スポンサードリンク

服についたタバコの臭い消しまとめ!おすすめはやはりスプレー?
タバコの臭いって気になりますよね?

吸ってる本人はさほど気にならないんですが、吸わない人は臭いが気になるみたいです。

 

お酒とはまた違った臭いで、服とかに臭いがつくと、なかなか取れないんですよね。

 

 

でも、消す方法となると、これがまた難しいんですよね。

香水とかでごまかそうとしても、香水の香りと混じって、余計に酷い臭いになりますし。

 

 

最近は、消臭のスプレーとか沢山出てますが、効き目はメーカーによって様々ですし。

 

スプレーがやはりおすすめだとは思うんですが、他にも消臭の方法があるとしたら、知りたくはありませんか?

 

ということで、今回は服についたタバコの臭いを消す方法と、おすすめの消臭スプレーなどをご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

タバコって、どうして臭うの?

タバコは臭いがきついと言いますが、そもそもなぜ臭うんでしょう?

 

実はタバコには、アンモニアスカトールという悪臭成分が含まれているんですね。

 

 

良く知られているニコチンやタールなどの成分が臭っているわけではなくて、アンモニアなどの悪臭成分が臭う原因というわけです。

 

 

タバコ産業では、悪臭を抑えるタバコも販売していますが、これは逆に言うと、タバコが臭うことの証明でもあります。

タバコが臭わないなら、臭いを抑える必要はありませんので。

 

タバコを吸わない人はもちろんですが、タバコを吸う人であっても、他人のタバコの臭いは気になると言います。

 

ある実験結果によれば、約半数の人が他人のタバコの臭いが気になると言っています。

 

 

タバコを吸わない人にとってみれば、タバコを吸う人が他人の臭いを気にするなんて…。

と思うかも知れませんが、実際は不快に感じる人が多いんですね。

 

悪臭の原因であるアンモニアは、おならの臭いの元でもありますし、学生時代の理科の実験で臭いを嗅いだことがあると思います。

その臭いは、思わず鼻をつまんでしまうほどの悪臭。

 

アンモニアは、ニコチンの吸収を増やすために入ってるらしいのですが、依存の原因はアンモニア?と疑ってしまいますね。

 

またスカトールもタバコの悪臭の原因(豚の悪臭もこれが原因です)とされていて、ちょっと毒性もある危険な臭いなんです。

 

 

これらの成分が含まれているなら、タバコが悪臭というのにも納得ですね。

タバコは依存症の方がいるくらい、なかなか止められないものです。

 

 

ただ、ダイエットに適しているなどと言われますが、これは嘘です。

逆に髪の毛が抜けたり、皮膚が荒れたりしますので、ダイエット目的の喫煙は止めた方が無難です。

 

 

タバコは唾液の量も抑えてしまい、口の中が乾燥することで、口臭なども酷くなります。

 

タバコは、自分も他人も不快な気分にさせる臭いを放ちますが、煙だけではなく、成分にすでに悪臭を放つ成分が含まれているということですね。

 

 

 
スポンサーリンク

服についたタバコの臭いを消す方法は?

タバコの臭いがなかなか取れないのは、複数の悪臭成分が含まれているからと書きましたが、複数のというのが実は厄介なんです。

というのも、一つの臭いを消すことが出来ても、複数の臭いを一気に消す方法というのはなかなかないんですね。

 

それでも、服についたタバコの臭いを取りたい!と言う時には、以下の方法がおすすめです。

 

check!!

スチームアイロンを使う方法

蒸気を服にたっぷりと付けて、蒸気が服に残っている間に、パタパタと服を振るだけでOKです。

スチームで浮いてくれた悪臭成分が、服に戻らないように、服を振ると良いんですね。

 

簡単な方法なので、スチームアイロンをお持ちなら、ぜひ試してみて下さい。




ドライヤーの風を使う場合

まず、ドライヤーを冷風にセットし、20cmほど離れた場所から、服全体に風を当てるだけでOKです。

完全な消臭とまでは行きませんが、表面の臭いは取ってくれます。

 

急いでいる時に、お手軽に出来るのでおすすめです。

ちなみに、脱いだばかりの服では湿気が残っているので、その時は温風を使って下さい。




浴室で乾燥させる場合

お風呂上がりは、室内に湿気がこもっていますよね?

湿度の高い状態で、服を一晩つるしておくと、湿気が臭いをくっつけて取ってくれます。

 

もちろん、そのままだとカビてしまうこともありますので、臭いを取った翌日は風通しの良い場所に干し替えて下さい。




脱臭剤を使う場合

臭いがどうしても取れない場合は、脱臭剤と一緒に服をビニール袋などに入れ、一晩置くと良いです。

脱臭炭などで、タバコの臭いを消してくれるタイプもありますので、そちらを使ってみて下さい。




消臭スプレーを使う場合

外出時に、消臭スプレーをかけてからというのは、割と使う方も多いです。

ただ、ここでは注意点が一つあって、無香タイプの消臭スプレーを使うようにしましょう。

 

タバコの臭いは、結構きついものがあるので、別の臭いと混じると、より悪臭に感じることも。

臭いを消したいからと、香料入りのスプレーを使うと、逆効果になることもありますので、気を付けて下さい。

 

 

 
スポンサーリンク

タバコの臭いがついた洗濯物の洗い方は?

タバコの臭いがついた服を、洗濯機で洗う時には、臭いが付いた服と付いてない服を一緒に洗わないようにします。

そして、洗濯機自体に臭いが付いている可能性もありますが、その時は、臭いが逆戻りする可能性もあります。

 

もし洗濯機の臭いが気になるようでしたら、あらかじめ洗濯槽クリーナーなどで、洗濯機自体を綺麗にしてから洗って下さい。

 

 

実は臭いも気になる所ですが、それに加えて、タバコを吸うと、服自体にもヤニがつくことがあります。

臭いも落としにくいですが、ヤニもまた落としづらくて、困りますよね。

 

服に付いたヤニは、なかなか落ちないので、臭いと共にヤニも気になる所です。

 

そこで、タバコのヤニを落とす簡単な方法を、以下に3つご紹介します。

 

check!!

漂白剤を使う方法

ヤニの汚れは、水溶性の汚れなので、中性洗剤やせっけんなどを使えば落ちます。

それでも落ちない場合に限り、漂白剤を使って下さい。

 

ただ、服の種類によっては、色落ちする可能性がありますので、色落ちしない漂白剤も一つ用意しておくと良いかもしれません。




洗濯石鹸と酵素系粉末漂白剤を使う方法

洗濯石鹸でモミ洗いし、酵素系粉末漂白剤を使えば、色がある服でもヤニを落とすことができます。

40度以上のお湯を使うのが、ポイントになります。

 

その後しっかりとすすぎ、今度は50度くらいのお湯で、粉末の漂白剤などを溶かし、服を2時間ほど漬けておき、その後またしっかりとすすげばOKです。

ここで注意なのですが、順番は必ず、洗濯→漂白を守って下さい。

 

また、必ず酵素系の漂白剤を使うことと、お湯の温度にも注意して下さい。




専門店にお願いする方法

家で取るのが大変とか、失敗したらどうしよう?と思った時には、クリーニング店など専門店にお願いするのも、一つの方法です。

その場合は、クリーニング店かシミ抜き専門のお店にお願いするのがおすすめです。

 

断られる場合もあると言いますが、専門店にお願いするのが一番簡単です。

専門店のおすすめとして「武田クリーニング」というお店があるのですが、こちらだと断られる可能性が低いそうです。

 

ネットでも専門店が多くありますので、近場のお店で断られたら、ネットで探すのも一つの方法ですね。

 

 

 
スポンサーリンク

タバコの臭いを消すなら、おすすめは消臭スプレー?

服についたタバコの臭い消しまとめ!おすすめはやはりスプレー?
服についたタバコの臭いを消すのに、やはりおすすめなのは、やはり消臭スプレーです。

消臭スプレーは数多くありますが、こんなタイプのものを選ぶようにして下さい。

 

check!!

香料が入っていない物を選ぶ!

スプレーを選ぶ時には、無香料タイプを選ぶようにして下さい。

香料入りのタイプは、臭いを重ねてごまかしているだけです。

トイレなどなら問題はないかも知れないですが、服に強い臭いが付いたら嫌ですよね?

個人的におすすめなのは、ファブリーズの無香料タイプですが、とにかく香料が入っていない物を選ぶのがポイントです。




粘性が無いタイプを選ぶ!

粘性があるタイプの消臭スプレーを使ってしまうと、そのネバネバ成分が、埃などもくっつけてしまいます。

埃だけでなく、臭いも吸着してしまうので、粘性のない物を使う方が良いと思います。




反応式消臭タイプを選ぶ!

反応式消臭とは、元になる臭いを臭わない物に変えてくれるタイプの消臭剤です。

元々の臭いを消すので、臭いが逆戻りすることはありませんし、沢山の臭いがあっても瞬間的に消してくれるタイプです。

とはいっても、何種類ものタバコ臭全体に効くほどの効果はありません。

ただ、使えば、かなりの消臭が実感できるのは間違いないです。

 

中には、服に付いたタバコの臭いを、軽減してくれるタイプの消臭スプレーがあります。

ヌーラという消臭スプレーなのですが、こちらはそもそも臭いが付きにくい服にしてくれると言うものなので、おすすめです。

 

 

 

まとめ

服についたタバコの臭い消しまとめ!おすすめはやはりスプレー?
タバコの臭いの元になる成分は、色々あったんですね。

タバコの臭いと言えば、それほど汚いイメージはありませんが、アンモニアが含まれてるとなると、ちょっと気になりますよね?

 

他人が吸っているのは気になっても、自分のタバコの臭いには、なかなか気づきにくいものです。

 

そして、消臭するのに、芳香剤を使っては、逆効果なんですね。

 

最近はタバコ臭などを、無香料タイプの消臭スプレーで消すなんていうのもありますが、CMでは本当に?と思ってしまいます。

 

でも、実際にタバコの臭いが消えたら、喫煙者であっても、肩身の狭い思いをしなくて済むかも知れませんね。

タバコの臭いが気になったら、簡単な方法で消す方法もご紹介していますので、参考になりましたら幸いです。

 

 

スポンサードリンク