健康・美容

オレンジ色の鼻水は風邪治りかけ?さらさらとねばねば治りかけは?

オレンジ色の鼻水は風邪治りかけ?さらさらとねばねば治りかけは?

風邪をひいた時って、どんな症状が出るかで、困るポイントが違いますよね?

一番厄介なののが高熱ですが、これは薬をもらって飲めばすぐに下がるので、実際にはそんなに厄介ではないのかもしれません。

 

個人的に一番厄介な症状だと思われるのが、鼻水です。

 

すぐに治らないことが多く、しかも寝る時に鼻が詰まっていると、息苦しくて寝られないなんてことも。

そう言う意味では、咳も厄介ですが、それよりも厄介なのはやはり鼻水だと思います。

 

 

では、鼻水の色などの種類で、風邪が治りかけているかどうか確認できることはご存知ですか?

 

また、さらさらだったりねばねばだったりした時にも、風邪の治りかけかどうかを調べることが出来ると言います。

 

風邪の症状は様々ですが、今回は鼻水に焦点をあてて、どんな状態の鼻水が風邪の治りかけのサインなのかをご紹介してみます。

 

 

 

風邪を引く原因は?

では、どんなことが引き金になって、風邪を引いてしまうのでしょう?

まずは、風邪を引かないように、原因を知っておくと便利だと思います。

 

風邪というのは、鼻や喉が微生物に感染することで引きます。

原因となる微生物の80~90%はウィルスによるものです。

 

特に、下記のウィルスが風邪と大きな関わりを持っていると言います。

 

✅check!!

ライノウィルス

風邪の原因の3~4割は、このウィルスが原因です。

秋や春に多く、症状としては鼻風邪の原因となるウィルスになります。




コロナウィルス

ライノウィルスの次に多いとされるウィルスで、冬季に繁殖が見られます。

鼻や喉の風邪の原因ですが、症状は軽めなのが特徴です。




RSウィルス

冬に多いですが、年間を通じて繁殖が見られます。

乳幼児には危険で、乳幼児が感染すると、肺炎などを起こすこともある一番怖いウィルスと言えるかも知れません。

 

他にも、約200種類ものウィルスがいるそうなので、まずはウィルスに感染しない方法を見つけないといけません。

風邪くらいならまだ良いですが、インフルエンザや肺炎は入院が必要なほど病状が悪化する恐れもあります。

 

鼻や喉は、外気と接触しやすいため、内膜が粘液で保護されています。

でも、これも完全ではなく、ウィルスの付着した指で、鼻をいじるだけでも感染してしまう危険性があります。

 

鼻をほじる癖のある子供が、風邪にかかりやすいのは、あながち間違いではないかも知れませんね。

 

 

 
スポンサーリンク

風邪を予防するための対策は?

風邪を引かないためには、やはり手洗いとうがいが鉄板とも言えます。

 

まず、手を洗うのは、手に残った細菌やウィルスを洗いながすことが出来るので、外から帰ったら、手を洗うのはおすすめの予防策です。

 

特に、電車などで通勤通学をしている方は、電車のつり革を触るだけで、感染することがあります。

手洗いは、地味にでも確実に効く方法の一つなんですね。

 

 

では、うがいはと言うと。

実はうがいをしても、ウィルスを洗いながすことは出来ないんです。

ただ、喉などに新しくウィルスが付着することを防いでくれます。

 

良く紅茶やお茶でうがいをすると良いと言いますが、これはお茶に含まれる殺菌作用を利用する方法です。

 

また乾燥なども風邪を引く原因になりますので、うがいをすることで、喉の乾燥を防ぐと言う働きもあるんですね。

 

 

鉄板の方法ではありますが、この方法が昔から今まで使われているのは、それだけ効果があるからとも言えます。

風邪を引いてしまうと、大人でも辛いものです。

 

ですので、予防をしっかりとして、まずは風邪を引かないようにすることも大事かも知れません。

 

 

 

鼻水の色でわかる風邪の状態

風邪を引くと、鼻水の色が変わった?

と思うことはありませんか?

 

 

実は、鼻水の色やさらさらかねばねばかで、風邪の重さがわかると言います。

 

 

風邪が治りかけかどうかを自己診断するなら、鼻水の色の違いを知っておきましょう。

以下に、鼻水の色でわかる風邪の重さなどをまとめてみました。

 

透明でさらさらの鼻水が出る場合は?

透明でさらさらな鼻水が出ている場合は、風邪が初期症状であるか、アレルギー性の鼻炎によるものです。

風邪の初期症状の場合は、これから本格的に風邪を引くサインとも言えます。

 

鼻水は、鼻の粘膜にウィルスが付着した時に、それを流してしまおうとする体の防衛反応から出ます。

風邪かアレルギー性の鼻炎かの比べ方は、鼻水がただ出るだけなら鼻炎、熱や咳を伴うなら風邪という診断で良いと思います。

 

 

黄色(オレンジ)の鼻水が出る場合は?

細菌やウィルスが体内に入ると、そのウィルスと戦い死滅した白血球だったり、免疫細胞が鼻水に混ざることがあります。

そうなると、鼻水は黄色(オレンジ)で、かつねばねばになります。

 

黄色い(オレンジ)鼻水は、体の免疫機能が働いている証拠でもあるんですね。

ただ、黄色い(オレンジ)鼻水は、副鼻腔(びくう)炎などでも出てくることがあります。

 

治りかけの風邪でも黄色い(オレンジ)鼻水が出ますが、もしかしたら風邪以外でも黄色(オレンジ)の鼻水が出ることはあるんですね。

アレルギー性の鼻炎の場合は、鼻水は透明のままです。

 

なので、風邪の他の症状(熱や咳など)が表れず、黄色(オレンジ)の鼻水が出る場合は、副鼻腔(びくう)炎の可能性もあります。

とはいえ、風邪を引いていることが確実なら、黄色(オレンジ)の鼻水は治りかけと思って良いと思います。

 

 

緑色の鼻水が出る場合は?

緑色の鼻水が出る場合は、副鼻腔(びくう)炎の確率が非常に高くなります。

黄色(オレンジ)と違い、緑色の鼻水の場合は、風邪と診断されることは余りないです。

 

膿が増えて、変色することで、緑色の鼻水が出ます。

副鼻腔(びくう)炎というのは、鼻の周辺にある副鼻腔が炎症を起こす病気です。

 

一般的には、蓄膿(ちくのう)症などと呼ばれることが多いですね。

風邪やインフルエンザが長引くことで発症することも多いので、風邪との関わりもあります。

 

もし症状が長引くようであれば、一度耳鼻科を受診することをおすすめします。

 

 

 

鼻水の対処方法と治療法は?

オレンジ色の鼻水は風邪治りかけ?さらさらとねばねば治りかけは?
風邪が治るまでに、鼻水を止めたいと思った場合、以下の対処方法が有効とされています。

 

✅check!!

体を温めましょう!

透明でさらさらの鼻水が出ている場合は、風邪の初期症状や寒暖の差が原因と言われています。

対処方法は、体を温めて安静にすることです。

 

風邪の初期症状だとしたら、重症化させないことも大事です。

 

今寒さを感じていなかったとしても、体を温めて安静にすることで、風邪を本格的に引かないように予防が出来ます。




鼻うがいをしましょう!

鼻のうがいをすることで、鼻の内側についた細菌やウィルスなどを洗い流すことが出来ます。

「鼻に水を入れると痛そう…」というイメージがあるかも知れませんが、正しい方法なら痛みはほとんどありません。

 

そこで、鼻うがいの仕方を簡単にご紹介しますと。
  1. まず、ぬるま湯に食塩(少量)を溶かしましょう。
  2. 次に、片方の鼻を指で押さえます。
  3. もう片方の鼻の穴から、食塩水を流し込みます。
  4. そして、鼻の穴から食塩水を出します。
 

左右ともしっかりと水分を排出することと、うっかり飲み込んでしまわないように注意すればOKです。

食塩水は、殺菌の効果もありますので、ぜひ鼻水が気になる場合は、鼻うがいもしてみて下さい。




脇に物を挟んでみましょう!

え?と思われるかも知れませんが、脇に物を挟むことでも、鼻水を止めることが出来ます。

脇には自律神経が集中している場所なので、圧迫することで、鼻水を抑制することが出来るんですね。

 

ペットボトルなどでもOKですので、鼻水だけを止めたいのでしたら、脇に物を挟むのも効果ありです。




副鼻腔(びくう)炎などの場合は?

前述もしましたが、鼻水は副鼻腔(びくう)炎など、アレルギー性の鼻炎が原因の場合もあります。

こちらは自分で治すことは出来ませんので、耳鼻科を受診して下さい。

 

途中で治療を止めてしまうと、悪化する恐れもありますので、最後までしっかりと治療を終える必要があります。

 

 

鼻水が鼻炎によるものだとしても、風邪によるものだとしても、一番確実なのは病院を受診することかも知れませんね。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ



鼻水の種類や色によって、風邪などの症状の度合いがわかるものなんですね。

中には、鼻炎の可能性もあるので、鼻風邪だと思っていたら、アレルギー性の鼻炎の可能性もあるということです。

 

ただ、鼻炎は風邪の他の症状が現れませんので、すぐにわかると思います。

鼻水が出て、咳や熱がある場合は、ほぼ間違いなく風邪ですので、まずは風邪の症状を和らげる必要があります。

 

自分で風邪か鼻炎かどうかの診断が出来ない場合は、確実なのは病院を受診することです。

 

 

鼻水が出ると、子供はもちろん。大人でも辛いものですよね?

でも鼻水の色が変わったら、それはもしかしたら、治りかけのサインかも知れません。

 

そして、透明の鼻水が出るようでしたら、風邪の引き始めかも知れませんので、重症化しないように、手洗いやうがいなどで予防してみましょう。

 

鼻水の色や違いで、病気の種類がわかることもありますので、鼻風邪の早く治る方法など、参考になりましたら、幸いです。