お金・ビジネス

クレジットカード裏面の署名なしでは使えない?書き直しどうする?

クレジットカード裏面の署名なしでは使えない?書き直しどうする?

クレジットカードが届くと、色々な書類も入って来るので、一度は目を通すと思いますが、裏の署名はどうされてますか?

 

実はクレジットカードは、裏面に署名がないと危険なんだそうです。

 

そして、裏面に署名をする時に、間違って名前を書いたりしたら、それはそれで困りますよね?

マジックで書いてしまったら、どうしよう?と困ることになるかも。

 

 

例えば、ハガキとかと一緒で、周りの話し声に気を取られて、全然違う署名をしてしまうことも、もしかしたらあるかも知れません。

 

クレジットカードの裏に署名がないと、使えないお店も多いと言うのは余り知られていないかもしれません。

やはりセキュリティの問題もありますので、クレジットカードは必ず裏面に署名をした方が良いのは間違いありません。

 

では、クレジットカードの裏面の署名について、なぜ署名が必要なのか?書き直しは出来るのか?など、まとめてみました。

 

 

 

クレジットカードの裏面に署名をするのはどうして?

クレジットカードは、面倒くさがって署名をしない人も多いと言います。

小学生じゃあるまいし、名前なんていらないでしょと思う方もいると思います。

 

でも、実はクレジットカードの裏面の署名は、かなり重要なんです。

 

では、なぜ重要なのかをご紹介します。

 

裏に署名がないと使えないことも

クレジットカードの裏面の署名は、カードを使う時に「本人確認」をするために使われます。

カード決済をする時には、サインをしますよね?

 

そのサインとクレジットカードを使っている人が本人かどうかを確認するためにも、裏面の署名は必要なんですね。

 

裏に署名がないカードは、本人確認が出来ないため、使えないと言うことも多々あります。

 

それもそのはずで、もし落としたクレジットカードで勝手に使われたりしたら困りますよね?

だからこそ、裏面に署名がないと使えないのは、セキュリティの意味でも重要なんです。

 

カードの不正使用を防ぐためにも、お店では署名がないカードでは使えないようになってるんですね。

 

特に海外では、クレジットカードの裏面に署名がないと「盗んだカードじゃないの?」と疑われることもあります。

自分のカードであることを証明するためにも、裏面の署名は必ず必要なんですね。

 

 

万が一の時に補償が効かない!

クレジットカードの裏面に署名がないと、買い物が出来ないと書きましたが、実はそれだけではないんです。

 

万が一、クレジットカードを落としてしまった時に、署名がないカードは不正に使われやすくなります。

 

例えば、三井住友のクレジットカードでは、裏面に署名がないカードは、紛失時に不正利用をされてたとしても、補償の対象になりません。

一般的なクレジットカードには、盗難保険が付いており、不正に使われた分は支払う義務がありません。

 

でも、それは裏面に署名があることが大前提で、署名が無いと本人の過失となり、見覚えのない支払でも払わないといけなくなります。

署名は数分で出来る作業でもありますし、一度書いてしまえばOKなので、面倒に思っても必ずクレジットカードの裏面にはしっかりと署名して下さい。

 

 

クレジットカードをネットで使う場合は、署名がなくても使えるので、署名を忘れる方も多いかも知れませんが、持ち運ぶ方は注意が必要です。

盗難届を出す時にも、本人確認が出来ないクレジットカードは、対象にならない可能性もあります。

 

ですので、クレジットカードが届いたら、必ず裏面に署名を忘れないようにして下さい。

 

 

 

 
スポンサーリンク

クレジットカードの裏面の署名の方法

クレジットカードの裏面の署名が大事と書きましたが、実際にはどんな書き方をすれば良いのか困ることもあると思います。

例えば、ボールペンを使うべきか、油性マジックを使うか、それに英語で書くべきか?漢字でかくべきか?などです。

 

結論から言いますと、クレジットカードの裏の署名には、消えないように油性ペンで漢字で書くのが一般的です。

 

ただ、油性ペンを使う場合は、太すぎるペンだと文字がつぶれてしまうので、出来れば子供の名前書き用のペンを使うと良いです。

カードの裏面の名前は、表面がローマ字なので、裏面の署名もローマ字で書く方も多いかと思います。

 

もちろんそれでもOKなんですが、漢字で書くのがおすすめなのには理由があります。

 

それは外国で使う場合、万が一落としたとしても、漢字だとサインを真似されにくいというメリットがあるからです。

 

ローマ字なら簡単に真似出来ますが、日本語の中でも漢字は真似をするには難易度が高く、真似されにくいんです。

だからこそ、海外で不正使用されないためにも漢字で書くのがおすすめなんですね。

 

 

またお年寄りの場合は、ローマ字で自分の名前を書くのは大変なので、書き慣れている漢字の方が書きやすいと言うこともあります。

ですので、漢字でフルネームを書くのは、安全面においても利便性においても有効な署名の仕方というわけです。

 

また、初めてクレジットカードを作る人は、もしパスポートを持っている場合、署名を統一しておくと後々で便利です。

クレジットカードの署名とパスポートの署名を同じにしておくことで、いざ署名をする時に迷わずに済むと言うわけなんです。

 

 

 

クレジットカードの裏面の署名の注意点

クレジットカードの裏面には、署名を書く欄とセキュリティコードという番号が刻印されています。

 

セキュリティコードは買い物をする時に必要になりますが、このコードに被らないように署名をするようにして下さい。

 

コードが隠れてしまうと、読みづらくなり、いざ使おうと思った時に、コードがすぐにわからないと不便ですよね?

ですので、署名をする時には、セキュリティコードに文字が被らないように、文字の大きさなどに気をつけて署名するようにして下さい。

 

 

また、署名を書きなおしたクレジットカードは、使用できないこともあります。

もし心配なら、鉛筆で下書きをしてから、上から油性ペンで書けば、書き間違いも減ります。

 

クレジットカードの裏面の署名は、とても大事です。

 

カードが使えなくなる可能性もありますし、盗難の際に補償を受けられるかどうかも、裏面の署名にかかっています。

ネットで買い物をするのが中心な方は、どうしても裏面の署名を忘れがちですが、「失くしてしまった」などの問題が起きた時に、困ることになります。

 

そんなに時間も手間もかかる作業ではありませんので、安全に快適に使うためにも、クレジットカードの裏面の署名を忘れないようにして下さい。

 

 

 

クレジットカードの裏面の署名を書きなおす時の注意点

クレジットカード裏面の署名なしでは使えない?書き直しどうする?
クレジットカードの裏面の署名で、間違えて書く可能性はゼロではありません。

 

でも、実は…

クレジットカードの所有権は、カードの持ち主にはありません!

 

カード自体は単に貸してもらっているだけなので、自由に使えるわけではないんですね。

ですので、署名を間違えたからと言って、カードにキズがつく恐れがある行為は止めて欲しいというのがカード会社からの言い分なわけです。

 

良く、署名を間違えた時に、修正液やアルコールなどでマジックを消そうとすることもあると思いますが、ちょっと待って下さい!

それはNG行為です!!

 

と言うのも、クレジットカードの裏面には「磁気ストライプ」と言うのが入っていて、そこには本人の情報が記録されています。

もしアルコールなどを使って、この部分を傷つけてしまった場合、お店などでカードが使えなくなる可能性もあるんですね。

 

 

では、クレジットカードの裏面の署名を間違えた時には、どうすれば良いのでしょう?

 

まず、クレジットカードと一緒に届いた利用規約を確認しましょう。

その中に、クレジットカードが汚れたり、割れたりした場合、再発行が出来ると書かれているはずです。

 

もし裏面の署名を間違えた時には、再発行を申請すれば、新しいカードが届きます。

 

再発行には時間がかかりますが、使えないカードを持っていても仕方ないので、面倒でも再発行手続きをして下さい。

それが一番安全かつ手っとり早い方法になります。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

クレジットカード裏面の署名なしでは使えない?書き直しどうする?
クレジットカードは、家族が使うこともあるかも知れません。

実際に我が家でも、家電量販店で冷蔵庫を買う時に、私のカードを使ったことがあります。

 

でもその場合でも、やはりクレジットカードの裏面には、署名をした方が良いです。

家族が一緒に住んでいる場合なら問題ないですが、こっそり使われる可能性だって無いとは言えないからです。

 

家族を疑うのは嫌ですが、軽い気持ちで使われる事もないとは言えません。

後でトラブルが起きないためにも、本人確認が出来る裏面の署名は忘れずにしましょう。

 

 

また、クレジットカードの裏面の署名を間違えた時にも、無理に消そうとすると、カード自体が使えなくなることもあります。

クレジットカードは、ネットでの買い物でも大変便利なカードです。

引き落としが次の月になることも多く、また管理も楽なので、私も頻繁にカードを使います。

 

ただ、便利な物は必ずリスクもあります。

 

ちょっとしたことで、リスクを回避できるのでしたら、やらない理由はありませんよね?

ですので、クレジットカードの裏面にまだ署名がない方は、すぐに書いて下さい。

それが大人のマナーです。