子育て

ランドセル最安値で買える時期は?サイズなど購入時の注意点!

ランドセル最安値で買える時期は?サイズなど購入時の注意点!

ランドセルって、時期によっては安く手に入るってご存知でしたか?

実は、ランドセルの新製品が発売されるのは1年前からなんだそうです。

需要と供給を考えたら、一番売れるシーズンですものね。

 

ランドセルを背負う新一年生を見る度に、甥っ子や姪っ子もランドセルを背負うようになるんだなぁと、何だか微笑ましい気分になります。

 

海外からすると、6年間しか使わない鞄が、何故あんなに高いかわからない!

 

なんて声も聞きますが、わからないでもありません…

 

 

でも、ランドセルって、日本では一種の文化だと思うんですね。

成人の儀式があるなら、新一年生の入学式もまた、ある意味儀式ですよね。

 

とはいえ、やはりランドセルはお高い鞄なのは間違いがないです。

 

ということで、今回はランドセルを最安値で買える時期や購入時の注意点などをご紹介しようと思います。

 

 

ランドセルの平均価格と最安値の時期は?

ランドセルって高価な鞄というイメージがありますが、市場での平均価格は、いくらくらい何でしょう?

人気の価格帯も気になりますよね。

 

CMでもお馴染みの「フィットちゃん」を例に取ると。

人気の平均価格帯は、以下のようになります。

 

check!!

第1位
30,000~3,9999円の間

第2位
40,000~49,999円の間


第3位
50,000~59,999円の間

第4位
60,000円以上


第5位
20,000円以下


 

 

一番人気が高いのは、3万円台なんですねー。

 

安いランドセルが売れてるのかと思いきや、割と高いランドセルが人気があるようです。

今回は「フィットちゃん」を例に出しましたが、これは他のメーカーでもほぼ同じくらいの結果になるそうです。

 

何故価格帯が違うのかと言えば、それはランドセルに使う素材が違うから。

人工皮革を使うことが多いランドセルですが、例えばクラリーノという人工皮革の製品は、軽くて、水に強く、型崩れしないなどのメリットが。

 

 

安い鞄には、それなりの素材しか使われていないため、買うのを控える傾向にあるみたいですね。

安さだけで選ぶと、「安物買いの銭失い」になるとの考えがあるのかも知れません。

 

色のバリエーションによっても人気が違いますし、価格帯も様々ですが、

平均の価格帯は30,000円前後と言えそうですね。

 

では、ランドセルの最安値の時期はというと。

 

check!!

●7~8月の新製品が出た直後

●10~11月の早割の時期

●1月の初売りセール時

●2~3月の安売り時期

 

 

ランドセルの新製品が発表されるのは、入学の1年前からです。

そのランドセルが市販されるのは、6月の後半くらいになります。

 

8月が安くなるのは何故なのかと言いますと、里帰りして、おじいちゃんやおばあちゃんにランドセルを買ってもらえる時期だから。

安くしても売り上げが見込めるので、8月には最安値になることが多いんだそうです。

 

10月~11月は、ランドセルが一番売れる時期なので、こちらも安く売られることが多いです。

やはり欲しい方が沢山いれば、ある程度安くしても、売り上げは伸びますから。

 

1月の初売りでは、机なども一緒に購入することが多いため、ランドセルは安く売られることが多いです。

 

そして、2月~3月になると、今度は売れ残ったランドセルの在庫処分が行われるため、最安値と言っても良いほどの値段で売られることがあります。

 

ただ、在庫処分なので、安く買えたとしても、子供の好きな形や色が選べないのがネックと言えば、ネックかも知れません。

 

 

とりあえずは、安売り時期を知っておけば、最安値でランドセルを買うことも出来ます。

 

何時頃買うかは、悩みどころですが、最安値を狙うなら、個人的には2~3月をおすすめします。

 

 

 
スポンサーリンク

ランドセルを買う時に気を付ける(サイズなど)ことは?

ランドセル最安値で買える時期は?サイズなど購入時の注意点!
ランドセルを買う時には、背負う時の重さも重要ですが、A4の本などが入るサイズであるかも重要になって来ます。

というのも、ひとくちにA4と言っても、3つの種類があるからです。

以下に簡単にご紹介しますと。

 

check!!

「A4の紙が入るタイプ」

こちらでは、A4のクリアファイルを入れても、縁が折れ曲がってしまうなんてことも。

型落ちのランドセルに多い仕様ですが、最近の教科書やファイルなどは、A4サイズの物が多いため、A4の紙が入るサイズは、出来るだけ避けましょう。




「A4クリアファイルが入るタイプ」

こちらではA4のクリアファイルが入ることはあっても、A4のフラットファイルなどは、これまた歪んでしまいます。

A4クリアファイルはもちろん入りますが、中にはフラットファイルが入らないタイプもありますので、こちらも注意が必要です。




「A4フラットファイルが入るタイプ」

少しランドセル自体は大きくなりますが、A4のフラットサイズのファイルが入るので、どんな種類の物でも安心です。

大きいとは言っても、1cm程横幅が広いくらいしか差はないので、もし買うとしたら、こちらのサイズがおすすめになります。

 

もっともフラットファイルは余り使うことがないかも知れないので、もしクリアファイルが入るタイプが安かったら、そちらを購入してもOKです。

 

他にも、買う時の注意事項として、

「6年保証」が付いているかどうかも重要です。

 

何しろ、ランドセルは6年間使うことを前提にしていますので。

引っ越して、お店に行けなくなる場合や、購入した店が閉店する可能性もあります。

 

修理中には、ランドセルが使えなくなるので、代わりのランドセルを使わせてもらえるかも合わせて確認しておいて下さい。

 

また、学校のロッカーを下見しておいて、ランドセルが入るかどうかも確認しておくと、より安心です。

 

 

 

ランドセル選びのポイント?

ランドセルを選ぶ際のポイントを、いくつかご紹介しますと。

 

check!!

●素材は何か?

ランドセルの素材を大きく分けると、
  • クラリーノ(人工皮革)
  • 牛皮
  • コードバン
などがあります。

 

コードバンは耐久力がありますが、その分重たいなどの欠点も。

値段もクラリーノには、安い価格帯の物もありますが、牛皮やコードバンでは高価な物しかないという欠点もあります。

そう考えると、クラリーノは比較的軽く、耐久性も高いですし、比較的安く買えるのでおすすめとなります。

 

どんな鞄であっても、使い方次第で、長く使うことも出来ますが、素材選びは意外と重要です。




●色やデザインで選ぶ時は?

ランドセルは、子供が背負う物ですし、長く使う物なので、出来れば子供の好きな色やデザインの物を買ってあげたい物ですよね?

特にカラーは、重要で、子供が選ぶ際のポイントは、大半がカラーなんですね。

 

男子に人気なのは「黒」「青と黒」「紺色」ですが、

女子に人気なのは「ピンク」「赤」「ラベンダー」「チェリー」などになります。

 

長く使ってもらうためにも、子供の好きな色をなるべく選びたい物ですね。

 

 

他にも価格帯、丈夫さ、重さ、A4ファイルが入るサイズかどうかなど。

選ぶポイントはいくつかありますが、最近のランドセルなら、安全性の問題などもクリアしている物がほとんど。

ですので、3万円台以上の価格帯のランドセルなら、とりあえず安心出来ると思います。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

ランドセル最安値で買える時期は?サイズなど購入時の注意点!
ランドセルの種類って、ここ最近はものすごく多くなりましたよね?

私の子供の頃は、赤か黒のランドセルしかなかったですし、何よりA4ファイルが入らなくて困った思い出もあります。

 

とは言え、ランドセルにはサイズ以外にも、選ぶポイントがあったりするので、一番良いのは、子供と一緒に買いに行って選ぶことだと思います。

 

実際に背負ってもらって、重くないか?色はどれが良いか?A4ファイルを実際に入れてみるなど。

 

子供も自分が背負うランドセルを選ぶのは、とても楽しいイベントだと思います。

カラーリングのバリエーションが増えてるのも嬉しいですね。

 

特に女の子は、赤だけじゃなく、ラベンダーとかあると、より選ぶのが楽しいと思いますし。

ランドセルは高価な鞄なので、できれば長く使って欲しい物ですよね?

 

購入する際のご参考になりましたら、幸いです。