春の出来事

潮干狩りの時期はいつから?大量GETのコツは?

潮干狩りの時期はいつから?大量GETのコツは?

潮干狩りって、楽しいですよね!

何しろ、好きなだけとり放題というのが、食事のバイキングみたいで、私は大好きです!

かなり昔に一度、ある海岸でやったことがあるんですが、アサリとホッキ貝が手に入って、人生初のアサリ飯を作ってみたりと、思い出に残るイベントでした。

春になると、潮干狩りの時期にもなるので、待ち遠しい方も多いんじゃないでしょうか?

 

潮干狩りって、時期を知っていると、より便利に大量GET出来ることもあるんです!

ですので、潮干狩りの時期と大量GETのコツを簡単にまとめてみました。

 

潮干狩りの持ち物リスト!服装は何着れば?【大人と子供別】

 

 

潮干狩りって何?

そもそも潮干狩りって、何をすることなのでしょう?

簡単にご紹介すると、遠浅の浜辺で、潮が退いた時に、貝を掘ったり拾ったりして楽しむことを
潮干狩り」と言います。

 

潮干狩りにはお子さんのために行くと言う親御さんも多いと思いますが、やってみると子供よりも大人がはまってしまったという事も良く聞きます。

例え、収穫が少なかったとしても、親子で楽しめるというのが魅力の一つです。

 

そして、子供さんは潮干狩りをしながら、海で遊ぶことも出来るので、一石二鳥です!

陸では余り見かけない海の生物と触れ合うことが出来るのも、潮干狩りの魅力の一つですね。

 

何より、自分でとった貝類を食べるのが、最大の楽しみですよね!

アサリがとれたら、「炊き込みご飯」にしても美味しいですし、洋風にちょっとオシャレな「ボンゴレビアンカ」にしてみたりと、レシピも沢山増えることでしょう。

 

苦労してとったからこその美味しさ。

それもまた、潮干狩りの魅力の一つであると思います。

 

 

 
スポンサーリンク

潮干狩りの時期:関東編

潮干狩りには、関東と関西では、当然おすすめ時期が変わってきます。

2017年の関東を見て行きますと。
  • 4月29日(土)から4月30日(日)
    ゴールデンウィーク前がまずオススメの時期となります。
  • 5月27日(土)から5月28日(日)
    ゴールデンウィークの後ですが、一番潮が引くらしいです。
  • 6月24日(土)から6月25日(日)
    6月後半もおすすめ!
  • 7月22日(土)から7月23日(日)
    今年最後の時期も割と採れるみたい。
 

おすすめスポットは
  • 神奈川県なら
    「東扇島東公園」
    「海の公園」
  • 千葉県なら
    「ふなばし三番瀬海浜公園」
    「富津海岸」
    「牛込海外」
  • 茨城県なら
    「大竹海岸」
    「波崎海水浴場」
  • 東京都なら
    「お台場海浜公園」
 

がおすすめとなります。

 

潮干狩りでアサリをとりたい方は、乱獲されるゴールデンウィーク前がおすすめ!

4月だと寒いかも?と思われるかもしれませんが、天気の良い日なら、わりと温かいので、防寒対策はする必要がありますが、
GWの乱獲後は当然収穫量が減ることを考えると、やはりGW前がおすすめです!

 

4月の29日は、最低潮位が2cmになるので、この時期が一番良いかも知れないですね。

ゴールデンウィーク前で、しかも割と温かい時期になるので。

 

5月は後半に、潮干狩りに行くのが良いかと思います。

潮位が下がる時期でもありますしね。

ゴールデンウィークの乱獲後ではあるものの、潮位が-5cmになることも!

 

6月や7月も潮位を考えると、後半がおすすめですね。

8月以降になってしまうと、潮が引かないので、潮干狩りを関東でやろうと思ったら、7月ぐらいまでと考えて良いかも知れませんね。

 

 

 

潮干狩りの時期:関西編

では、大阪などの関西でオススメの潮干狩り時期と、おすすめスポットをご紹介すると。

 

赤穂唐船サンビーチ
(住所:兵庫県赤穂市御崎1984-2)

潮干狩りシーズンは、4月中旬から6月中旬で、やはりゴールデンウィークの乱獲前がオススメになります。






二色の浜公園
(住所:大阪府貝塚市澤859-1)

潮干狩りシーズンは、4月から6月の始めがオススメなんだとか。

GW前なら、沢山とれるかも知れないですね!






淡輪潮干狩場
(住所:大阪府泉南郡岬町淡輪)

潮干狩りシーズンは、4月上旬から6月上旬です。

ただ、沢山とれるのは4月かも知れませんが、まだまだ寒い上に、びしょ濡れになること必死ですので、防寒対策はしっかりとする方が良いと思います。






白浜潮干狩・海水浴場
(住所:兵庫県姫路市白浜町丙612)

潮干狩りシーズンは、4月1日~6月30日までです。

期間が決まっているので、間違えないで下さいね。



 

他にも探せば、まだまだありそうですが、有名な所を集めてみました。

関西でも、とれる貝は余り変わりありませんが、ぜひ、アサリなど沢山とって楽しんで下さいね!

 

 

 

潮干狩りで大量GETするポイントやコツは?

潮干狩りの時期はいつから?大量GETのコツは?
潮干狩りで大量GETするには、「あさりの目」であるとか「かけあがりの傾を狙うなど、良く言われることではあるんですが…

 

実はそれだけじゃないんです!!

 

例えば、あさりをGETとしようと思ったら、あさりのいない場所をいくら掘っても出てくることはありませんし、誰かが掘った場所には、絶対にあさりはいません。

もし、有料の潮干狩り会場に行く場合は、すごく単純です!

 

ずばり!あさりを撒いた場所を聞くことです!

 

当然かも知れませんが、有料の潮干狩り場では、あさりを撒いた所にしかあさりはいません。

何故あさりを撒くかと言えば、天然のあさりが少ないからこそ、あさりを撒くわけです。

ですので、会場のスタッフに「どの辺を掘れば良いのかを聞く。」

これが大事です!

 

受付のアルバイトっぽい人に聞くよりも、漁師っぽいおじさんに聞くと良いかも知れませんね。

そして、ここも重要なんですが、

有料の潮干狩り会場では、沖にあさりを撒くことはほぼありません。

なので、有料の潮干狩り場では、沖に出る必要はないです。

 

では、無料の天然あさりを大量GETする方法ですが。

これは、とにかく人が集まっていない場所を選ぶことです。

 

ゴールデンウィーク中は、特に乱獲がされるので、地元の人は3月頃には浅瀬でとりつくしてしまいます。

地元の人は、3月頃の寒い時期に、手前の浅瀬で貝をとります。

 

なので、一般の人が潮干狩りに行くなら、浅瀬ではとりつくされているので、沖の方に行くのがポイントになります。

沖の水位の目安は「腿(もも)の高さくらい」ですので、それ以上遠くに出ると危険なので、その周辺をとるとウハウハ間違いなしと言えそうです。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

潮干狩りの時期はいつから?大量GETのコツは?
潮干狩りは、大人もはまる楽しいイベントの一つですが、場所とりの時には、

他人の迷惑にならないように気をつけて下さい。

ちょっとでもトラブルがあったりすると、楽しい気分が台無しになります。

 

そして、トラブルの少ないだろうと思われる沖の方の、人が少ない所の方がアサリなどの貝をとれるチャンスは高まります。

ゴールデンウィーク中は、皆が集まるので、出来ればその前に行くと、少々寒い思いはするかも知れませんが、ウハウハな気分で帰れるかも知れません。

くれぐれもマナーを守って、潮干狩りをして下さいね。

 

潮干狩りの持ち物リスト!服装は何着れば?【大人と子供別】