季節の出来事

鏡餅を飾る場所どこ?飾るのはいつまで?上のみかんの意味とは?

鏡餅を飾る場所どこ?飾るのはいつまで?上のみかんの意味とは?

年末や年始が近づいてくると、本当にあっという間に今年が終わってしまいますよね?

大掃除など忙しい年末ですが、鏡餅を飾るのを忘れてしまうと大変です。

 

鏡餅を飾るのを忘れたとなってしまうと、年始が気持ち良く迎えられないかも知れませんしね。

 

 

やはり縁起物でもありますし、飾る場所などちゃんと知っておかないと、ご利益がなくなるのでは?

と不安に思われることもあると思います。

 

ただ、そこで同時に困ってしまうのは、鏡餅を飾る期間がいつまでなのか?

 

ということです。

飾る場所や飾る期間がいつまでか知っておかないと、鏡餅を飾る意味もなくなってしまうかも知れませんね。

 

 

また、ここも気になる所でもあると思うのですが、

 

鏡餅の上のみかんって何か意味があるの?

 

と思われる方は多いと思います。

日本の風習は、昔から受け継がれているものですし、どうせなら鏡餅も正しく飾りたいものですよね?

 

ということで、今回は鏡餅を飾る場所や、飾っておく期間、上のみかんの意味などをご紹介します。

 

鏡餅の作り方と食べ方、保存方法を伝授!そもそも鏡餅の意味って?

 

 

 

鏡餅の意味や由来は?

鏡餅は今では当たり前の風習となりましたが、意味や由来が気になる所ですよね?

 

鏡餅というのは、円形のお餅を大小重ねて作られていますが、餅は昔から神様の食べ物として知られていたんです。

歳神様のお供え物として、鏡餅は使われていたんですね。

 

 

鏡餅が重なっているのは、二つのお餅を重ねることで、福徳が重なるので縁起が良いとされているから。

他にも、円満に歳を重ねていく(餅が重なっているように)という意味もあります。

 

 

そして、鏡餅が丸く作られていることにも意味があります。

それは、人の魂=心臓を表しているからで、歳神様にお供えした鏡餅を食べれば、新しい命が授かると信じられていたということもあります。

 

 

丸い鏡餅になったのは、飾られていた当初は、鏡が丸い形の物が多かったからです。

鏡が円形だったことから、餅も丸くするようになったんですね。

 

 

何故鏡を模したかと言うと、鏡は三種の神器にもなっていますよね?

そこからも分かる通り、鏡は魂を表す神器の一つとされていて、鏡餅は歳神様の依り代(よりしろ)=ご神体として崇められていたんです。

 

いつしか、鏡を模した餅が「鏡餅」と呼ばれるようになったのは、鏡が神器の一つであったことが理由とされています。

 

 

 
スポンサーリンク

鏡餅の正しい飾り方は?

鏡餅の正しい飾り方は、時代や地域によっても違いがあります。

ですが、正式な飾り方というのもありますので、そちらをご紹介しますと。

 

check!!
  1. 白木の三宝の上に半紙などを置き、端が三宝から垂れるように置きます。
  2. 裏白の葉の白い方を、前方に向けて乗せましょう。
  3. その上に、鏡餅(2段になっているお餅ですね)を乗せます。
  4. 鏡餅の上に、橙を乗せて完了です。
 

※それぞれの名前についてもご紹介しますね。
  • 三宝=お餅を乗せる台のこと
  • 四方紅(しほうべに)=お餅の下に敷く赤い縁取りのある紙
  • 裏白(うらじろ)=緑の葉っぱの飾り
  • 御幣(ごへい)=紅白のジグザグに折られている飾り
  • 橙(みかんなど)=お餅の頂点に飾られる
  • =橙の後ろに飾られる飾り
鏡餅を飾る場所どこ?飾るのはいつまで?上のみかんの意味とは?
 

もし三宝がない場合は、お盆でも良いですし、橙がない場合はみかんで代用することが多いです。

地域によっては、昆布や串柿、海老などを飾ることもあります。

 

普段市販されている鏡餅は、かなり飾りを簡略化していますが、正式な飾り方では、それぞれ名前がちゃんとついているんですね。

 

三宝や裏白などは、もしかしたらご存知の方も多いかも知れません。

そして、これらのお飾りにも、それぞれ意味があります。

 

下記に鏡餅のお飾りの意味について、ご紹介します。

 

 

 

鏡餅と一緒に飾るお飾りの意味は?

では、鏡餅と共に飾るお飾りなどには、どんな意味があるのでしょう?

こちらも簡単にご紹介しますと。

 

「橙」は、その年になった実が、次の年にも更に次の年にもなる実です。

一度なった橙の実は、4~5年は落下しないとされています。

 

check!!

何年も実がなる橙を一つの家族ととらえ、家族の長寿を願う縁起物として飾られているんです。

みかんでも代用は出来ますが、実際の意味からすると、橙がもしあれば、橙を飾る方が正解なんですね。

 

その他のお飾りもご紹介しますね♪

 

✅check!!

扇(おうぎ)

扇を飾る意味は、扇の形が末広がりの形をしていることから、末永く繁盛しますようにとの意味が込められている縁起物です。

安く売られている物もありますので、もし何か商売をされているのでしたら、飾った方が御利益があるかも知れませんね。




串柿

串柿は、地域によって飾る所もあるようですが、これにもちゃんと意味があります。

柿を飾る意味としては、「嘉来(かき)」(喜び幸せが来る)に通じる縁起の良い長寿の木が関係しています。

 

この木には、幸せをかき集めるという意味もあり、通常は10個飾られることが多いです。

串柿の飾り方には「外はにこにこ、中睦まじく」という語呂合わせもあります。




御幣(ごへい)

御幣を飾るのは、赤い色に魔よけの意味があるからです。

ちなみに、白一色のものは、四手(しで)と呼ばれることもあります。

 

四方に大きく手を広げ、繁盛するようにと願う縁起物です。




四方紅

四方を縁起の良い紅で縁取っているため、天地四方の神様を拝し、災いを払ってもらい、一年繁盛出来ますようにとの縁起物です。




裏白

裏白というのは、常緑樹のシダ植物の仲間です。

葉が左右対称に生えることから、夫婦円満を意味している飾り物になります。

 

他にも古い葉が落ちないことから、家族の繁栄の意味も込められています。

更には、裏白の葉は表が緑色で、裏が白色をしているため、裏表のない「清廉潔白」も表しています。




昆布

喜ぶ(よろこんぶ)の語呂合わせとして飾られる縁起物です。

他にも、子生(こぶ)とも呼ばれ、これには子供が生まれるという意味があります。

 

 

鏡餅の飾りには、色々な意味がありますので、意味を知った上で飾れば、更に御利益があるかも知れませんね

 

 

 

鏡餅を飾る場所と期間は?

鏡餅を飾る場所は、どこに飾ったら良いのか迷うこともあるかと思います。

 

一般的な鏡餅を飾る場所としては「神棚」「床の間」「仏壇」などがあります。

 

神棚は普段から神様のお供えする場所なので、あるご家庭も多いかと思います。

仏壇も、仏教を信仰しているご家庭ならあるかも知れないですね。

 

 

ただ、床の間は、お金持ちの家にしかないイメージがあります。

あくまでもイメージですが。

 

ですが、実は「神様に来て欲しい場所」であれば、鏡餅をどこに飾っても良いなんて話も聞きます。

皆が集まる場所であれば、どこでも良いそうなんですね。

 

水周りにおけば水に関する安全をお願いできますし、火を使うキッチン(火の傍は危ないので置かないように)に置けば火の安全に関するお願いをすることが出来ます。

 

ということで、鏡餅を飾る特別な場所はないんですね♪

 

 

 

では、鏡餅はいつ頃飾るのが良いのでしょうか?

 

年始に飾るイメージのある鏡餅ですが、

 

check!!

飾り始めるのは年末の12月28日が最適とされています。

 

 

というのも、「八」は末広がりなので、縁起が良いとされているからです。

 

29日だと、苦しいに繋がる「九」が入りますので、縁起が悪いですし。

30日は、問題はないですが、特に縁起が良くはないですし。

31日は、せっかく神様が遥々来てくれるのに、一日では失礼(準備の期間がない)にあたるとして、避けることが多いです。

 

ですので、鏡餅を飾り始めるなら、28日が良いんですね。

 

check!!

鏡餅を飾り終えるのは、1月11日の「鏡開き」の日になります。

 

 

 

 

鏡餅の上にあるみかんの意味は?

鏡餅を飾る場所どこ?飾るのはいつまで?上のみかんの意味とは?
鏡餅の上にみかんを飾るのは、前述もしましたが、

橙が手に入りにくいと言うことで、代用に飾られたのが始まりとされています。

 

その家で「代々(だいだい)」繁盛しますようにとの意味が込められているんですね。

橙の代わりということで、これも前述しましたが、みかんにも「長生き」と「子孫繁栄」の意味が込められています。

 

 

では、ここは気になっている方も多いと思うのですが、鏡餅の上のみかんを食べて良いのでしょうか?

 

鏡餅のお餅自体は、鏡開きの日に食べることも多いですが、みかんを食べるのはOKなのかを迷う方もいらっしゃると思います。

何故、鏡餅を食べて良いのかと言いますと。

 

鏡餅を家族皆で分けあって食べることで、御利益や幸せが皆に行きわたるようにとの意味があるからです。

 

 

では、上に乗ってるみかんは食べて良いのかですが。

答えは「食べて良い」です。

 

みかんもまた、家族皆で分けあって食べることで、御利益があると言われていて、縁起物は食べられるものは全部食べるのが正解です。

 

今では、鏡餅の上に橙を乗せる方は少ないと思いますが、みかんが代用品であったことを知らない方も多いと思います。

みかんが橙と同じオレンジ色だったことから、代用品として使われるようになったんですね。

 

みかんにしても、鏡餅にしても、皆で食べることで、幸せを分かちあおうという意味は変わりません。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

鏡餅を飾る場所どこ?飾るのはいつまで?上のみかんの意味とは?
鏡餅を飾るのは、神様をお迎えするためだったんですね。

そして、みかんが乗っている理由は、橙の代用品だったようです。

 

普段何気なく飾っている方も多い鏡餅ですが、意味や由来を知れば、縁起の良い飾り方なども知ることが出来ますよね?

 

お正月は年に一度の大切な日でもあります。

 

 

家族皆に御利益があるように、飾る場所や飾る期間も知っておくと良いかも知れません。

スーパーで買った鏡餅だとしても、飾る側の人が思いを込めたとしたら、それは立派な鏡餅です。

 

家族皆を見守ってくれる神様のお供え物として、今年も欠かさず鏡餅を飾ってみて下さい。

 

また、鏡餅を食べることも御利益になりますので、カビが生えてこないうちに、早めに食べて下さいね。

 

鏡餅の作り方と食べ方、保存方法を伝授!そもそも鏡餅の意味って?