LLとXLと2L一番大きいのは?違いは何?ELは何番目に大きい?
洋服屋さんに行くと、最近は大きいサイズも売ってるので便利になりましたよね?

 

でも、LLLくらいはわかりますが、XLとかELと書いてあると、

どのくらいの大きさなのかわかりにくいことがありませんか?

 

3Lとか4Lとか書いてあるお店もありますが、XLとか英語で書かれてあると、英語の出来ない私にはさっぱり意味がわかりません。

 

 

どの程度の大きさかわからないと、比較のしようがありませんし、わかりにくくて本当に困ります。

特に、英語圏の通販サイトでは、この表記が多いので、サイズ表を見ても、試着が出来ない分、大きさを詳しく知りたいですよね?

 

 

ということで、今回はLLや2L、XLなどのサイズについて、わかりやすい比較方法をご紹介しようと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

LLと2L、XLで一番大きいのは?

良く洋服屋さんで、サイズにLLと2Lなどと表示が分かれていますが、実はどちらも同じサイズを表しています。

 

ですので、LLと2Lは同じ物だと思って良いです。

 

 

Lの一つ上のサイズ(大きさ)ということで、LLを二つ並べたり、2Lなどと書いてあるんですね。

 

check!!

ちなみに、XLもLLや2Lと同じサイズです。

 

 

表記方法は、国内のサイトや洋品店では、LLや2Lが使われ、海外の洋品店や通販サイトではXLが使われている事が多いです。

 

 

でも、聞いた感じでは、XLとLLが同じイメージって少ないですよね。

何となく、XLはかなり大きいイメージがあると思います。

 

でも前述したように、LLも2LもXLも、実はどれも同じサイズを示しているんです。

 

ただ、同じサイズと言っても、メーカーによって、若干サイズに誤差が出てきます。

 

こちらのLLの服は着られたのに、海外通販で買った服は着られなかった!なんてこともあるかもしれません。

ですので、サイズの表記だけでなく、寸法もチェックするのをおすすめします。

 

 

紛らわしい表記ですよね。

出来れば、統一して欲しいというのが正直なところです。

 

 

 
スポンサーリンク

表記の違いは何?

洋服のサイズには、S、M、L、LLなど色々ありますが、同じLLサイズでも、一方の服は入ったのに、片方は入らなかった!

なんて悩みをお持ちの方も多いと思います。

 

実は国内ブランドと海外ブランドでも、表記にも違いがあるんですね。

 

 

というのも、日本人の体型と海外の人の体型には違いがあるからです。

 

もしこんな失敗を犯したくないと思った時には、自分のサイズもしっかりと計る必要があります。

 

check!!

寸法には、「ヌード寸法」と「仕上げ寸法」がありますが、

重要になってくるのはヌード寸法の方です。

 

ヌード寸法は、服を着ない状態=下着を付けた状態で計る寸法の事で、しっかりと計らないといけません。

同じLやLLでも、寸法に若干の差が出てきます。

 

Lなどの表記は参考程度にして、実際に買う時には、ヌード寸法を比べないといけません。

 

ちなみに、仕上がり寸法は、服を着た上で計る寸法のことです。

 

 

簡単に言ってしまうと、ヌード寸法は体のサイズのこと。

仕上がり寸法は、服のサイズと大別出来ます。

 

 

日本ではJIS規格というのがあり、日本人に向けたわかりやすい表記がされていますが、海外ブランドではそれがないため、わかりづらいんですね。

 

また、日本ではSやLなどの表記のほかに、「号表記」というのがあります。

こちらは、良くスーツとかにも使われていますよね?

 

海外で日本の号表記をあてはめると、例えば日本で7号の服は、アメリカでは4と表示されることもあります。

 

 

海外の洋服などを買う時には、インポート表記が使われるので、SやLなどの表記だけでなく、ヌード寸法などもチェックするようにして下さい。

 

 

 
スポンサーリンク

服のサイズは、メーカーによっても違いが?

 

check!!

S、M、Lなどと表記されている場合には、日本のJIS表記になっているので、日本で服を買う時には、メーカーによって差は余りありません。

 

 

ただ、前述もしましたが、海外のメーカーの服は同じMサイズだとしても、若干大きめになっていることが多いです。

 

このSやLなどのサイズは、日本の標準的な体型を示した寸法なので、体にフィットするかどうかは着てみないとわからないことも。

レディースの服に多いんですが、SSやXSなどと表示されていることがあります。

 

 

でも、実際にはMサイズの服だったりと、サイズはある程度の目安にしかならないんですね。

女性は、自分の本当のサイズよりも、より細い服を着たいという願望があるので、MをSSなどと表記することがあるんです。

 

サイズはあくまでも参考にして、一番確実なのは実際に試着することです。

実際同じMサイズと記してあっても、小さすぎたり、大きすぎたりと、人によって様々です。

 

 

例えば、胸が大きい人でしたら、身長が同じだとしても、Mではきつすぎる可能性もありますし、もちろん逆もあります。

試着するのが面倒に感じることもあるかもしれませんが、もし自分にフィットした服を探そうと思ったら、試着するのが一番失敗がないです。

 

 

 

サイズに余り惑わされずに、まずは試着してみましょう!

 

 

 
スポンサーリンク

ELって何番目の大きさなの?

LLとXLと2L一番大きいのは?違いは何?ELは何番目に大きい?
LLやXLはわかりましたが、ELっていう表記もたまに見かけますよね?

ELは、一体どれくらいのサイズなんでしょう?

 

結論から言ってしまいますと、EL=3Lと考えて間違いありません。

 

順番に表記すると、わかりやすいと思いますので、小さい順番から並べてみますと。

 

check!!

日本のJIS規格で新しい表記方法では。

M、L、LL(2L)、3L、4Lなどと表示されます。

 

JIS規格でも古い物ですと。

M、L、LL、EL、ELLと言う風に表示されていた名残ですね。

 

 

ELは、3Lと同じサイズと思って間違いないです。

 

 

では、ELの「E」は何の略なのでしょうか?

 

「E」とはEXTRAの略で、日本語の意味は「特別な~〇〇」という感じです。

 

ELを略さずに、日本語で発音すると、エクストララージ、またはエキストララージと呼びます。

日本語の表記でもこれだけ種類があるんですね。

 

本当に表記を統一して欲しいものです…。

 

ちなみに私が良く行く量販店では、ELも3Lと表記されているので、わかりやすくて助かっています。

最近は、日本人も欧米の人とサイズが似通っていることもありますので、表記もこれから変わる可能性もありますね。

 

 

 

まとめ

LLとXLと2L一番大きいのは?違いは何?ELは何番目に大きい?
服のサイズ表記が、色々違うのは、日本のJIS規格が変わったことと、海外のサイズが混じっているからなのかも知れません。

 

やはり日本人としては、ELよりも3Lと書かれた方がわかりやすいですし、LLと2L、XLが同じ物なんて、普通わからないですよね?

服のサイズ表記は、あくまでも目安ということですね。

 

やはり服を買う時には、サイズは目安程度に考えて、試着してみるのが一番だと思います。

 

 

もし通販サイトで試着出来ない時には、ヌード寸法などもしっかりと確認した上で買う必要があります。

どの通販サイトでも、返品を受け付けているわけではありませんので。

 

特に、高価な服を買う時には、試着は必須です。

 

どうしても欲しい服が通販サイトにしかないという場合は、サイズ表記以外の号などのサイズもチェックするのをおすすめします。

 

服のサイズの表記について、参考になりましたら幸いです。