スポンサードリンク

ブルーライトカットメガネ効果ある?カット率など選ぶ時の注意点!
良くサングラスなどでも、ブルーライトカットのメガネとかありますよね?

私は視力が弱いので、メガネなしでは生活出来ませんが、ブルーライトカットの効果があるレンズを使ったりはしていません。

 

毎日パソコンに向かったり、スマホを操作していたりするので、ブルーライトはカットした方が良いとはわかっているんですが、対応のメガネってお高いんですよね。

 

なので、私は、パソコンの方にブルーライトカットのシート?みたいなのを付けています。

 

ただ、どこまで影響があるのかわからないのが、ブルーライトの怖さですよね?

ブルーライトをカットすることで、不眠症も治るなんて言いますが、本当でしょうか?

 

今回は、ブルーライトカットメガネの効果や選ぶ時の注意点などをまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

ブルーライトってそもそも何がどう影響あるの?

そもそもブルーライトとは何のことを言うのか?

 

簡単に言ってしまうと、パソコンやスマホから発生する強力な青い色をした光の事を言います。

 

紫外線と波長が近いことから、可視光線の中でも、目に影響が出やすい光とされてます。

 

 

check!!

ブルーライトは、大人もそうですが、子供にはより負担が大きいので注意が必要。

スマホやゲームの画面などを見続けることで、紫外線に近いブルーライトが網膜にも達するとも言われています。

 

 

何故ブルーライトが悪いのかと言えば、青い光は、通常の光よりも散乱しやすいからなんです。

照準が合いづらいブルーライトの中で、一生懸命に目はピントを合わせようとします。

 

例えば、白い紙などにカメラのピントを合わせようとしても、なかなかピントが合いませんよね?

それと同じで、一生懸命ピントを合わせようとした目に、余計な負担がかかってしまうというわけです。

いわゆる疲れ目を起こしやすいのが、ブルーライトなんですね。

 

 

特に子供の目は、大人よりも水晶体の濁りが少ないため、影響を受けやすいんだとか。

視力が弱くなる原因にもなると言われていますが、こちらは個人差があるようです。

 

というのも、毎日5時間以上ゲームをしている友達が、メガネなしで今も視力を保っているなんて話を聞いて、視力の弱いのは必ずしもゲームのせいではないと思うからです。

 

とはいえ、ゲームを長時間プレイするのは、間違いなく目に負担がかかります。

あなたの疲れ目も、もしかしたらブルーライトの影響かも知れませんよ?

 

 

 
スポンサーリンク

ブルーライトカットメガネの効果はあるの?

ブルーライトカットメガネの効果の実感は、人によって様々です。

 

ですが、ほとんどの方は、ブルーライトカットのメガネを付けることで、目のチカチカ感やシバシバしたりすることが少なくなったと言っています。

 

 

私の場合は、度数の強いメガネを付けているお陰か、目がチカチカしたり、シバシバしたりしたことはないんですが、結構お悩みの方も多いみたいです。

 

目の疲れで、ブルーライトの影響を感じることも多いと思いますが、実際にどれだけすごい光が目にあたっているのかを感じるには、以下の方法を試してみて下さい。

 

 

ブルーライトカットメガネを装着して、PC作業を長時間した後で、メガネを外し、パソコンの画面を見ると、かなり強い光を感じるのではないでしょうか?

 

効果があるかどうかは見た目ではわかりづらいですが、ブルーライトカットのメガネは、目の保護に大きく貢献してくれているようです。

 

目の疲れがなくなることで、不眠症が改善されたり、偏頭痛や肩こりも減ると言います。

 

 

check!!

目の保護のためにも、PC作業を長時間する方などは、ブルーライトカットメガネを付けた方が良いでしょう。

 

 

私は、大丈夫!と思っていても、気付いていないだけで、ブルーライトは今もあなたの目を攻撃しているのかも知れませんよ?

 

 

 
スポンサーリンク

ブルーライトカットメガネのカット率の違い

ブルーライトカットメガネには、色が付いていることが多く、ほとんどは濃い橙色をしています。

色が付いていると、サングラスみたいな感じなので、慣れるのに時間がかかるかも知れませんが、この色合いは結構重要なんですね。

 

というのも、レンズの色によって、ブルーライトのカット率が違うと言われているからです。

 

カットメガネは、二種類に大別されます。

反射型 と 吸収型の二種類です。

 

 

ブルーライトカットメガネには、色が付いてる物と付いてない物があるんですね。

どちらのタイプが良いかと言えば、色つきの方がカット率は高いと言えます。

 

ブルーライトのカット方法は、色つきの場合、吸収型を使っていることが多いからです。

色つきのブルーライトカットメガネは、色なしに比べ、50%もブルーライトをカットしてくれます。

 

ただ、色つきのメガネにはデメリットもあります。

色が付いていることで、視界が悪くなり、見え方も暗くなります。

 

それはそうですよね。

サングラスと同じタイプですから。

 

ただ、ブルーライトをカットするという目的だけを見るなら、

目の保護の意味でも、色つきのメガネをオススメします。

 

 

では、色なしのブルーライトカットメガネはと言いますと。

こちらは、ブルーライトカットを反射型が多いです。

 

まず、メリットは、視界が良好で、裸眼と同じような感じでメガネを付けられることです。

ただ、視界が良くなることで、ブルーライトのカット率は下がります。

 

30~35%ほどしか、ブルーライトはカットできないので、そこはデメリットかな?と思います。

 

 

ブルーライトカットメガネは、装着するだけで効果を発揮しますので、PC作業が多い方は、一つ持っておくと便利かも知れませんね。

 

色つきと色なしの二つのメリットとデメリットを理解した上で、自分に一番あったメガネを選ぶのが良いと思います。

 

 

 
スポンサーリンク

ブルーライトカットメガネを度付きで作れる!?

ブルーライトカットメガネ効果ある?カット率など選ぶ時の注意点!
ブルーライトカットメガネを選ぶ際に、度付きのメガネが良いのか、それとも度が入っていないメガネを選ぶかで悩むこともありますよね?

度が入ってると、ブルーライトカットメガネを作れないんじゃないの?なんて不安もあるかも知れません。

 

でも結論から言ってしまうと、

 

度がなしでもありでも、どちらもブルーライトカットのメガネは作れるんです。

 

 

目が良い方は、度なしで良いので、普通に完成品を買えば良いだけです。

ただ、度がある方は、まずフレームを選んでから、視力検査をして、レンズを選んでなど、面倒な作業があります。

その上で、最後にブルーライトカットのコーティングを施すわけですね。

 

レンズを選ぶ際には、透明か色つきかで選ぶことも重要になってきます。

前述しましたが、色が付いている方がブルーライトカット率は高くなるからです。

 

 

ただ、色つきは、日常生活を送る上では、余り向いていません。

やはり色が付いている分、視界が悪くなるので、そこにストレスを感じる方も。

 

 

なので、特に度付きのメガネを使っている方は、日常生活に支障がないように、

カット率を下げて、透明なレンズを選ぶか、PC作業の時にだけカットメガネをかける

など、使用方法を考えることで、日常生活でも支障なく使うことが出来ると思います。

 

 

ただ、日常的にブルーライトカットメガネを付けている場合は、夜の運転の際には外すようにした方が懸命です。

これを忘れると、事故につながることもあります。

 

ブルーライトカットメガネは、効果は期待できますが、100%カット出来るわけではないということも知っておいて下さい。

カットメガネを付けていても、目を酷使しすぎたりすると、眼精疲労や肩こり、不眠症などの不安は付きまといます。

 

カットメガネを付ける前に、まず日常生活の見直しをするのが先決かも知れません。

 

 

 

老眼鏡にもブルーライトカットはあるの?

ブルーライトカットメガネ効果ある?カット率など選ぶ時の注意点!
今までメガネを使ったことがない人が、老眼鏡を使うようになるということもあると思います。

老眼は近視の人はなりにくいとは言いますが、それでもやはり目の衰えは誰にでもやってきます。

 

その時に、選ぶコツを知っておけば、目の保護にもなりますし、視界も良くなり、ストレスも減るのではないでしょうか?

 

ということで、老眼鏡についてですが。

老眼鏡にブルーライトカットのコーティングをすることで、メガネは作られますが、通常のカットメガネと同じで、色つきの場合は日常生活に向いていません。

パソコンやテレビを見る時にだけ、カットメガネを付けるというイメージですね。

 

ですので、使う場合に応じて、色つきと透明の二種類のメガネを使い分けるというのも良いかも知れません。

 

最近では家電量販店でも、クリップオン式のメガネが売っています。

それを使えば、ちょっと動かすだけで、簡単にブルーライトカットにチェンジ出来るので便利です。

 

老眼鏡に限らず、メガネを日常的に利用されている方も、PCでの作業用など、メガネを使い分けた方が良いみたいですね。

 

 

 

まとめ

ブルーライトカットメガネ効果ある?カット率など選ぶ時の注意点!
最近は、小さい子供のうちから、ブルーライトの影響にさらされることが多く、親は心配ですよね?

 

余談になりますが、子供と一緒にテレビを見るだけが育児の方法で、一切話しかけたりなどしないという母親もいるということです。

それによって、子供がしゃべれなくなり…なんてことにもなったりします。

 

子供が喜ぶからと、テレビやゲームばかりをさせていると、発達障害になったりすることもあるという実例でした。

 

 

ブルーライトの影響はもちろんですが、余り長時間目を酷使したりしないように、大人が見守る必要があると思います。

また、ブルーライトカットのメガネは便利ですが、100%遮断できるわけではありません。

 

大人自身も、ブルーライトの影響を受けることを念頭に置いて、PC作業の合間に休憩を入れるなどして、目を休ませてあげて下さいね。

ブルーライトカットメガネの選び方の参考になりましたら、幸いです。

スポンサードリンク