保存方法

わらび餅のぷるぷるを保つ保存方法!硬くなっても戻す方法?

わらび餅のぷるぷるを保つ保存方法!硬くなっても戻す方法?

わらび餅と言えば、独特のプルプル感があって、和菓子でも人気のあるお菓子ですよね?

手作りしようと思った時にも、今はスーパーでもわらび粉が手に入りやすくなり、自分好みに手作りする方も、もしかしたら、多いかも知れません。

 

そう言えば、数年前に「水信玄餅」なるスイーツが流行りましたね。

あれもプルプル感を謳ってましたが、何しろ賞味期限が30分ということで、お店でしか食べられないと評判になったこともありました。

 

でも、わらび餅もそれに負けないくらいのプルプル感があって、美味しいですよね!

ということで、

今回はわらび餅のぷるぷる感を保つ方法と、固くなったわらび餅を元に戻す方法などをまとめてみました。

 

 

わらび餅のぷるぷるを保つための保存方法は?

わらび餅は、作った直後はぷるぷるしているのに、時間が経つと固くなってしまうというのが悩みどころですよね?

 

固くなる原因の一つとしては、

 

check!!

わらび餅にはデンプンが沢山含まれているので、低温で保存すると、固い状態に戻ってしまうのが原因と言われています。

 

そして、
常温で保存するのは、痛みやすくなるため、オススメしません。

 

かと言って、冷蔵庫で保存したとしても、三日くらいしか保たないことがほとんどですので、

わらび餅は長期保存には向いていないといえそうです。

 

もし保存するとしたら、

一日くらいなら乾かないようにラップをして冷蔵庫で保存できますが、それ以外だと冷凍庫に入れるという方法もあります。

やはりその場合でも、長期保存はできません。

 

その他の方法は…

 

check!!
  • 冷蔵庫で短期間保存しておき、食べる直前に茹でて、柔らかい状態まで戻す。
  • 出来上がったわらび餅を20度前後の水につけ置きしておく。
    ※水は2~3度取り変えますが、こちらの方法でも、半日が賞味期限と言えます。
きなこをまぶしているわらび餅の場合は、湿気が出ないように、容器に入れたままで解凍するのが良いかと思います。

 

まとめてみますと…

 

わらび餅は当日に食べきるのが一番です!!

 

保存しておくと、味が落ちてしまうのはもちろん!

あの独特のぷるぷる感が失われてしまいます!

 

保存しておきたい気持ちはとても良くわかりますが、美味しいうちに食べようと思ったら、保存は出来るだけしないで、食べきってしまうのが一番だと思います。

 

 

 
スポンサーリンク

固くなったわらび餅を、元に戻す方法はあるの?

わらび餅のぷるぷるを保つ保存方法!硬くなっても戻す方法?
基本的に、わらび餅は日持ちしない和菓子ですので、どうしても保存すると固くなってしまいます。

もし固くなってしまったら、

一度煮て柔らかくなるまで戻すという方法があります。

 

ただこれだと、面倒に感じることも多いですよね?

 

なので、もし電子レンジをお持ちでしたら、

一旦レンジで温めてから、その後冷水に取り、冷やし直すことで、ぷるぷる感が元に戻る可能性もあります。

 

お店屋さんのわらび餅が、割合長期間プルプルなのは、わらび粉以外の食材(タピオカ粉や白玉粉など)を入れているので、手作りするよりも長持ちすると言われています。

 

前述しましたが、

わらび粉の主成分はでんぷん粉ですので、デンプンがアルファ化(糊化)した物が老化してしまうことで、固くなり、プルプル感が損なわれてしまうんですね。

 

もそもそとした食感になると、ちょっとショックですよね!

食べた時には、あんなに美味しかったのに!と思われるかも知れません。

 

原理というか基本はそういうことなので、固くなってしまう前に食べるのが一番と言えます。

もし上手く戻ったと思っていたとしても、やはり食べた時の食感は戻らないことが多いですので。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

わらび餅のぷるぷるを保つ保存方法!硬くなっても戻す方法?
夏になると食べたくなる和菓子と言えば、やはりわらび餅やかき氷、くず餅など、ひんやりスイーツが人気になりますよね?

かき氷は、夏にならないと食べる気になれないかも知れませんが、わらび餅やくず餅などなら、お花見の季節にもぴったりなので、ちょっとお花見に行く前に買っておこうかな?なんて思うこともあるかもしれません。

 

でも、わらび餅が固くなってしまうと、もそもそした食感で、食べるのも億劫になりがちです。

野菜や果物に賞味期限があるように、和菓子にも賞味期限はありますが、

賞味期限はすごく短いです。

 

食べきれないなら仕方ないですが、出来れば、美味しいうちに、当日のうちに食べてしまうのが、一番美味しいわらび餅の食べ方だと思います。

長期保存が出来ないからこそ、特別なお菓子と言う感じもするわらび餅です。

どうせなら、美味しいうちに食べきってしまって下さいね!