生活・雑学

怖い夢を連続で見る…見ない方法ないの?原因や対策方法教えて!

怖い夢を連続で見る…見ない方法ないの?原因や対策方法教えて!

子供みたいと笑われるかも知れないですが、私はアラフォーでも怖い夢を連続で見ることが多いです。

 

エスカレーターに乗っていたら、先が狭くなり、つぶされる夢であったりとか。

煉瓦の狭い壁から落ちる夢だったりとか、歯が全部ぼろぼろに崩れる夢であったりと、我ながら多彩な悪夢を見ます。

 

怖い夢を見ると、一日何となく落ち着かないこともあります。

 

子供だったら、怖い夢を見たと言ったら、何だか心配になったりもしますよね?

 

夢を見ると言うことは、充分な睡眠が取れていないからとも言われますが、出来れば怖い夢は見たくないものです。

 

 

怖い夢を見る原因は、どこにあるのでしょう?

 

もし怖い夢を見なくなる方法があれば、知りたくはありませんか?

 

 

ということで、今回は怖い夢を連続で見る原因や、見ない方法や対策などをご紹介しようと思います。

 

 

 

怖い夢を連続で見る原因は?

怖い夢を連続で見る原因は、沢山ありますが、

その中でも一番の原因は、ストレスによるものが多いそうです。

 

ずっと悩んで考え込んでいる人は、寝ている間にも知らず知らず、体が考えこんでしまうんですね。

そうなると、ストレスの原因となる悩みが、夢にも現れるというわけです。

 

 

他にも、枕やマットレスなどの寝具が体にあっていないと、怖い夢を見ることが多いそうです。

 

寝具が合っていないと、体が常に緊張状態になるので、リラックス出来ず、良い睡眠を得られません。

睡眠が十分にとれないと、それがストレスになり怖い夢を見るようになります。

 

 

また、寝る時の姿勢も重要で、うつ伏せで寝たり、胸の上に手を置いた状態で寝ると、こちらも怖い夢を見ると言われています。

更には、生活習慣の乱れが怖い夢の原因になることもあります。

 

食生活の乱れや就寝前にPCでの作業が多すぎたり、スマホを長時間操作すると、それがストレスになり、安眠できなくなります。

安眠できないと、それが原因で、怖い夢を見ることも多くなります。

 

 

基本的には、怖い夢を見るのは、総じてストレスによるものが多いと言うことですね。

ぐっすり眠っている時、人は夢自体を見ることがありません。

 

怖い夢にうなされる時って、何かの不安やストレスで悩みこんだりして、ぐっすりと眠れていないことが多いんです。

ストレスをゼロにすることは出来ませんが、普段の生活で少し気をつけるだけで、怖い夢を見ることもなくなると言います。

 

 

怖い夢を見て、寝汗でびっしょりというのは、出来れば避けたいですよね?

 

夢は子供であろうと、大人であろうと、良く眠れていない時に見るものということですね。

 

 

 
スポンサーリンク

怖い夢を見ないようにする対策方法とは?

怖い夢を見る原因の大本は、ストレスが原因と書きましたが、原因が分かれば対策方法などもあります。

 

✅ストレスが主原因で怖い夢を見る時の対策方法

寝る前に軽く運動をしたり、半身浴をしたり、アロマ等を焚いて眠るという方法があります。

どれもリラックスするための方法ですが、しっかりと眠れることで、怖い夢を見なくなります。




寝る姿勢や寝具が原因で怖い夢を見る時の対策方法

マットレスや枕を体に合う物に変えるのはもちろんですが、布団を羽毛などの軽いものに変えるだけでも効果があるそうです。

寝具を洗ったりして、良い香りに包まれても効果があるらしいので、怖い夢を見る方は寝具を見直してみるのも良い方法と言えます。




✅生活習慣の乱れが原因で怖い夢を見る時の対策方法

睡眠の一時間前までは、食事を取らず、温かい飲み物(カフェイン入りはダメです)を飲んだりして、リラックスしてみましょう。

スマホやPCであっても、就寝一時間前には作業を終えておきましょう。

毎日決まった時間に寝るだけでも、ぐっすりと眠れるようになり、悪い夢を見なくなります。

 

 

怖い夢を見るか、楽しい夢を見るかには個人差があります。

でも、怖い夢を見ないようにするには、そもそも夢を見ないようにするのが一番てっとり早いです。

 

普段眠れてなくて、怖い夢を見るという方は、ぜひ上記の方法を試してみて下さい。

 

 

 

なぜ怖い夢は覚えているの?

夢を見る時って、不思議と良い夢は起きたら忘れているのに、怖い夢は内容を覚えているってことありませんか?

 

でも実は、

怖い夢=悪夢というわけではないんです。

 

 

と言うのも、怖い夢というのは、悪い癖などを治すために、体が警告しているサインかも知れないからです。

 

例えば、歯がぼろぼろに崩れる夢を見たとしたら、歯をしっかりとケアしていないことへのサインなのかも知れません。

はっきりと自覚していないだけで、人間は潜在意識下で、様々な内容の悩みを抱えています。

 

それが怖い夢として現れることが多いんですね。

 

日常生活で満たされないことがあると、それが原因で怖い夢を見ることもあると言います。

怖い夢を見たら、内容を覚えているというのは、それだけ自分の中の悩みが多いということかも知れません。

 

怖い夢は、自分にとって衝撃のある内容が多く、それで夢を思い出してしまうんですね。

どちらにしても、悪夢でうなされるのは嫌なものですので、夢を見ないように、普段の行動を見つめ直すことは必要かも知れませんね。

 

 

 

怖い夢を見るのは、なぜ子供に多いの?

怖い夢を見るのは、子供に多いって良く聞きますよね?

それは、何故かと言いますと。

理由は大別して、2つあります。

 

check!!

一つ目の理由は、大人より子供の方が敏感で刺激を受けやすいからだと言われています。

何かショックな出来事が起きたりすると、それが夢に反映されやすいんですね。

 

 

二つ目の理由は、子供の方がレム睡眠の確率が高いからとされています。

レム睡眠とかノンレム睡眠という言葉は、一度は聞いたことがあると思うのですが。

 

レム睡眠というのは、浅い睡眠であることを指します。

夢はレム睡眠下で、見ることが多いとされています。

 

子供はこのレム睡眠の状態が、大人より長いことが多いです。

ですので、子供の方がレム睡眠の状態が長いので夢を見る回数が多い=怖い夢を見る回数も多くなりがちです。

 

 

ただ、ノンレム睡眠時であっても、人は夢を見ます。

単にレム睡眠の時の方が、夢を見やすいと言うだけです。

 

でもそう考えると、大人で怖い夢を見ることが多いのは何故なのでしょうか?

これは前述もしましたが、子供より大人の方がストレスなどを感じやすいからだと言えます。

 

 

レム睡眠中は、寝ていても脳は覚醒したままです。

怖い夢は悪夢とは限らないのは、脳が無意識のうちに、ストレスを夢で解消しようとしているからかも知れません。

 

もし怖い夢を見たくないのでしたら、ノンレム睡眠が長くなるように、ストレスを出来るだけ解消してから寝るのが肝心です。

 

 

ただ、誰かからの暴力や心的障害が原因で、怖い夢を見ている可能性もあります。

もし子供が頻繁に怖い夢を見るような時には、何か他の原因がないかなど、親が気をつけてあげて下さい。

 

どうしても心配なら、心療内科などで相談してみるのも良いかも知れませんね。

 

 

 

怖い夢の夢診断の例

怖い夢を連続で見る…見ない方法ないの?原因や対策方法教えて!
怖い夢を見ることは、体からの何かのサインかも知れないと書きましたが、夢で判断できる夢占いなんていうのがあります。

代表的な夢診断の例を挙げますと。

 

✅check!!

怖い物(人)から逃げる夢の場合

怖い物から逃げる夢は、心理学で言う所の「逃避」の暗示です。

実際に何かを恐れていたとしたら、不安や恐怖などを解消しようと、脳が逃げる夢を見せているんですね。

 

逃げたいと思っている対象が何であるかを探れば、見なくなる可能性があります。




怖いものから追いかけられる夢の場合

怖いものから追いかけられる夢と言うのは、「恐怖」の現れが原因で見ると言います。

こちらは対人関係の可能性もありますし、過度なプレッシャーの可能性もあります。

 

逃げ切れた場合は「トラブルが解決する予兆」のことが多いですが、捕まってしまう場合は、「トラブルが現実化」する暗示だと言います。

どちらの場合でも、精神的なストレスが原因なので、早急に対策を取る必要があります。




幽霊などを見る夢の場合

この夢の場合は、精神状態よりもむしろ「気温の寒暖差」が見せている夢なんだそうです。

「気温の変化=見えない物への変化=幽霊」と言う風に、脳が勘違いすることで見る夢なんですね。

 

なので、幽霊の夢は悪夢ではありませんし、特に怖い夢でもありません。

ただ、健康面での変化が原因なこともありますので、体調が悪い時などに良く見るかも知れません。




落ちる夢の場合

この夢は落ちる対象が何であるかによっても、暗示が違ってきます。

 

例えば、谷底に落ちる夢は「問題の根深さ」を暗示していますし、空から落ちる夢は「挫折」を暗示しています。

また、海に落ちる夢は「現実の苦しさ」を暗示しています。

 

この中でも、自分で落ちる夢はなく、他人に落とされる夢を見る場合は「相手への不信感や自信喪失」の現れです。

 

 

どの夢にしても、夢を見る人のネガティブな感情が原因のことが多いです。

ですので、ネガティブにならないよう意識改革がもしかしたら必要かも知れませんね。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

怖い夢を連続で見る…見ない方法ないの?原因や対策方法教えて!
怖い夢を連続で見るのは、嫌な気分にもなりますが、脳が発している警告のサインかも知れないんですね。

 

人間は誰しもストレスを抱えていますが、過度のストレスは健康面だけでなく、精神面にも悪影響を与えるということですね。

 

子供が怖い夢を見るのは、レム睡眠が大人よりも長いことも原因ですが、人知れず悩みを抱えているのかも知れません。

子供だった悩みはありますので、そこは大人が気付いてあげて下さい。

 

夢の内容によっては、自分が今抱えている悩みが何かを知るきっかけにもなります。

 

 

怖い夢=悪夢と位置付けるのではなく、自分が見た夢の内容を分析することで、次回怖い夢をみない対策にもなると思います。

 

怖い夢を見ることで、充分に眠れていないと感じるのは、ある意味正しいのかも知れません。

レム睡眠の時に夢を見ることが多い=充分な睡眠が取れていないとも言えますので。

 

怖い夢を連続で見たくないという方の、参考になりましたら幸いです。