命名書は誰が書く?いつまで貼って処分のタイミングと方法は?
赤ちゃんが生まれると、お祝いの言葉をいただいたり、お祝いの物をもらったり、とにかくお祝いムードになり、家族や親族が一度に幸せな気分になれますよね?

 

我が家も甥っ子と姪っ子が生まれた時に、お祝いをしましたが、赤ちゃんの可愛いことと言ったら、普段クールな父親もついデレっとなってしまうことも。

 

 

赤ちゃんが生まれてすぐにあるお祝いと言えば、お七夜ですが、

命名書とかどうすれば良いのか困ることもあるかと思います。

 

 

そもそもが、お七夜というのは、昔生後すぐに赤ちゃんが亡くなってしまうことが多く、一週間を過ぎれば大丈夫!ということで、始まったお祝いだと言われています。

 

今回は、命名書は誰が書くものなのかということや、貼るタイミングと処分の仕方などをまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

お七夜って何?

命名式と言えば、お七夜ですよね?

 

では、お七夜って、そもそも何をするお祝いなんでしょう?

 

check!!

お七夜というのは、昔は赤ちゃんが生まれてすぐに亡くなることが多かったため、

7日の節目を無事に過ごせれば、赤ちゃんは大丈夫!ということで、祝われるようになった行事です。

 

お七夜は、お宮参りなどとは違い、内輪(家族)だけで7日の節目を祝う行事です。

お祝いをする場所に決まりはありませんが、出産後の母体に影響が出ないように、里帰り先なら、その場所でお祝いをします。

 

命名式は、お七夜のメインイベントでもあります。

病院によっては、生後すぐに手形を取ってくれる所もありますので、命名書と一緒に手形なども保存しておくと良いかも知れないですね。

 

 

ちなみに、お七夜の日時が仏滅などと重なっても大丈夫です。

7日が経過したという事実が大事ですから、仏滅くらいなら全然大丈夫です。

 

 

ただ、喪中の場合は、弔辞が優先しますので、お祝いは控えるようにして下さい。

 

 

 
スポンサーリンク

命名書は、誰が書くものなの?

赤ちゃんが生まれ、一週間が経ったら、お七夜のお祝いがありますが、

その日は名前を決める大事な時期でもあります。

 

もっとも、私の甥っ子や姪っ子の誕生の時には、病院内ですでに名前が決まってましたが…。

 

命名書は誰が書くのかということは、特に決まっていません。

親が書いても良いですし、義母や義父に書いてもらっても良いです。

 

問題は心をこめて書くということなので、誰が書いてもOKです。

 

では、命名書の正式な書き方ですが。

check!!

まず、半紙を横二つ折りにします。

その後、折り目を下にして、更に縦3等分してから、左右から折りたためるよう折り目をつけて開いて準備します。

 

命名書の書き方は、以下の通りです。
  • 右側:命名と書きます。
  • 中央の右側:小さめに父親の名前や続柄を書きます。
  • 中央の真ん中:命名した名前を書きます。
  • 中央の左側:小さめに赤ちゃんの生年月日を書きます。
  • 左側:命名した日時と親の名前を書きます。
    名付け親が別にいる場合には、親の名前の左側に、小さく命名者の名前を書きます。
命名書は誰が書く?いつまで貼って処分のタイミングと方法は?

 

筆で書くことが多い命名書ですが、筆ペンなどを利用しても大丈夫です。

書き方をご紹介しましたが、あくまで参考程度で、心をこめて書かれていれば、格式とかは余り気にしなくても良いと思います。

 

こんな手作りの命名書もいいかもしれませんね♪

 

 

 
スポンサーリンク

命名書の貼るタイミングと処分の方法は?

命名書を書くタイミングは、通常ですとお七夜に書くことが多いみたいですね。

 

check!!

お七夜のカウントの仕方は、生まれた日を一日として数えます。

ですので、4月24に生まれた赤ちゃんなら、お七夜は4月30日に行われます。

 

それまでに、赤ちゃんの名前を決めておきましょう!

書き終えた命名書は、仏壇などに備えておきましょう。

 

もしくは、目立つ場所。

例えば、壁に貼ったり、赤ちゃんの枕元に置いてもOKです。

 

 

でも、お七夜に命名書を貼った後、いつ処分するかが困りものですよね?

 

実は、命名書をしまうタイミングは、決まった日時がないんです。

 

 

一般的には、出生届が終わったら、命名書は下げて、へその緒と一緒に箱に納めて、水引をかけて保存するようです。

 

この日!という、決まりはありません。

ただ長すぎるのも問題ですので、お宮参り(一月くらい)が終わった後は、下げるようにすると良いです。

 

 

 

良く冷蔵庫などに貼っている方がいらっしゃいますが、

 

実は命名書は、名前を覚えたら、処分(ゴミに出す)しても構わないんです。

 

 

ただゴミに出すのは、ちょっと…という方もいらっしゃると思います。

命名紙をいただいたりした場合、捨てるとなると、抵抗がありますよね?

 

ですので、出来れば、ゴミに出すのではなく、思い出に残る方法(アルバムに貼るなど)が一番良いかなと思います。

 

 

ここで、一つ注意があるのですが、

命名書を書くことばかりに注意がいって、出生届を出すのを忘れないようにして下さい!

 

 

なぜなら、赤ちゃんの出生届というのは、国外で出産したのでなければ、生後14日以内と決まっているからです。

ですので、命名書は、出生届を出してから処分した方が、出生届の出し忘れも減るかも知れませんね。

 

 

 
スポンサーリンク

命名書の手書き以外の方法?

命名書は誰が書く?いつまで貼って処分のタイミングと方法は?
もし手書きの命名書で、上手く字が書けないという悩みをお持ちの方は、ネットなどでプロにお願いすることも出来ます。

出産後子供の名前が決まっていれば、入院中に注文すると、退院後には出来上がることも多く、字の上手いプロにお願いするというのも、一つの方法です。

 

プロにお願いすると、値段は様々ですが、安い所なら、1000円未満でお願い出来る所もあります。

 

自分で命名書を書く場合には、半紙に筆で書くことも多いですが、プロにお願いした場合は、額に入れてくれたり、可愛いキャラクターの模様が付いたものであったりなど。

 

掛け軸タイプの命名書などもあります。

 

アマゾンや楽天でも探せるので、命名書をプロにお任せするというのも、それもまた記念になるかも知れません。

 

 

ただ、個人的には、命名書は自分で書く方が良いかなと思います。

下手な字であったとしても、親や義父などが書いてくれた方が、より記念になりますよね?

 

ネットをもし利用するなら、命名紙だけ注文して、後は家族が書くというのが一番ではないかなと思います。

 

 

 

まとめ

命名書は誰が書く?いつまで貼って処分のタイミングと方法は?
命名書を書く日でもあるお七夜は、一生に一度だけのお祝いです。

その意味でも、命名書は親族や家族が書いてあげるのが、何よりのお祝いだと思います。

 

字が下手でも良いですよね?

心をこめて書かれていれば、それだけで充分です。

 

 

赤ちゃんの健やかな成長を祈って書かれる命名書です。

無事7日を過ごせたことは何よりのお祝い事ですし、名前を何にするか、その日までに決めておくのも、両親からすれば、大切なイベントにもなります。

 

出生届を出したその日に、命名書をしまうようにすれば、お祝いの日時もわかりやすいですよね?

心をこめて書かれた命名書ほど、赤ちゃんにとって、大事な宝物はありません。

 

 

命名書をへその緒と一緒にしまい、大きくなってから「誰々が書いてくれたんだよ?」と教えてあげるのも素敵ですよね。