息の合った歩行が大事です。なのでコミュニケーションも採れ、チームでの団結力も上がる人気の種目です。

 

第3位 借り物競争

書かれたお題に沿った物や人を探して、連れてきて一緒にゴールするというこの種目。お題の例は「今日朝ごはん食べられなかった人」「自分の直属の上司」など、いろいろと応用が効くので観戦していても楽しく、盛り上がる種目だそうです。

 

会社での運動会は「誰でも楽しめる」を前提とした、みんなで盛り上がれる種目が人気のようです。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

会社の運動会!服装どうしよう?どの種目が盛り上がる?
会社の運動会の服装と盛り上がる種目についてご紹介しました。

近年、どの業種も共通して社員同士のチームワークの低下や、コミュニケーション不足が問題になっているそうです。

雇用形態が幾つか増え、ワークバランスの重視によって社員同士が顔を合わせて話をする機会が減るなど、団結して仕事を進める意識をもつのが難しくなってきているとのこと。

 

そんな状況を解決する方法の1つとして注目されはじめているのが、社内運動会です。

 

この催しも一時は下火になっていましたが、一緒に競技に熱中する事が仕事でも活かされ、チームワークや仕事へのモチベーション向上に繋がるのではないか!ということで、メディアも注目し、徐々に開催する企業も増えてきました。

 

さらに、社員自身も健康管理を見直せる良い機会だとして受け入れられ、会社での運動会需要はますます勢いが強まると予想されています。

何事も、道具を揃えると気分は高まり、やる気が出ますよね?運動を習慣化するためにも、ジャージを新調してみませんか?