子育て

子供のいびき苦しそう…原因は鼻づまり?病院は何科を受診?

子供のいびき苦しそう…原因は鼻づまり?病院は何科を受診?

大人は良くあることかも知れませんが、子供って本来はいびきをかかないそうですね。

いびきをかいている時って、本当に苦しそうで、何とかしてあげたいと思うことも多いかと思います。

 

原因も色々あるみたいですが、子供がいびきをかいている時には、チェックしてあげて下さい。

というのも、

実はいびきは、病気のサインかも知れないからなんです。

 

 

例えば、大人のいびき関連で有名な病気の一つとして、「睡眠時無呼吸症候群」なんて言葉を聞いたことがありませんか?

 

子供のいびきも、同じ症候群かも知れないんです。

「寝る子は育つ」なんて言いますが、子供の頃にいびきをかくと、良く眠れず、発育にも影響を及ぼしてしまうんです。

 

ということで、子供のいびきの原因や、何科を受診するべきなのかなど、まとめてみました。

 

子供のいびきを解消!枕の選び方などおすすめ対処法まとめ!

 

 

子供のいびきの原因は鼻づまりもあるの?

子供のいびきの音は、

「上気道」と呼ばれる鼻から喉にかけての空気の通り道が塞がることで、出てくる音だと言われています。

 

もし子供がいびきをかきながら、苦しそうにしていたら、病気を疑って下さい。

いびきの原因とされている物には、こんなものがあります。

 

check!!

アデノイド肥大が原因の場合

鼻から喉に当たる上部の奥には、「アデノイド」という器官があります。

アデノイド肥大は、その部分が通常より大きくなる状態を言います。

 

実は、アデノイド肥大というのは、子供特有の病気で、原因もはっきりしていません。

ただ、ここが大きくなると、気道を塞いでしまいますので、苦しさからいびきが起こったりするわけですね。




扁桃肥大が原因の場合

扁桃肥大も、アデノイド肥大と同じように、「扁桃腺」と呼ばれている喉の両側にある器官が、肥大してしまうことで起きます。

扁桃肥大も、子供特有とまではいかなくても、子供の頃に一番大きく、成長とともに小さくなっていく器官です。

 

普通よりも肥大してしまう原因の一つに、肥満も挙げられます。

子供の頃に太ってしまうと、色々弊害も出てきますので、体調管理などしっかりとしてあげて下さい。




アレルギー性鼻炎による鼻づまりが原因の場合

睡眠時無呼吸症候群になる可能性が高い鼻炎は、普段はつまっていなくても、寝ている間だけ鼻がつまってしまう「隠れ鼻づまり」のこともあります。

必ずしも、いびきが原因で無呼吸症候群になるとは言えませんが、子供であっても、年中いびきをかいていたり、いびきの音がうるさい時には、注意が必要となります。

また花粉症などで鼻づまりになった時にも、子供がいびきをかくことがあります。

 

これは花粉症に限らず、ハウスダストが原因のこともあるため、大人よりもデリケートな子供の鼻をつまらせないためにも、普段から家の掃除などをこまめにする必要があると思います。

 

 

 
スポンサーリンク

子供のいびきの治療方法にはどんなものがあるの?

子供がいびきをかいている原因によっては、病院で治療をしてもらわないといけないこともあります。

いびきの治療方法としては、大きく分けて「手術治療」「保存的治療」があります。

 

アデノイド肥大や扁桃肥大の場合には、手術による治療が取られることが多いです。

小児であっても、無呼吸症候群になってしまった時には、手術をしないと、呼吸が上手く出来ないわけですから、気道を確保する必要があるんですね。

 

手術治療をすると、劇的にいびきは減ると言います。

手術を行う時期は、器官が肥大することが多い3~6歳の子供が対象となります。

 

ただ、全身麻酔の手術でもあり、また入院期間もある大手術になりますので、無呼吸症候群が起きやすい環境(肥満など)にならないように、普段から気をつけてあげて下さい。

 

 

保存的治療の方法はと言いますと。

主にアレルギー性鼻炎が原因の場合に行われる治療方法ですが、抗ヒスタミン薬や、抗ロイコトリエン薬、ステロイド点鼻などが処方されます。

 

最近の研究結果では、これらの薬により、アデノイドの肥大が治ることもあるとされていて、いびきの原因が何であれ、まずは保存的治療を試してからという病院も多いようです。

アレルギー性鼻炎に関して言えば、掃除をするなどの日常生活で気を付ければ大丈夫なことも多いので、鼻炎になりにくい環境を作ってあげるのも一種の治療法だと思います。

 

 

 

子供がいびきをかいた時、何科を受診すれば良いの?

子供のいびき苦しそう…原因は鼻づまり?病院は何科を受診?
子供がいびきをかいている時に、症状が酷いようだと、病院を受診することを考える方も多いと思います。

 

では、子供のいびきが酷い時に、何科を受診すれば良いのでしょうか?

 

 

まずは、鼻づまりが原因のこともあるので一度、耳鼻科を受診してみましょう。

 

いびきの原因がわかれば、手術による治療が必要なのか?それとも薬で大丈夫なのか?などもわかるようになります。

出来れば、子供がいびきをかいている様子を、動画などに撮って見てもらうのも良いと思います。

 

専門家が見れば、原因が特定出来るかも知れませんので。

最近はスマホなどがあるので、動画もすぐに撮れると思います。

 

 

病院で鼻や喉を検査してもらい、原因がアレルギー性鼻炎にあるのか、アデノイドや扁桃が肥大していないのかなどをチェックしてもらいます。

その上で、睡眠時無呼吸症候群だと診断されたら、家で簡易睡眠検査を行うこともあるようです。

 

診察だけでなく、手術が必要なこともありますが、それらも耳鼻科でOKです。

小児科と迷うかも知れませんが、いびきは耳鼻科で受診!と覚えておくと良いと思います。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

 

子供のいびきは、病気が原因であることもあり、また時には手術が必要なこともあります。

たかがいびきと考えずに、子供が寝ている間苦しそうにしていたら、耳鼻科を受診してみましょう。

 

鼻づまりが原因の場合もありますので、その時には、子供が鼻づまりにならない環境を、もっと言えば、普段からハウスダストの少ない綺麗な部屋にしてあげることも大切です。

喉の器官が肥大している場合などは仕方ないですが、普段から、鼻づまりが起きない環境にしてあげれば、夜子供が苦しそうにすることもないわけです。

 

そして、最近多いそうですが、子供の肥満がいびきの原因になることもあります。

いびきには様々な原因がありますが、そのひとつが生活習慣にあるとしたら、やはり普段から気をつけないといけないですよね?

 

大人でも辛い無呼吸症候群です。

子供の成長を見守る意味でも、まず大人から、普段の生活態度を改めるべきなのかも知れません。

 

子供のいびきを解消!枕の選び方などおすすめ対処法まとめ!