スポンサードリンク

ジューンブライドは離婚率が高い!?本当の意味とは??
みなさん、ジューンブライドの本当の意味って知っていますか?

6月になると結婚情報誌やTVなどメディアにも取り上げられる「ジューンブライド」

6月=結婚が多い。
くらいの認識で、本当の意味を説明してみてと言われたら少し困惑…。

少し気になりますよね?

 

ジューンブライドの本当の意味って何なんだろう?

 

調べてみると意外な理由が幾つかありました!

そして世間でよく言われている、ジューンブライドの結婚は離婚率が高い理由も明らかに…。

 

今回は、ジューンブライドの本当の意味と離婚率が高い理由について調べてみました。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

ジューンブライドの本当の意味って?

発祥はヨーロッパから!いくつかの諸説アリ!

世間で良く口にされているジューンブライド。現代では6月を代表する語源となりましたが、理由には、幾つか由来と諸説があるそうです。

 

その1:女神(JUNO)説

ローマ神話に登場する女神ヘラ(ローマ名ユノ、英語名Juno)が由来。

6月の英名「June」の語源にもなっている女神ヘラは、ギリシア神話の主神ゼウスの正妻の立場として登場します。

ヘラは結婚・出産を象徴する女神です。女性と家庭を守る女神として、古来より崇められています。

その昔、ヘラを守護する6月1日に彼女を祀る祭礼が行われていたことから、6月に結婚式を挙げると御加護があり、幸せになれるという言い伝えの名残だと言われています。


 

その2:ヨーロッパの気候説

ヨーロッパの季節が関係している諸説ですが、地理上ヨーロッパ地方の6月は1年間で最も雨が少ない月だそうで、快晴の日が続きます。

日本の梅雨時季とは異なり、欧州では6月は最も安定した季節なのです。現在もヨーロッパでは6月は季節の始まりとして、別名「若者の季節」とも言われています。

そんな多忙の6月に無事に農作業を終えたなら、ヨーロッパ全体が祝福ムードとなり2人は多くの人たちから祝福され、6月の花嫁は幸せになれる。といった言い伝えもあります。


 

その3:結婚解禁説

気候説にも繋がりますが、ヨーロッパは農業の多忙期にあたる3月〜5月の間は農業の妨げになるので、結婚が禁じられていたそうです。

なので、農作業がひと段落して、結婚が解禁となる6月に式を挙げる人が多かったとのことです。


 

その4:ブライダル業界の策略説

これは日本で囁かれている諸説です。

日本の6月は梅雨の時期なので天気が不安定、チャペルで式を挙げるのも微妙なため結婚式を挙げるカップルが少ない傾向があります。それを打開するために、業界人がヨーロッパのジューンブライドに注目。

日本にもジューンブライドを根付かせ、式を挙げるよう促す業界の戦略説とも言われています。


 

 

 
スポンサーリンク

ジューンブライドは離婚率が高い?

ジューンブライドは離婚率が高い!?本当の意味とは??
離婚の理由は憧れとのギャップです。

世間では、ジューンブライドの6月に結婚した夫婦は、離婚しやすいと言われています。

 

その理由は、6月の結婚は雰囲気に流された勢いでのパターンが多いから。

 

ジューンブライドと云うイベント概念から結婚。

しかし現実は想像していたのと違う「憧れとのギャップ」が原因だと心理学では言われています。

なので、6月に結婚した夫婦の離婚の切り出しは女性側からが多いとのこと。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

ジューンブライドは離婚率が高い!?本当の意味とは??
ジューンブライドの本当の意味と、離婚率が高い理由についてご紹介しました。

統計データでは、月別に離婚する夫婦の割合は一定。比較的離婚が多い月は11月と発表されています。

日本では3組に1組は離婚しており、結婚に終止符を討つ結果に…。

 

しかし、ジューンブライドの発祥であるヨーロッパ地方はもっと凄い統計データが発表されています。

例えば、ヨーロッパ地方の離婚する夫婦の割合は
  • ベルギー :70〜75%
  • ポルトガル:68%
  • ハンガリー:67%
 

ちなみに、世界で1番離婚率の高い国はロシアで80%だそうで、次点でアメリカ、ドイツと続いています。

世界でみると日本の離婚率30%は少なく感じられますね。

※外国の離婚率に関しては国連が発表したデータに基づいています。
参考 国連「Demographic Yearbook」

 

結婚は人生の大事な選択の1つでもあります。

勢いも大事ですが一度踏みとどまって、良く考えてみるのも大事ですね。

スポンサードリンク