スポンサードリンク

七五三の千歳飴の由来とは?食べ方と賞味期限どのくらい?
千歳飴って、七五三のお祝いの時には必須と言っても良いスイーツですよね?

七五三のお祝いは、私には経験がないんですが、いとこがお祝いをした時にお土産で千歳飴をくれたことがあります。

金太郎飴のような味わいで、昔の人にはごちそうだったんだろうなぁと思いました。

 

千歳飴は、飴ですから、結構長持ちするイメージがありますが、賞味期限はどれくらいなのかが気になりますよね?

同時に、棒を丸ごとかじるものなのか、切って食べるものなのかなど、食べ方もご存じない方が多いと思います。

 

どんな食べ方をしても美味しさは変わらないとは言え、

せっかくのお祝いの飴ですから、正しい食べ方をしたいものですよね?

 

そして、そもそも千歳飴ってどうやって生まれたのかも気になる所です。

 

ということで、今回は千歳飴の由来や食べ方、賞味期限などについてご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

七五三の由来は?何から始まったの?

千歳飴(ちとせあめ)の由来は、江戸時代に遡り、浅草の浅草寺から始まったとされています。

紅白の色が縁起が良いとのことで、棒状の飴にしたら大ヒットしたという背景があります。

 

それ以降、千年=千歳という感じで世に広まっていきます。

ですので、千歳飴は最初は「千年飴」として作られていたんです。

 

長寿をイメージする千年と千歳をかけて、子供の将来を案じて作られたのが千歳飴というわけです。

また、現代でこそスイーツは普通に食べられますが、当時は砂糖が貴重品だったこともあり、その意味でも貴重な日をイメージしていたんですね。

 

貴重なお菓子をお祝いの日に食べられるというのは、大人にも子供にも嬉しいことだったんです。

 

実は、千歳飴の由来には2つの説があると言われています。

 

check!!

ひとつは、江戸時代の元禄の頃、飴売りの男が「千年飴」や「寿命糖」として、棒状の紅白の飴を売り歩いていたからという説。

もうひとつは、江戸に出た大阪の商人が「長い千歳飴を食べると千年生きられる長寿になる」とのキャッチコピーで売り出したからという説です。

 

千歳飴は、親が子供に対して長寿に育ってくれますように。との祈りが込められています。

昔は子供が小さい頃に亡くなることも多く、現代よりもずっと長寿を祈願していたんですね。

 

ちなみに、千歳飴の大きさには決まりがあり、直径15mm×長さ1Mまでとされています。

その千歳飴を縁起の良い松竹梅の袋などに入れ、渡すようになっています。

 

多分袋に入れる時に入れやすいサイズだったんだと思いますが、大きさや長さも決められていたんですね。

 

 

 
スポンサーリンク

千歳飴の食べ方は切ってはいけない?!

縁起ものの千歳飴ですが、多少食べづらいこともありますよね?

また縁起が悪くなるからと、NGの食べ方もあるので知っておきましょう。

ただ、あくまでも目安としての食べ方なので、食べきれず捨ててしまうよりは、自分の好きな食べ方がおすすめです。

 

もし千歳飴を食べようと思ったら、常温で保存している飴でしたら、鋏で切ることが出来ます。

 

ただ、千歳飴は基本的には切る行為はNGとされているので、折って食べるのが正解です。

縁を切るという意味があり、敬遠されている行為なんですね。

 

千歳飴を折って食べるなら、袋に入れたまま折るようにします。

袋に入れたままで、包丁の背や麺棒、鉄の棒でも良いですが、とにかく硬いものでドン!と勢いよく叩けば折れます。

何か所も叩けば小さくなって食べやすくなりますし、叩く回数によっては粉々に割ることが出来ます。

 

2つに割って食べるのでしたら、テーブルの脚にぶつけて割っても良いですね。

折れたら食べることが出来るようになるので、後は食べ方は自由です。

 

一口サイズに折って、タッパーなどに入れておけば、毎日少しずつおやつの時間に出していけばよいですし、冷蔵庫に入れると夏にも最適のおやつになります。

千歳飴は、折って食べることだけを守れば、食べ方は割りと自由なんですね。

 

 

 
スポンサーリンク

千歳飴は折ってから食べ方をアレンジ!

千歳飴は、工夫次第で色々食べ方もあります。

その一部をご紹介しますと。

 

check!!

●和菓子のトッピングにする!

千歳飴をレンジで溶かして、和菓子などにトッピングするのも高級感が出て素敵ですね。




●キャラメルソースに変身!

千歳飴は砂糖で作られているので、ちょっと焦がしてキャラメルソースにすれば、パンなどに塗って食べることもできます。

キャラメルソースの作り方もご紹介しますと。

 

キャラメルソースの材料
  • 千歳飴…2本分
  • 水…50cc
  • 牛乳…100cc
  • バター…20g
 

作り方は、以下の通りです。
  1.  小さく砕いた千歳飴と水を火にかけます。
  2. 千歳飴が溶けて茶色く色づいたら、牛乳を加えましょう。
  3. 少しずつかき混ぜながら、まんべんなく溶かしましょう。
  4. バターを加え、混ぜたら火からおろします。
  5. 出来上がったものは、冷蔵庫に入れて保存します。
  6. 完成です!




●料理の砂糖代わりに使う!

色のついていないタイプの千歳飴なら、煮物などに入れても美味しいです。

他にも、鶏の照り焼きなどにも加えると、艶もでて美味しく出来ます。

上質な砂糖を利用しているので、料理に使っても美味しくなるんですね。




●大学芋の飴にしてしまう!

さつまいもを揚げて作る大学芋ですが、絡めるアンを千歳飴で代用する方法です。

千歳飴と少量の水を溶かして作れるので、普通の大学芋よりも簡単に作れて、しかも美味しく仕上がります。




●ホットドリンクにする!

鍋に千歳飴と牛乳を入れて温めるだけでも、飴が溶けることで、簡単にホットドリンクになります。

色が付いた飴なら、カラフルなホットドリンクになるので、子供受けも良さそうですね。

 

上記以外にも色々と食べ方があると思いますので、ネットなどで検索してみて下さい。

千歳飴はスイーツ作りにも使えるので、飴が苦手な子供でも美味しくいただけるんですね。

 

 

 
スポンサーリンク

千歳飴の賞味期限は?

七五三の千歳飴の由来とは?食べ方と賞味期限どのくらい?
千歳飴の賞味期限は作っている会社によっても違いますが、365日も保つ千歳飴もあります。

袋に賞味期限が載っていますので、そちらを参考にしてみ下さい。

 

ちなみに、賞味期限は一年ほどですが、似たような言葉に消費期限というのもあります。

賞味期限と消費期限は似ているようですが、意味は違うものです。

 

check!!

●賞味期限とは?

食品が長持ちするタイプに記述されていますが、

開封していないことを前提に「美味しく食べられる期間」を表示しています。

 

ですので、賞味期限が過ぎていたとしても、美味しくないだけで食べられることも多いんですね。




●消費期限とは?

食品がすぐにダメになるタイプの商品に記述されていますが、こちらは賞味期限とは意味合いがちょっと違います。

どちらも開封していないことを前提にしていますが、

消費期限の場合は「食べても安心な期間」なので、期間を過ぎたら食べられなくなる期間を示しています。

 

千歳飴の場合は、長持ちする飴なので、賞味期限が記載されていますが、もし消費期限が載っていた場合は、過ぎたら食べるのを控えた方が良いです。

安全に食べられないのでは、千歳飴の縁起担ぎも意味がなくなってしまいます。

 

なぜ消費期限が過ぎた飴を食べてはいけないのかと言えば、飴は砂糖だけで出来ているわけではなく、他の材料も含まれているからです。

砂糖自体の消費期限が長くても、他の材料が短い可能性があるんですね。

 

消費期限が過ぎた飴は、歯にくっついてしまうなどもありますので、歯の治療中の子供は特に注意です。

 

賞味期限にしても消費期限にしても、目安の期間ですので、出来れば早く食べきる方が良いことは間違いありません。

 

 

 

まとめ

七五三の千歳飴の由来とは?食べ方と賞味期限どのくらい?
千歳飴は、元々千年飴という名前だったんですね。

子供の長寿を願って作られたもので、江戸時代にはすでにあったんです。

紅白も縁起が良いですし、名前も縁起が良いので、七五三に使われるようになったんだと思います。

 

食べ方にもポイントがありますが、日本の縁起物の食べ物は、縁を切るのを禁物としている食べ物が多いように思いますね。

鏡餅も切るのはNGですが、千歳飴もまた切るのはNGで、折って食べるのが正解なんです。

 

でも一番縁起が悪いのは、残して腐らせてしまうことですよね?

ですので、縁起担ぎは大切ですが、自分が一番美味しいと思える食べ方をするのが良いのではないかと思います。

 

また、千歳飴は賞味期限も設定されていますので、こちらも出来れば美味しいうちに、食べきるのが正解ですね。

千歳飴は、人生で三度しか味わえない貴重な飴ですので、長寿をお祈りして、家族で食べるというのも素敵かも知れません。

スポンサードリンク