スポンサードリンク

鯉のぼりを揚げる由来は?あのヒラヒラが吹き流し?意味は?毎年5月5日付近になると、鯉のぼりを飾るご家庭も多いですよね?

我が家でも、子供の頃は、自作の鯉のぼりを作ったりして、遊んだものです。

何だか、懐かしい思い出です。

 

自分が子供の頃にしてもらっていた鯉のぼりなど、大人になってから、

 

あれってどんな意味があったんだろう?と感じたりしませんか?

 

そう言えば、甥っ子の初節句でも、鯉のぼりを飾っていましたが、そもそもが何故鯉のぼりなのか、不思議に感じますね。

では、端午の節句に、鯉のぼりを飾るのはどうしてなんでしょう?

ちょっと、簡単にまとめてみました。

 

鯉のぼりを出す時期としまう時期は?何歳まで飾るの?

 

スポンサーリンク

鯉のぼりを上げる由来は?

子供の日は「端午の節句」とも呼ばれる、メインは男の子のイベントです。

端午の節句自体は、中国から伝わったもので、いわゆる厄払いの行事なんです。

何故中国からというと、中国では5月になると、病気が流行り亡くなる方が多かったため、同じ数字が付く5月5日などは、不吉な日とされ、そこで厄払いが必要になったわけです。

 

では、鯉のぼりを上げる由来となったものはというと…

 

check!!

端午の節句=5月5日は、江戸時代の徳川幕府にとって重要な日で、将軍のお祝いをする日だったんです。

その時に、のぼりを立ててお祝いをしていた時代の名残で、のぼりを、いわば今の鯉のぼりの前身を飾るようになったと言われています。

 

ただ、江戸時代の武家の間では、鯉のぼりではなかったみたいで、武将から庶民にと伝わっていく過程で、

中国での立身出世を意味する「鯉の滝登り」から派生して、のぼりに鯉の絵柄を描いたのがそもそもの始まりと言われています。

 

「健康で元気に育って欲しい」とか「出世魚にあやかって将来を願う」などの意味合いも込められた鯉のぼりは、現代にも引き継がれているわけです。

 

 

 
スポンサーリンク

鯉のぼりの吹き流しには、どんな意味があるの?

鯉のぼりと言えば、お父さん鯉、お母さん鯉、子供鯉など、色を変えて、また大きさも変えて、風に吹かれている姿は、見ていても楽しいものですよね?

 

では、一番下にある吹き流しには、どんな意味があるんでしょう?

 

実は、鯉のぼりの飾りの中で、一番最初からあるのが吹き流しと言われています。

え?鯉が先じゃないの?と思われるかも知れませんが、最初は吹き流しだけだったと言われているんですね。

 

check!!

武家から庶民へと伝わったのぼりの行事ですが、吹き流しには、元々「目印」の意味があり、庶民のある意味一種の見栄から

「うちには、立派なせがれがいるんだ!」という目印みたいなものだったようです。

 

武家と同じのぼりのみではなく、吹き流しになった経緯は定かではないですが、もしかしたら、武家と庶民とは身分が違うため、同じ風習と言うか「のぼり」には出来なかったのかも知れません。

庶民が同じのぼりを立てていたら、当時のことですから「わしと同じのぼりにするとは、けしからん!」としょっぴかれていた可能性も、なきにしもあらずです。

 

このように、最初は吹き流しだけだった庶民の「のぼり」ですが、そのうちに時代が変化するにつれて、

「鯉は急流を上りきると竜になる」という中国の立身出世の願いが込められた鯉にと変貌を遂げていきます。

 

江戸の庶民が始めた風習が、現代にも受け継がれているなんて、ちょっとロマンティックですよね?

 

 

 
スポンサーリンク

吹き流しの色の意味は?

鯉のぼりを揚げる由来は?あのヒラヒラが吹き流し?意味は?
江戸時代に庶民が始めた吹き流しですが、最初は赤一色だったみたいです。

でも、最近はカラフルなものを見かけますよね?

 

では、吹き流しの色には、意味があるのでしょうか?

 

彩り鮮やかな吹き流しですが、これには決まった色があります。

それが、青(緑の場合も)、赤、黄、白、紫(黒の場合も)の5色になります。

 

この5色にもちゃんと意味があって、色の由来は、中国の「陰陽五行説」から来ているんですね。

 

check!!

陰陽五行説とは、簡単に言うと、「この世の全ての物は、陰と陽の2つの気と、木火土金水の5つの要素から成り立っている」とする説です。

そんな五行を意味する色が、
  • 木=青(緑)
  • 火=赤
  • 土=黄
  • 金=白
  • 水=黒(紫)
で、魔除けの意味合いが込められています。

 

一見すると、鯉のぼりのわき役に見られがちな吹き流しですが、実は鯉自体よりも、もっと重要な魔除けの意味を持っていたとのことで、やっぱり吹き流しには意味があったんですね。

吹き流しの上には、お父さん鯉やお母さん鯉など、家族の数だけ鯉がありますが、もしかしたら、吹き流しが一番下に飾られるのは、家族全体の魔除けの意味が込められているのかも知れませんね。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

鯉のぼりを揚げる由来は?あのヒラヒラが吹き流し?意味は?
鯉のぼりの発祥は江戸時代に上りますが、鯉のぼりを上げる理由は子供が生まれた目印にということもありますが、他にも重要な意味があります。

それは…
幟(のぼり)を立てることで、神様に早く気付いて欲しいという願いが。

 

少しでも早く子供に気付いて、守って欲しいという親の願いが、空に鯉のぼりを飾ることで、まず神様に報告をするという意味もあったんですね。

ちなみに、上の丸い球体にも意味があって、「回転球」とか「天球」とも呼ばれ、神様が降りてくる時の目印に使われているそうです。

 

更には、下についている車輪のようなものにも、ちゃんと意味があります。

こちらは、「矢車」と呼ばれていて、どこから魔が忍び寄っても、その矢車を目印に、弓で射抜くみたいな意味が込められています。

 

鯉のぼりの歴史など、紐解いてみると、江戸時代であっても、現代であっても、子供の成長などを見守る親の姿は同じだなぁと思います。

子供の成長を願う鯉のぼりの風習。

意味がわかると、より感慨深くなる風習ですね!

 

鯉のぼりを出す時期としまう時期は?何歳まで飾るの?

スポンサードリンク