雑学・節約術

風邪の時など寝る時にマスクして大丈夫?ニキビできない?

風邪の時など寝る時にマスクして大丈夫?ニキビできない?

風邪をひいた時って、寝る時に鼻水や咳が酷いと、寝られずに辛いですよね?

特に、鼻水が酷いと息苦しくて、本当に風邪は厄介だと思います。

 

風邪の時には、マスクをしますが、マスクは自分の症状を和らげるのはもちろん!

他の人に風邪を移さないためにも、必須のアイテムです。

 

ただ、寝る時にマスクをしても大丈夫なの?と、気になったことはありませんか?

 

息が苦しいのに、マスクをしたら、余計苦しいんじゃないの?とか、大丈夫かな?と不安になることもあると思います。

 

またマスクをしたことで、ニキビが出来るなんて話もありますよね?

 

マスクは風邪の時には、必ず付けたいものですが、寝る時にマスクが果たして有効なのかどうかが気になる所。

 

今回は風邪の時など寝る時にマスクはOKなのかどうか、ニキビが出来るという話は本当なのか?を簡単にまとめてみました。

 

 

 

風邪の時にマスクは予防になるの?

そもそも風邪の時にマスクを付けると、本当に風邪の予防になるのか不安に思ったことがあると思います。

マスクの中に濡れたティッシュを入れると良いとか、色々な方法が巷には溢れていますが、本当に予防出来るものなのでしょうか?

 

ですので、予防できるかもしれないマスクの役割など、以下に簡単にまとめてみました。

 

check!!

1:体液が飛び散るのを防ぐため

口の中や鼻の中には、唾液だったり、鼻水だったりと、体液が詰まっています。

極端な話、しゃべるだけでも、それらの体液は飛び散ります。

 

体液にもし細菌があった場合、体液と一緒に細菌が飛び散ることになり、自分だけでなく、周囲の人にも迷惑をかけてしまいます。

 

咳をした時に、マスクを付けていないと、1mくらい体液が飛び散るそうなので、怖いですよね?




2:感染症の拡大防止

マスクをしていれば、体液は飛び散らずに済み、周りの方にも風邪などが移らずに済みます。

特に、風邪やインフルエンザなどは、体液から感染することが多いんです。

 

マスクをせずに、咳やくしゃみをしている人は、不快なイメージを与えますので、マスクは風邪の時などには必須と言えるんですね。




3:異物の侵入を防ぐ

マスクをすると、空気中に漂っている細かい異物の侵入を防ぐことも出来ます。

例えば、埃が多い場所を掃除する時など、マスクを付けますよね?

埃が体内に入ることでも、咳やくしゃみが出てしまうことも。

 

 

とこれらの役割があるマスクですが、注意点もあります。

 

マスクを付けていると、顔の大半が隠れてしまいますよね?

そうなると、仕事の種類によっては、マイナスイメージを与えてしまうことも。

 

また、長時間つけていると、息苦しくなったりするので、マスクも万能ではないと言うことを覚えておいて下さい。

 

 

 
スポンサーリンク

マスクの正しい選び方?

マスクは付け方を間違うと、効果が半減することもあるって、ご存知でしたか?

どうせマスクを付けるなら、正しい装着方法で、効果的に付けたいですよね?

 

以下にマスクの選び方などを、まとめてみました。

 

check!!

マスクを付けるのはどんな時?

インフルエンザや花粉症などの時には、必ずマスクをつけましょう。

やはり他人に移すのは、嫌ですしね。

 

また、空気が乾燥している時にも、マスクは効果的です。

例えば、夜寝る時に部屋が乾燥している場合などは、マスクで保湿効果を得ることも出来ます。




マスクの正しい選び方

一口にマスクといっても、今は色々なタイプがあり、迷ってしまいますよね?

もし鼻水や咳が止まらないと言う場合には、鼻まで覆うタイプを選んでみましょう。

 

布製のマスクは、洗えばまた使えるようになるので、便利に思うかも知れませんが、細菌は洗濯しても消えないこともあります。

ですので、衛生面から考えると、使い捨てのマスクの方が良いと思います。

 

値段が高いマスクだと、しっかり口元を覆えますが、逆に息苦しくなることもありますので、普通の使い捨てマイクで充分です。

 

マスクは自分の風邪予防にもなりますし、相手に移さないようにするためでもあります。

エチケットの一つとして、風邪をひきそうだな?と思った時には、マスクを付けるようにして下さい。




マスクを付けるなら、衛生面も気をつけましょう!

前述もしましたが、布製のマスクは、洗濯をしっかりとしないと不衛生です。

何回も同じマスクを使い続けると、布の繊維に細菌が付着してしまうことも。

 

マスクの置き場所も気をつけないと、マスクに細菌が付着します。

そして、マスクは鼻まで覆うタイプを使うようにすると、口だけの時よりも、効果が上がります。

 

 

 

寝る時にマスクを付けた時のメリットとデメリット

寝る時にマスクを付けるのって、良いのか悪いのか気になりますよね?

マスクを付けながら寝ると、息苦しいイメージもありますが、実際の所はどうなんでしょう。

では、寝る時にマスクを付けた時のメリットとデメリットをまとめてみました。

 

check!!

メリット1:風邪の予防になる

マスクを付けて寝ると、風邪の予防になると言っても、細菌などをシャットアウト出来るわけではありません。

マスクを付けることで、湿った空気が喉に入るので、呼吸がしやすくなるということです。

 

また、冷たく乾燥した空気を好む細菌が増えるのを防げるんです。

周囲の人にも感染するのを防げますので、寝る時にマスクもなかなかにおすすめです。




メリット2:保湿効果が期待できる

外の空気は、埃や排気ガスなどで、汚れていることが多いです。

そんな時に、マスクをすると、自分の呼吸でマスクが湿るので、喉が楽になることもあります。

マスクの内側に、湿ったティシュを入れると良いと言うのは、このためですね。

 

乾燥すると細菌が増えるので、保湿効果が期待できるマスクを付けると、風邪予防にも効果があるというわけです。




デメリット1:肌に悪い

マスクを付けて寝ると、人間は寝返りをうつ動物ですから、どうしてもマスクと自分の肌がすりあってしまいますよね?

酷い時には、起きてみたらマスクの跡がついてたなんてことも。

 

また、マスクを付けて寝ると、やはり寝苦しくなることが多く、風邪は予防出来ても、肌荒れや寝不足になることもあります。

100枚単位で売っている安いマスクなどは、ワイヤーが引っ掛かることもありますので、肌に良くないという意味では、寝る時にはそれがデメリットになります。




デメリット2:ニキビが出来ることも?!

マスクを付けて寝ると、自分の呼吸でマスクが湿ることで、保湿効果が得られると書きましたが、その湿度がネックになることもあります。

湿った空気は、ニキビやカビの基になる細菌を増やしてしまうこともあるんです。

 

ですので、ニキビが出来やすい人には、マスクを付けての就寝はおすすめ出来ません。

 

 

マスクを付けて寝るよりも、加湿器などを使った方が、もしかしたら効果が出るかも知れませんね。

 

もしどうしてもマスクを付けて寝るなら、ちょっと高めのワイヤーを使わないタイプを使えば、肌のダメージは少ないです。

 

普段は安いマスクで充分ですが、寝る時にはマスク選びも考えてみましょう。

加湿器は、冬場に活躍するので、一個は家にあると便利ですね。

 

 

 

寝る時のマスクは、ニキビが出来る?

風邪の時など寝る時にマスクして大丈夫?ニキビできない?
寝る時にマスクをすると、ニキビが出来やすくなると書きましたが、逆にニキビ予防になるという説もあります。

どういうことかと言いますと、ニキビが出来る原因の一つに、肌の乾燥があるからです。

 

体が乾燥状態になると、乾燥を防ごうとして、体から皮脂を分泌させ、水分の蒸発を防ごうとします。

そうなると、ニキビの原因の皮脂が多くなります。

 

寝る時にマスクをすることで、乾燥を防げるので、結果ニキビを防げると言うわけです。

 

ですので、マスクを付けて寝るのは、ニキビが出来にくい人には有効です。

 

 

逆に、ニキビが出来やすい人には、寝る時のマスクは危険とも言えます。

なぜ危険なのかと言いますと、こちらも前述しましたが、

 

マスクとの摩擦によって、ニキビの炎症を垢化させることがあるからです。

 

炎症が酷くなると、顔にデコボコが出来てしまったりするので、女性だけでなく男性にも嬉しくないことですよね?

 

更には、マスクの加湿効果が強くなりすぎると、ニキビの元になる菌やカビなどが増殖してしまうことも。

ニキビと言うのは、肌バリアが上手く機能していない時に出来ます。

 

ニキビが出来ない人や、口呼吸が多い人には、寝る時のマスクは有効ですが、ニキビが出来やすい人などは、寝る時にマスクをしない方が良いです。

 

もしどうしても部屋の乾燥が気になるなら、加湿器を使うのがおすすめです。

最近は、アロマ系の加湿器もあるので、より心地よい睡眠を得られそうですね。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

風邪の時など寝る時にマスクして大丈夫?ニキビできない?
マスクは、使い方によっては、かなり有効に風邪などを防ぐことが出来るんですね。

マスクをしないと、周りの人に風邪などを移すことがあるので、マスクを付けることは、一種のエチケットとも言えると思います。

 

ただ、私の場合は、冬外を歩く時には、マスクを付けられません。

なぜかと言うと、メガネが曇って、何も見えなくなってしまうから。

 

ちょっとの段差も見えなくなるので、冬場は、病院などの室内に入ってから、マスクを付けるようにしています。

 

夜マスクのニキビが出来るというのも、人によって違いがあるんですね。

 

口呼吸で、喉を傷めてしまう人には、マスクを付けて寝るのも効果的ですが、やっぱりニキビに限らず、細菌が増えるのは嫌ですよね?

 

結局のところ、風邪の時には、マスクを付けて寝るよりも、加湿器の方が効果があるみたいです。

 

ただ、手軽に風邪予防が出来るという点では、マスクは重宝します。

 

外に加湿器を持って歩くわけにはいきませんし。

マスクなしで咳をすると、周囲に菌をばらまくことにもなりますので、周りに不快な思いをさせないためにも、マスクは着用した方が良いみたいですね。