生活・雑学

トイレ詰まりの対処法!ラバーカップはコンビニや100均に売ってる?

トイレ詰まりになった時に、業者さんを呼ぶとなると大変ですよね?

来てくれるまでに時間がかかったり、結構な修理代金がかかったり。

 

出来るなら、自分で何とか直したい!と言う方も多いと思います。

普段から気をつけていても、いざトイレが詰まってしまうと大変なことに。

 

でもそんな時に、ラバーカップなどを常備しておけば、トイレ詰まりが解消出来るかもしれないんです。

 

今回は、トイレ詰まりが起きてしまった時の対処方法や、ラバーカップの入手方法や使い方などをご紹介しようと思います。

 

トイレ詰まりを直す前にしておくこと

トイレ詰まりにならないように普段からトイレットペーパーを流しすぎないとか、詰まるものを流さないようにすることが大事ですが、気をつけていても詰まる時はあると思います。

 

そんな時には慌てずに、下記の直す前の準備をしましょう!

 

ウォッシュレットの場合は、プラグを抜く!

これは、ぜひやっておくことをおすすめします。

というのも、ウォッシュレットはセンサーで反応して、水が出るようになっています。

トイレ詰まりが起きた時に、更に水が増えてしまっては大変です。

また直している最中に感電しないためにも、まずプラグを抜いておきましょう。


止水栓を閉める!

止水栓が開いたままだと、タンクのレバーをひねるだけでも水が増えてしまいます。

詰まっている状態で更に水が出たら、トイレが水浸しになってしまいますので、修理の前に止めておくようにして下さい。

 

止水栓がどこにあるかはトイレのメーカーによっても異なりますが、給水管のすぐ傍にあることがほとんどです。

マイナスドライバーで時計回りに回すことで止水栓は閉まります。

もし固くてドライバーで回らない場合は、家の水の元栓を閉めるようにして下さい。

 

家全体の水の元栓は、一戸建ての家なら宅地の地面にありますし、集合住宅なら玄関の隣にあるパイプスシャフトにある場合がほとんどです。

止水栓が見当たらない場合は、家全体の水を止めておいて、被害が拡大しないようにしておきましょう。

 

止水栓などを閉じたら、トイレ詰まりを直す作業へと移行します。

流せるティッシュのはずが、流せなかった方はコチラ。

流せるティッシュがトイレ詰まり…トイレ詰まりの原因あれこれ!
流せるティッシュがトイレ詰まり…トイレ詰まりの原因あれこれ!トイレットペーパーは、トイレに流しても詰まることはないですが、 流せるはずのティッシュが詰まることってありますよね? ...

 
スポンサーリンク

トイレ詰まりの自分で出来る対処方法は?

もし家のトイレが詰まったとしたら、皆さんは自分で対処できますか?

トイレが詰まったら、更に流してしまって便器が水でいっぱいになったしまった…

こんな経験をした方も多いと思います。では一体どう対処すればいいのでしょうか?

 

トイレ詰まりを直す必要な道具

  • 手袋
  • バケツ
  • 新聞紙
  • 雑巾
  • ラバーカップ
  • 火ばさみ
 

トイレ詰まりを直す手順

  1. まず、床が汚れないように、新聞紙を一面に敷きます。
  2. 水の量が減るまで、少々待ちます。
    (便器の上面より10cm以上低いのが目安です)
  3. 便器内に残っている汚物などがあったら、火ばさみなどで取り除きます。
  4. ラバーカップを、便器の穴を包むように置き、しっかりと密着させます。
  5. 水自体を引っ張るイメージで、ラバーカップを押したり、引っ張ったりを何度か繰り返します。
    (引く時には、カップの縁を便器から離さないのをイメージしましょう)
  6. スピードをつけずに、押す時に2秒くらい、引く時に1秒くらいかけ、水がだーっと流れていけばOKです。
 

ラバーカップがあれば、簡単なトイレ詰まりなら、問題なく直すことが出来ます。

 

頑固なトイレ詰まりの場合

  • 重曹50cc
  • 食酢50cc
  • 多めのぬるま湯
を用意しておきます。

 
  1. まず換気をするために、ドアや窓を開けておきましょう。
  2. 汚物などを出来るだけ火ばさみなどで取り除いてから、修理に入ります。
  3. 重曹→酢→ぬるま湯の順にトイレに流しこみます。
  4. そのまま一時間ほど放置しながら、詰まり具合をラバーカップなどで確認します。
  5. 数時間経っても改善されないようなら、業者を呼びましょう。
  6. こちらの方法を使ってもトイレ詰まりが解消されないようなら、排水管絡みの詰まりかも知れないので、その時には業者さんを呼ぶしかないです。
 

ラバーカップは、普段から用意しておくと、もしもの時に役立ちます!
 

 

ラバーカップはコンビニや100均で売ってるの?

突然襲ってくるのトイレ詰まり…でも家にラバーカップがない!

という場合もあると思います。

でも大丈夫です。

 

ラバーカップは100均でも売ってます。

 

100均なら、100円くらいで買えますので一番手軽かも知れません。

コンビニでラバーカップを買うのは、ちょっと抵抗があって恥ずかしい場合なども、100均で他の商品と一緒に買えば恥ずかしくないですね。

100均の商品を試してみて効果がなければ、通常の商品を買うというのも一つの方法です。

 

ただ、時間帯によっては100均のお店が閉まっている場合もあると思います。

そんな時コンビニにも売ってるとしたら、突然のアクシデントでも24時間買いにいけるので安心…ではないんです。

 

コンビニではお店で使うために置いてあったとしても商品として並んでることは少ないんです。

 

コンビニの種類にもよりますがお値段も1000円前後はします。

なので、大きな町でしたらコンビニでも置いてあるかも知れませんが、ラバーカップを買うのでしたら、コンビニよりもドラッグストアや100均が便利なんですね。

 

詰まりが深刻な物でなければ100均のラバーカップで充分です。

値段も通常なら1000円以上するのに、100均なら100円+消費税で買えるのでおすすめです。

実際に100均のラバーカップで難を逃れた方も多く、ラバーカップは100均で買えると覚えておくと良いかも知れません。
 

緊急なのにラバーカップを売ってない!!


ラバーカップが緊急で必要なのに100均はもうお店が閉まってるし、近所のコンビニでも売ってるのを見かけない!

 

そんな場合もあると思いますが、その時には

最終手段として借りればいいんです!!

 

ラバーカップはコンビニで借りたり、アパートなどなら大家さんに借りることも出来ます。

買うと意外と高いラバーカップですが、コンビニで借りられることをご存知の方は少ないかも知れません。

コンビニで借りる場合には、借りるだけなのはちょっと抵抗がありますから、まず何か買い物をしてから頼んだほうが借りやすいかも知れませんね…

 

会計の際に店長さんを呼んで、

「ラバーカップを買いに来たんだけど、どこにも売ってないので貸してくれませんか?」

という感じに聞いてみると良いです。

 

スーパーなどで聞くと買わされる可能性が大(1000円くらいします)なので、もし借りれるかを聞くとしたら大家さんかコンビニを当たってみましょう。

 

和式用のラバーカップだと洋式のトイレに効果がないこともありますので、注意が必要です。

 

ラバーカップが無い場合にペットボトルを利用する方法!?

ラバーカップがどうしても手に入らなかった場合にペットボトルを代用することができます。

500mlのペットボトルの底を切り取り、蓋を手で押さえて、ラバーカップの要領でガポガポと押すのがポイントです。

この方法では水に手を突っ込むことになるので、ゴム手袋をつけておくと良いでしょう。

ペットボトルの材質によって、すぐにダメになることもあるので数本用意しておきましょう。

 

出来ればラバーカップを常備しておくのが良いとは思いますが、緊急の場合は100均やコンビニが利用できるのを覚えておくと良いと思います。

 
スポンサーリンク

まとめ


トイレ詰まりは、ほとんどの場合は自力で対処出来ます。

ラバーカップはスッポンなどとも呼ばれていますが、最近のトイレは詰まることが少ないせいか常備しているご家庭は少ないそうです。

 

基本的にはトイレットペーパーを流しすぎたり、流せない物を使わないなど、日常の生活で気をつけていれば詰まる心配も少ないです。

流せるティッシュが流せなかった人はコチラ!

流せるティッシュがトイレ詰まり…トイレ詰まりの原因あれこれ!
流せるティッシュがトイレ詰まり…トイレ詰まりの原因あれこれ!トイレットペーパーは、トイレに流しても詰まることはないですが、 流せるはずのティッシュが詰まることってありますよね? ...

 

トイレ詰まりがもし起きてしまったら業者さんを呼ぶのも一つの方法ですが、有名な業者さんでも呼ぶと8000円くらいかかってしまうことも。

ラバーカップは借りることも出来ますし、100均で買うことも出来ます。

 

慌てずに対処することが大事です。

どうかあなたにトイレの神様がほほ笑んでくれますように。。。

関連記事はこちら