生活・雑学

エナジードリンクの効果と持続時間は?栄養ドリンクとの違いって?

エナジードリンクの効果と持続時間は?栄養ドリンクとの違いって?

エナジードリンクや栄養ドリンクのCMを良く見かけますよね。

我が家でも、弟二人がエナジードリンク系が好きで、良く買って飲んでるみたいです。

 

ただ、私は甘い飲み物が苦手なことと、ストレスが少ないのか、栄養ドリンクのお世話になったことがないんですよね。

 

エナジードリンクとか栄養ドリンクって、本当に効くの?

 

みたいに思われる方もいらっしゃると思います。

ですので、今回はエナジードリンクの効果や持続時間、栄養ドリンクとの違いについて、簡単にまとめてみました。

 

 

エナジードリンクの効果は?

エナジードリンクって色々な種類がありますが、

実は元々は海外からやってきたドリンクなんですね。

 

エナジードリンクは、炭酸が強く、それに負けない甘さと香りがありますが、それらが体をリフレッシュしてくれる感じが、人気の秘密じゃないかなと思います。

では、成分や効果がどうなのか気になりますよね。

 

エナジードリンクには、主な主成分をご紹介しますと。
  • カフェイン
  • アルギニン
  • 砂糖やブドウ糖
が含まれています。

 

中には、ノンカフェインやノンシュガーのタイプもありますが、大体の成分はこの三つで構成されてます。

 

check!!

カフェイン:眠気覚ましに使われる、いわゆる覚醒するための成分ですね。

アルギニン:血流を良くして、体の調子を保つ成分です。

砂糖など:疲れを取るとされている成分です。

 

良く疲れた時には甘いものが良いって聞きますよね?

ノンシュガーでも、砂糖が入っていなくても、甘味料が入ってるので、同じように疲れが取れます。

 

エナジードリンクが効果を発揮するのは
  • 学生なら勉強時間
  • スポーツの前後
  • 居眠り運転の防止
  • 昼寝の防止
などなど、とにかく眠気を防ぐ用途が多いですね。

 

集中力が持続したり、疲れが取れたりなど、飲み過ぎは禁物ですが、結構使える飲み物なんですね。

 

 

 
スポンサーリンク

エナジードリンクの持続時間は?

エナジードリンクにはカフェインやアルギニンなど、様々な成分が含まれていますが、

飲んでから効果が持続する時間は、およそですが

3時間~6時間

と言われてます。

 

実際に飲んだエナジードリンクと、飲んだ本人の体質などでも若干違いが出ますが、基本的には同じ持続時間となります。

 

また、エナジードリンクは、飲んでから効果が現れるまでにも、やはり時間がかかります。

即効で効く!なんてCMもありますが、残念ながら、そういう人は稀で、こちらはおよそ

30分~1時間

ほどかかると言われています。

 

でも、30分で効くなら、即効で効くというのも間違いではないかも知れませんね。

意外と効くまでに時間がかかるため、仕事が始まる前くらいに飲んでおくのが一番良いかと思います。

 

ただ、エナジードリンクで注意したいのは、

医薬部外品や清涼飲料水などの種類があり、効き目も全然違うと言う点です。

 

直接健康を害するとかは余りないですが、効き目が違うことを覚えて置いて下さい。

 

 

 

エナジードリンクと栄養ドリンクの違いは?

エナジードリンクと栄養ドリンクの違いですが。

 

check!!

エナジードリンク:基本的に清涼飲料水と呼ばれる、ジュースのような物のこと。

栄養ドリンク:滋養強壮などの効果がある医薬部外品のことを指します。

 

ですので、エナジードリンクには、本来滋養強壮などの効果はありません。

成分による違いをリストでまとめてみますと。

 

●タウリン

貝類やいかなどに多く含まれる成分で、「ホメオスタシス」という作用があります。

これは、肝機能を守る作用のことで、肝臓の中性脂肪を取り除いたり、アルコールの分解を早めたりなど、お酒を飲む前に飲むと良いというのは意味があるんですね。

ちなみに、こちらは栄養ドリンクに含まれ、エナジードリンクには含まれていません。




●ナイアシン

ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称のことで、水に溶けるビタミンの一つです。

糖質や脂質、タンパク質の代謝を促進したり、皮膚などの粘膜を守ってくれます。

ちなみに、こちらは栄養ドリンクにもエナジードリンクにも含まれています。




●ビタミンB2

エネルギーの代謝や皮膚などの粘膜を正常にする働きがあります。

また、ナイアシンの生成などに必要な栄養素でもあります。

こちらも、エナジードリンクにも栄養ドリンクにも含まれています。




●ビタミンB6

たんぱく質を分解する酵素と、アミノ酸の働きを助けます。

神経細胞の興奮を抑える働きもあるので、落ち着きたい時に良いかも知れません。

ちなみに、エナジードリンクと栄養ドリンクの両方に含まれています。

 

 

 

エナジードリンクを飲み過ぎると?

エナジードリンクの効果と持続時間は?栄養ドリンクとの違いって?
エナジードリンクは、飲み過ぎるとダメと、良く聞きますよね?

このエナジードリンクが危険とされるのは、

実は糖分とカフェインが問題になっています。

 

カフェインは、眠気冷ましなどに良く利用されていて、普段からコーヒーや紅茶などを飲まれる方も多いかと思います。

カフェインの量は、紅茶では約30mgくらい、コーヒーなら約40~100mgが、コップ一杯に含まれています。

ところが、エナジードリンクでは、

 

80~160mgも入っており、これはかなりの量ですね。

 

これこそがエナジードリンクが体に良くないとされている原因で、一日に250mg以上のカフェインは、健康を害すると言われています。

 

元気を出したい!と一日に何本も飲む方は、要注意と言えます。

 

そして、砂糖がダメなのは、糖尿病になりやすいからなんですね。

糖尿病になってしまうと、物覚えが悪くなったり、鬱になったり、老化が早まるだけでなく、内臓や血管へ負担をかけてしまいます。

 

砂糖摂取量は、一日約25gですが、エナジードリンクには一本飲むだけで、軽く上限に達します。

 

当分の摂り過ぎの観点からも、一日に何本もエナジードリンクを飲むのは止めた方が良いと思います。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

エナジードリンクの効果と持続時間は?栄養ドリンクとの違いって?
栄養ドリンクとかエナジードリンクって、疲れた時とかに有効な気がしますよね?

飲んだら、すっきりした!と言う方も多いでしょう。

 

ですが、糖分の摂りすぎになったり、カフェインの摂りすぎになったりと、一日に何本も飲むというのは、逆に体を疲れさせてしまいます。

 

特に糖分は、糖尿病になってしまったら、ドリンクを飲んだことで不健康に!

なんてことにもなりかねません。

 

美味しくてすっきり!

そんなドリンクも多く、頼りたくなる気持ちもわかりますが、服用量を守り、すっきりしつつ、健康になるようにしましょう!