スポンサードリンク

補助輪なし何歳ぐらいから?教えるコツとおすすめ練習法!!
小さい子供さんなら、まずは三輪車からというご家庭も多いかと思います。

三輪車に乗っている子供さんを見ると、自然と顔がほころんでしまいますよね?

 

でも、何時かは補助輪なしで、自転車に乗れるようになって欲しいとご家族も思うかも。

私が小さい頃は、三輪車がなくて、いきなり補助輪なしでしたが、乗れるようになった時に感動したことは今でも良く覚えています。

 

子供さんにとって、一度は通る試練みたいなものかも知れませんね。

 

補助輪って何歳頃から外せば良いのか?

 

とか迷ったりしませんか?

また、親が教えてあげるコツとかおすすめの練習方法があれば、試してみたいですよね?

 

ということで、今回は補助輪なしは何歳ぐらいからがオススメなのかなど、簡単にまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

補助輪なしは、何歳ぐらいからが良いの?

補助輪なしは、何歳ごろからが良いのかと言いますと、ご家庭によって若干違いはありますが、

 

基本的には4~5歳頃からのご家庭が多いみたいですね。

 

早い子では、3歳半からでも、自転車に楽々と乗れるお子さんもいるみたいです。

 

補助輪が付いていると、便利過ぎて、いつまでも補助輪を外せないのでは?とやきもきすることもあると思いますが、昔と今の補助輪は違うそうです。というのは、

昔と違い今の補助輪は、地面から軽く浮いてるんです。

 

補助輪がちょっと高くなっていて、もちろん!左右の高さも違います。

なので、補助輪が付いている自転車であっても、補助輪付きで真っすぐ乗れるようになれば、補助輪がなくなったとしても、普通に乗れるようになるんですね。

 

すごい時代になったものです。

だからこそ、最近は補助輪なしで乗れる年齢が下がっているんですね。

 

でも、だからと言って、焦ることはありません。

 

check!!

3歳から乗れる子供さんもいれば、5歳を過ぎても乗れない子供さんがいたりと、

個人差があります。

 

無理をして乗せて、せっかくの自転車が嫌いにならないようにしてあげて下さいね。

 

 

 
スポンサーリンク

補助輪なしで乗れるように教えてあげるコツは?

子供さんが補助輪なしで自転車に乗れるようになるには、親の教え方も気をつけないといけません。

例えば、以下の3つの事に注意してみて下さい。

 

check!!

●乗れない子供をしかったりしない!

●ちょっとでも上達したら褒めてあげる!

●短期集中で練習すること!

 

 

特に叱ったりすると、子供さんは乗るの怖くなったり、自信をなくしたりして、逆効果になることもあります。

 

そういう意味では、感情的になりにくいお父さんやおじいちゃんなどが、教えるのには向いているかも知れません。

 

乗れないことは、恥ずかしいことでも何でもありません。

自分だって小さい頃は、乗れなかったはずですよね?

 

check!!

怒るのは、片手を離した時など、危ない行動を取った時だけにしましょう。

 

 

 

教えるコツは、何と言っても、褒めてあげることです!

 

少しの上達でも、褒めてあげることで、「やった!」と子供さんに達成感も生まれて、また褒められるように頑張りたい!とやる気もアップします。

長々と練習をしないで、一週間で乗れるように!と集中して練習するのもポイントです。

 

せっかく体が感覚を掴んでいても、何日も空いてしまうと、もう一度感覚をつかむのに、最初からやり直しになり、何時まで経っても乗れないなんてことも。

 

子供さんが乗れるようになったら、記念日にして、お祝いをしてあげるのも良いですね。

自転車に乗れた記念日なんて、記念日が増えるのも素敵だと思います。

 

 

 
スポンサーリンク

補助輪なしで自転車に乗れるようになる練習方法は?

補助輪なし何歳ぐらいから?教えるコツとおすすめ練習法!!
補助輪なしで自転車に乗れるようになる練習方法は、

子供さんの脚力などによっても、変える必要があります。

 

check!!

漕ぐ力が強く、ガンガン走る子供さんにおすすめの練習方法
  1. まず、片方の車輪を外します。

  2. 補助輪のない方へと、とにかく曲がる練習をします。

  3. 無事曲がれるようになったら、もう一度補助輪をつけ、同じように、もう片方の車輪を外して練習してみて下さい。

  4. 両方曲がれるようになったら、両方とも外して練習をします。
 

元々が漕ぐ力が強い場合は、スピードに乗れるので、この方法でもすぐに乗れるようになります。

この方法で練習する時には、坂道がない平坦な場所を選んで下さいね。




漕ぐ力が弱い子供さんにおすすめの練習方法
  1. まず、ペダルを外します。

  2. ゆるい下り坂で、足を上げたままで自転車に乗ります。

  3. 慣れたら、補助輪を外し、同じように坂道を転がるようにします。

  4. 足を離して乗れる距離が長くなったら、ペダルを元に戻します。

  5. ペダルが付いた状態で、坂道を転がります。

  6. 転ばなくなったら、今度はペダルを漕ぎながら、普通に乗れるように練習
 

ペダルを外すのは、平衡感覚を保ちやすくするためです。

ペダルを外せば、漕ぐことは出来ないので、足で蹴って移動することになります。

その状態で、バランスを取る練習をしてから、ペダルをつけた練習に切り替えるんですね。

 

また、同い歳くらいの子供さんと練習するのも効果的です。

 

乗れた子供さんが実際にいると、ライバル心が燃えたり、乗れるというイメージをつかみやすく、転ぶことへの恐怖心が減ったりすることで、早く乗れるようになることがあります。

 

ただ、友達が転んでけがをしてしまうのを見ると、逆効果になることもありますが…。

 

 
スポンサーリンク

まとめ

補助輪なし何歳ぐらいから?教えるコツとおすすめ練習法!!
「自転車に乗ると、こんなに快適なんだ!」とか、「風が気持ち良い!」など。

とにかく、補助輪なしで自転車に乗れるようにするには、

子供さんが練習に対して、嫌な気持ちを抱かせないようにするのが大事です。

 

叱られてばかりいると、恐怖心が増すだけで、良いことは余りありません。

乗れないことにイライラすることも、もしかしたらあるかも知れませんが、

子供さんに接する時には、その感情を我慢して、とにかく褒めてあげるのが一番かと思います。

 

突然コツを覚えて乗れるようになることも多い自転車です。

他の子は乗れてるのに。なんて思わずに、家の子もこんなに乗れるようになった。と教える側がポジティブになるのも大事だと思います。

 

自転車を乗れた記念日とか、記念日を増やしていくのも良いですね。

スポンサードリンク