スポンサードリンク

日焼けによって赤いヒリヒリ肌になった時の処置法!
こんがり焼けた小麦色の肌は、健康的で身体も引き締まって見え、とても魅力的ですよね。

しかし、

 

過度な日焼けは身体に思わぬトラブルを引き起こす可能性があるのです!

 

日焼けとその対処法を知って、トラブルを回避し健康的な生活を送りましょう。

 

 

スポンサーリンク

日焼けの種類と1番のくすり

日焼けは日光による肌の火傷です。

この火傷には、
  • サンタン(肌が褐色になる、ほとんど痛みのない日焼け)
  • サンバーン(肌が赤くひりひりと痛む日焼け)
と呼ばれる2種類の日焼けがあります。

 

メラニンは、紫外線を吸収することで細胞の受けるダメージを防ぐために体が生成する物質ですが、

肌の黒い人はこのメラニンが多いために紫外線による肌のダメージを受けにくく、サンタンになりやすいとされています。

 

一方、肌の白い人はもともとメラニンが少ないために肌が白く、そのためにサンバーンになりやすいとされています。

サンタンは体内のメラニン合成によって褐色に肌が変化する日焼けなので赤みや痛みはほとんど伴いませんが、

サンバーンは直接肌が損傷を受けたために、肌が赤くなって熱を持ちヒリヒリした痛みを伴います。

 

check!!

サンバーンになってしまった場合には、とにかく冷やすことを心がけましょう!

冷たいシャワーを浴びて日焼けした部分を徹底的に冷やしてください。冷水でしぼったタオルを体に巻きつけても構いません。

なによりも冷やすことが1番の薬になります。

 

 

 
スポンサーリンク

日焼けのあとにできること

日焼けによって赤いヒリヒリ肌になった時の処置法!
日焼けした後の肌は、
カサカサの乾燥肌状態になっていますので水分を十分に補給しましょう!

 

肌は低刺激性の化粧水で保湿し、スポーツドリンクなど吸収性の高いドリンクで体内からも水分の補給を行いましょう。

ただし!

肌が大変敏感になっているため、沁みるなどの違和感がある場合には、化粧水による保湿にはこだわらず無理せず冷やすだけで対処しましょう。

 

ちなみに、薄く切ったキュウリをパックとして使うと効果的だという話を聞きますが、

最近のキュウリはミネラル分が抑えられるように栽培されており、かつビタミンCもそれほど多くは含まれておりませんので、ンケア用品以上の効果を求めることはできません。

日焼けによる肌のヒリヒリは、肌が炎症を起こしているために生じます。

 
  • 体を洗う際は肌に優しいボディタオルか手でなでるように優しく洗うようにしましょう。
  • 日焼けした体は大変なストレス状態にありますので栄養たっぷりの食事をして、睡眠を十分にとるようにしましょう。
 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

日焼けによって赤いヒリヒリ肌になった時の処置法!
夏でも冬でも、曇の日でも雨の日でも紫外線は絶え間なく降り注いでいます。

日焼けは一時的な肌トラブルだけではなく、シミが残ったり皮膚癌のリスクが高まったりします。

特に強い紫外線を回避できないときには日焼け止めを使用するなど、肌に気を使った生活を心がけるようにしましょう。

スポンサードリンク