〇〇と〇〇の違い

上司と先輩の定義や違いは?上司と先輩の板挟み…対処法は?

上司と先輩の定義や違いは?上司と先輩の板挟み…対処法は?

上司と先輩って、似ているようで何となくニュアンスが違う気がしますよね?

 

同じ平社員なら先に働いている方を先輩と呼ぶイメージがありますが、年下でも課長とかだと上司と呼ぶイメージもありますよね?

でも、もしかしたらその感じ方が間違っていて、年齢によっても差が出るの?とこちらも疑問に思う所でもあります。

 

自分より年上だと、例えば自分より下の地位にいる方でも、上司になるのかな?と思うこともあるのではないでしょうか?

 

他にも、上司や先輩以外に、上長なんて言葉もありますよね?

そうなると、本当はどれが正しいの?と迷うことはありませんか?

 

また、上司と先輩の板挟みになってしまったら、どう対処したら良いのか困ることもありますよね?

 

上司にしろ先輩にしろ、自分より上の立場の方達ですし、下手な対応をして、職場関係などの雰囲気が悪くなっても困りますよね?

仕事を辞めるか?のように悩むことも、時にはあると思います。

 

ということで、今回は上司と先輩の違い、そして板挟みになった時の対処法などをご紹介します。

 

 

 

上司と上長の違いとは?

では、まず上司と上長の違いについてですが、こちらは役職の地位が関係してくるようです。

上司と上長の簡単な違いはと言いますと。

check!!

上司:会社などで、自分より役職が上の人

例えば、自分が係長だったら、課長以上の人がこれに当たります。


上長:年齢や役職の地位が上の人


地位はもちろん年齢が関係してきます。

 

二つには大きな差はありません。

 

ですので。

「弊社に持ち帰り、上長に相談したいと思います。」

「弊社に持ち帰り、上司に相談したいと思います。」

 

この2つのパターンは、どちらも正しいということになります。

 

ただ、ここでも大抵の場合は、直属の上司を「上司」と呼ぶことが多くて、他の部門にいる上司は「上長」と呼ぶこともあるそうです。

他にも、役職が上の方でなくても、物事の決定権がある方を「上長」と呼ぶこともあるそう。

 

つまりは、会社によって、どう呼ぶかは微妙に違いがあるんですね。

 

もし転職してきたばかりなど、呼び方に困ったら「この会社ではどう呼ぶの?」なんて聞いておけばトラブルは防げるかもしれませんね。

社内ではそんなにトラブルに結びつくことはありませんが、社外では相手の立場を考えて、間違いのない呼び方を知っておく必要があると思います。

 

 

 
スポンサーリンク

上司と先輩の違いは何?

それでは、上司と先輩の違いはと言いますと。

 

こちらは大辞林にも記述があるんですが、それによると、先輩とは「同じ職場や学校に先に入った人」と定義されています。

ちなみに反対語は、後輩になります。

 

先輩と言うのは、年齢に関係なく使われることが多く、自分より先に会社などに入った方は、例え自分よりも年下でも先輩となるわけですね。

入社時期に関係するだけなので、上下関係がわかるわけではないんですね。

 

だからかもしれないですが、例えば仕事先で。

「上司に報告させていただきます。」とは言いますが
「先輩に報告させていただきます。」とは使わないですよね?

 

ビジネスシーンでは、「先輩」という言葉は使いません。

あくまでも社内で、親しみを込めて先輩と呼ぶことが多いんですね。

 

上司、先輩、後輩の言葉の使い方としては、主に以下のようなパターンがあります。

 

check!!
  1. 2年先輩の田中さんが、私の上司になりました。
  2. 彼の上司の水無月さんは、彼より一年後輩です。
  3. 上司の佐藤さんは、3年先輩ですが、年齢は私よりも1つ下です。
 

のような使い方が一般的です。

 

特に一番上の使い方は、良く見かけますが、2や3のパターンも、上司には年齢が関係ないので見かけることがあります。

上司と先輩の違いは、年齢によるものではなく、入社時期を示す言葉ということですね。

 

 

 

上司や上長、先輩の正しい呼び方は?社内と社外で違う?

上司や上長、先輩の違いはわかったかと思います。

では、実際に呼ぶ時には、どう呼べば良いのかですが、こちらは社内か社外かによっても違いがあります。

例えば…。

check!!

●社内での名前の呼び方の例

相手の方が上司や上長だった場合は、役職名をつけて「●●部長」などと呼ぶのが一般的です。

ちなみに、役職名はそれ自体が敬称なので、「●●部長様」などと呼ぶと、二重敬称となり、逆に失礼にあたるので気をつけましょう。

 

たとえば、天皇様とは呼ばないですよね?

天皇はそれ自体が敬称なので、様を付けると失礼にあたるからです。

それと同じです。

 

それでもどうしても丁寧に言葉を使いたいなら「◆◆部長 ●●様」などと分けて呼びましょう。

役職についていない先輩の場合は「●●さん」と呼んでおけば大丈夫です。




●社外での名前の呼び方の例

社内では、●●部長などと敬称を付けて呼ぶことも多いですが、社外では敬称はNGです。

会社内の立場では、上の地位にいたとしても、社外では相手にその上下関係を知らせる必要はありません。

 

ですので、「こちらは弊社の●●です。」などと言ったり、「こちらは弊社の◆◆部長 ●●です。」と言う風に呼びます。

良く社外で、自分が先生と呼んでいる人を紹介する時に「こちら●●先生です。」なんて言う人がいますが、これは間違いなのでやめましょう。

丁寧に紹介したつもりが、逆に相手に失礼にあたる場合もあります。

 

ですので、社内では敬称で呼ぶことも多いですが、社外では自分の上司であっても、敬称はつけない方が相手に失礼のない呼び方と言えます。

 

 

 

上司と先輩の板挟みになった時の対処法?

上司と先輩の定義や違いは?上司と先輩の板挟み…対処法は?
職場では良くあることかもしれないですが、先輩と上司の意見などが対立し、自分が板挟みの状態になることもありますよね?

一体どちらの意見を聞いたらよいの?と困ることもあるでしょう。

 

では、上司と先輩のどちらの意見を聞くべきかですが…。

一般的に言うと、上司の意見を聞くべきだとは思います。

 

先輩は前述もしましたが、先に入社しただけで、物事の決定権が先輩にはない可能性があります。

確かに、先輩の言葉も大切にしたくはなりますし、明らかに上司が間違った意見を持っている可能性も当然あります。

自分の置かれている立場にもよりますが、もし上司と先輩の板挟みになったら、自分がどちらに付くべきかを決める必要があります。

 

後になって、愚痴を両者から言われるのはきついものです。

それよりは、一度勇気を振り絞って、打ち合わせをおすすめするのも良いかもしれません。

 

それこそ、どちらの意見が正しいかなんて、一人の裁量では無理な話です。

どうしてもダメな場合もありますが、もし打ち合わせが出来る状況なら、打ち合わせを行った方が板挟みで苦しむことも避けられます。

 

自分の好き嫌いで先輩か上司を選んでしまうと、それもまた後で問題になることがあります。

仕事だと割り切れる人は良いですが、そうでない人も沢山いらっしゃいますので。

 

正解というわけではないですが、もし上司と先輩の意見が違った時には、先輩の意見を聞いた上で「上司に確認してきます。」でも良いのではないでしょうか?

 

一旦指示を預かるということにしておけば、自分から見たら先輩も上司なので、どちらの顔も立てることが出来るかと思います。

 

会社によっても人間関係は様々なので、これ!という選択肢は少ないかもしれません。

ただ、自分の立場を考えた上で、双方の顔を立てることを意識すれば、板挟みになっても解決方法は見つかると思います。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

上司と先輩の定義や違いは?上司と先輩の板挟み…対処法は?
上司や上長、先輩など、呼び方は色々ありますが、くれぐれも自分よりも立場が上であることを忘れないのが肝心だと思います。

 

中には、それこそ人としてどうなの?と思う上司もいらっしゃるかも知れません。

でも会社内では、それも仕事のうちと割り切らないと心や体を壊してしまうこともあります。

 

プライベートでの付き合いと言うなら話は別ですが、仕事においては先輩や上司の言うことはやはり聞いておくべきだと考えます。

 

時には上司と先輩の板挟みになり、苦しむこともあるかと思いますが、その時にもうまく対処出来ればより自分の地位も高められるかもしれません。

 

自分の年齢に関係なく、常に仕事では上司や先輩はいらっしゃいます。

お互いの立場もありますので、自分の好き嫌いで話を決めてしまっては、それこそ両者からの愚痴を聞かされる羽目になることも。

 

社会人になると言うことは、それもテストされていると考えると良いかもしれません。

どんな状況でもうまく立ち回ることが出来なければ、仕事に問題が出た時も同じように苦しむことになります。

 

上司や先輩は立てるべきですが、仕事は仕事ですので、仕事を優先して、一旦指示を別の上司に仰ぐなども良いかもしれません。

仕事かプライベートかに関わらず、どんな人間だって自分の顔をつぶされると頭に来るものです。

 

もし板挟みになった時など、対処法が参考になりましたら幸いです。