〇〇と〇〇の違い

ラーメンと中華そばの違いとは?由来や発祥など詳しく解説!

ラーメンと中華そばの違いとは?由来や発祥など詳しく解説!

私はラーメンが大好きで、たまに外食となると、嬉しくなります。

でも、知らない土地でラーメン屋さんを探そうと思った時に、

 

看板にラーメンと書かれていたり、中華そばと書かれていて、困ることはありませんか?

 

単に呼び方が違うのか?

それとも、そもそも味が違うのか?

 

など、どちらを選ぶのが正解なのかと困ることがあります。

 

中華そばというと、細麺で、和風の味つけを連想する私は、豚骨味などがあるラーメンを選びたくなりますが、それがそもそも間違いだったら?

 

ラーメンは中華に分類されますが、そもそも中華料理にはラーメンって存在しないんですね。

湯麺という似た料理があるものの、ラーメンもは和食という説もあるんです。

 

今回は、ラーメンと中華そばの違いや、由来などをご紹介しようと思います。

 

 

 

ラーメンと中華そばの違いって何?

では、そもそもラーメンと中華そばの違いって何なんでしょうか?

実は、ラーメンと中華そばは、同じ物のことなんです。

 

それなのに、なぜ別々の名前で呼ばれるようになったのでしょうか。

 

check!!
  • 日本そばと中華そばを区別するために呼ばれるようになったから
 
  • チキンラーメンがヒットしたことで、ラーメンという名前が有名になったから
 
  • 醤油のあっさり風味のスープを使った物をラーメンなのに、中華そばと呼ぶ地域が出てきたから
 

などの理由が挙げられます。

 

 

呼び方の違いには、理由があったんですね。

ラーメンと中華そば自体は、同じ物なので、好きな呼び方をしても問題はないんですが、別々の名前で呼ばれると、違う物に感じてしまうので不思議ですよね。

 

 

日本そばと中華そばを区別する呼び方になったのは、戦後のことです。

 

戦後の食糧難の時代に、小麦粉を使ったそばが主流となり、そば粉を使った日本そばと区別するために、中華そばと名前が付いたそうです。

 

更にその後に、前述もしましたが、チキンラーメンと言うインスタントラーメンがヒットした背景を受けて、ラーメンと言う言葉が定着したみたいです。

 

今では、ラーメンの方が定着した感がありますが、元々は同じ物だということですね。

麺の種類とか、スープの種類で、違った呼び方をしているということではないんです。

 

もっとも、醤油ベースのあっさり目のスープを使ったラーメンは、今でも中華そばと呼ばれることも多いですが…。

 

結論からと言うと、ラーメンと中華そばは、同じ物を指しているということで、間違いはないと思います。

 

 

 

 
スポンサーリンク

ラーメンの由来と発祥は?

ラーメンの発祥は、大正時代にさかのぼります。

 

ラーメンの原点である中華そばが、ラーメンと呼ばれるようになったのは、この頃からと言われています。

 

 

では、なぜラーメンと呼ばれるようになったかには、諸説あります。

 

以下に簡単にご紹介すると。

 

check!!
  • 「拉麺」(ラーミェン)説
    中国語で、麺を引きのばして作る製法を、ラーミェンと呼ばれていたことから、徐々に変化して、ラーメンと呼ばれるようになったという説です。
 
  • 「老麺」(ラオシェン)説
    中国語で、そばを意味する「ラオシェン」がなまって、日本に伝わったと言う説です。
 
  • 「柳麺」(ラオミン)説
    大正時代に、浅草にあったそば屋の屋号が定着したという説です。
 
  • 「ラー麺」説
    大正初期に、ある中国人のコックが「ラー(日本語でハイの意味)」と返事をしていたので、そのコックが作るそばをラー麺と呼ぶようになったという説です。
 
  • 「好了」(ハオラー)説
    大正時代に、竹家食堂の店員が「ハオラー(出来ましたの日本語)」と言っていたことから、変化していって、名前が付いたという説です。
 

 

中華そば=ラーメンは、日本向けにアレンジされた逆輸入の料理とも言えます。

 

だからこそ、現代のラーメンは中華料理ではないと言えるんですね。

 

なぜかと言いますと、まずスープなどの味付けが違いますし、中華料理自体にはラーメンという名前の料理はありませんから。

 

 

そう考えると、カレーライスもイギリスから伝わったのに、本場のイギリスにはカレーライスがありませんよね?

日本人に向けたスープの味になったことで、徐々にラーメンと呼ばれていくみたいですね。

 

ラーメンの発祥は、大正時代からと考えると、歴史は余り古くはないんですね。

 

 

 

中華そばの由来と発祥は?

ラーメンと中華そばの違いとは?由来や発祥など詳しく解説!
ラーメンは大正時代にさかのぼりますが、

中華そばはもっと歴史が古く、1655年にまでさかのぼります。

 

黄門様でお馴染みの水戸黄門が、日本人の中で初めて中華そばを食べたと言う文献が残っているそうです。

 

もちろん!その頃は、庶民が食べられるものではなかったようです。

物めずらしさが水戸黄門に受け入れられたのかもしれませんね。

 

その後、明治時代になって中華街が出来た頃、どこかの中華料理店が中華そばの営業を始めたそうですが、この頃もまだ広まるまでは行きませんでした。

 

中華そばが庶民に広まったきっかけになったのは、北海道の函館にある「養和軒」というお店で、「南京そば」というのが話題になったことから。

 

 

中華そばという名前ではなかったみたいですが、これが庶民の間に広まるきっかけになったのでは?と言われています。

 

 

そしてこれを機会に、日本全国に次々と中華そばのお店が登場するようになります。

 

明治43年には、東京の浅草に、初めて庶民向けの中華そば店が登場しますが、「来々軒」というお店の名前は、一度は聞いたことがあるかもしれません。

 

 

当時は、まだ一軒も中華そば屋がなかった時代は、鰹節や昆布で出汁を取る店が多く、かなりの冒険だったようです。

当時の中華そばは、豚骨に鶏ガラのコクを加えるというスープで、今の中華そばとほとんど変わりがない味だったらしく、浅草で大人気となったそうです。

 

「来々軒」という名前の中華そば店でしたが、時代の変遷と共に、お店の名前が変わったりもしていますが、当時の味を守り続けているとのこと。

 

 

中華そばが、庶民向けになるのは後のことですが、歴史自体は古かったんですね。

水戸黄門が、どんな風に食レポをしていたのか、個人的に気になる所です。

 

 

 

支那そばも違うものなの?

ラーメンや中華そばの違いや由来はわかりましたが、それとは別に「支那そば」というのもありますよね?

 

この「支那そば」というのは、ラーメンのジャンルによって分けられていると思われがちですが、実は単に作られた時代による呼び名なんです。

 

明治時代初期に「南京そば」と呼ばれていた中華そばですが、それが明治時代中期になると、「支那そば」と呼ばれるようになります。

ただ、戦後には、「支那」という言葉の使用を自粛する要請が出てきたことで、「支那そば」は「中華そば」にと名前を変えて行きます。

 

 

check!!

「南京そば」「支那そば」「中華そば」も中国から伝ったものなので、当時の中国の名称が付いているだけで、中身は同じ物です。

 

 

 

ちなみに、前述しましたが、ラーメンという呼び方が広まったのは、1958年に「チキンラーメン」が日清から販売されたからと言われています。

このインスタントラーメンが一躍人気者になり、ラーメンと言う言葉も広まったとされています。

 

中華そばや支那そばは、味に違いがあると思われがちですが、単に呼び方が違うだけで、中身は同じ物です。

 

もし中華そばが、日本発祥だとしたら、「平安そば」とか「江戸そば」に変わっていたかもしれないと思うと、少し面白いですね。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

ラーメンと中華そばの違いとは?由来や発祥など詳しく解説!
中華そばや支那そば、ラーメンは元々同じ物を指していたんですね。

時代の変遷で名前が変わっていくというのは、本当に時代を超えて愛される料理だったということかも知れません。

 

初めて中華そばを食べたのが、水戸黄門だったのにも驚きです。

「あのおじいちゃん、ハイカラな物を食べて。」なんて、当時の人に噂されていたかも?と思うと、歴史というのは面白いものですね。

 

ラーメンが普及したのは、日清のインスタントラーメンの影響というのも、なるほどなぁと思います。

良く日本人は発明が苦手だ。なんて言葉を聞きますが、そういう人にはインスタントラーメンを食べさせてあげたいですね。

 

これこそ、日本の発明だ!と堂々と言えるほど、インスタントラーメンもまた、時代の変遷を経て、進化していると思います。

 

結局は名前の呼び方の違いでしたが、この機会にラーメンの名前の由来など知っておくと、より楽しいかも知れませんね。