健康・美容

鼻くそがたまる原因って何だろう?予防法ってあるの?

鼻くそほじる男性

鼻づまりを起こしやすくて

鼻くそがたまりやすい…そういった方は結構いるようです。

でも、なかなか人に言えないものですよね。

とは言え、耳鼻咽喉科で訊くのもちょっと恥ずかしいし…。

そもそも人と鼻くそについて語ったりしないから、

自分は量が多いのか少ないのか?頻繁にできやすいのか、あまりできない方なのか?

 

そういったことも分からない人が多くいらっしゃると思います。

でも気になってしまう…

鼻くそはなぜたまるのでしょう?

たまらないようにする方法ってあるのかな?

 

 

鼻くそがたまる原因はこれ!

鼻くそというのは、

鼻水と空気中の埃などが固まってできたもの

 

check!!

鼻で呼吸をすれば、自然と空気中の埃やウィルスが鼻から体内に入ろうとします。

そういった異物が鼻腔内(びくうない)に入ってきた時に、鼻は湿った粘液、つまり鼻水を出します。

鼻水で異物をキャッチして、それ以上体内へと侵入できないようにしてくれているのですが、それがのちのち乾燥して、鼻くそとなるのです。

 

空気中の汚れが体内に入らないようにしてくれた成果が、鼻くその多さに比例しているということになりますね。

ですから、

 

鼻くそを増やさないためには、鼻水を増やさないようにする

 

鼻水を増やさないようにするためには、鼻から吸い込む埃などの量を増やさないように。

そういった心がけをしていけばいいのです。

埃を減らせば、鼻水も減らせる

という訳です。

春になって暖かくなると、花粉も飛びやすい時期となります。

花粉も異物ですから、アレルギーが発症しない方も鼻水は増えると言われています。

 

 
スポンサーリンク

鼻くそが増えてしまう理由

ついつい鼻をいじりすぎてしまう

綺麗にしようとして、鼻をいじりすぎてしまってはいませんか?

ちょくちょくいじることで鼻の粘膜が傷つけられ、できたかさぶたが鼻くそのようになってしまいます。

気になっても、小鼻を外側から軽くマッサージするぐらいにして、中はあまりいじらないようにしましょう。

 

乾燥したところにいる

冬の朝に起きた時、鼻くそがたまっているのに気づいたことはありませんか?

空気が乾燥している場合は、鼻の粘膜が乾きやすいので鼻くそもたまりやすいのです。

また、私たちは普通、鼻で呼吸をしています。

鼻腔内を空気が往来するわけですから、当然乾きやすくなります。

鼻で呼吸をしている以上、ある程度乾いてしまうのは避けられないと言えるかもしれませんね。

鼻を押さえる女性

埃や花粉が多い所にいる

花粉が多い時期などには、体が反応して鼻水が多くなります。

すると鼻水が乾燥して、当然鼻くそも多くなってしまいます。

 

また空気が汚れている所は大気中に飛ぶ埃や異物が多くそれらが

鼻から侵入しないように鼻の粘膜も活動しますので、のちのち乾燥し、鼻くそがたまりやすくなるのです。

 

 

鼻水を減らす方法ってありますか?

こまめに掃除をする事!

鼻くそが多いと感じてらっしゃる方は、部屋の掃除をこまめにしたり、雑巾がけをしてみるといいかもしれません。

夜、皆さんが眠っている間に、部屋の中の埃は静かに床に降りてきます。

朝、その埃を雑巾がけで一気に拭き取るのが良いでしょう。

 

check!!

掃除機でもいいのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、掃除機は埃を舞い上げてしまうので良くないそうです。

朝は雑巾やモップで拭くのが最適と言えます。

 

通勤時などにマスクを使用する!

通勤中や、車が多い所などではマスクを使用すると効果的です。

普通に生活していれば、埃はいやでも鼻から入ってきてしまいます。

鼻腔内に入ってくる埃や異物がある限り、鼻は「鼻水の素」となる粘膜を出し続けます。

 

✅check!!

空気が悪ければ悪いほど、呼吸によって鼻から吸い上げてしまう埃は多いわけですから、吸い込む量を減らす方法としてはマスクは手っ取り早い手段と言えます。

また、マスクで覆われているので、ある程度の湿度が保てます。その意味からも、鼻を乾燥から防げるのです。

 

 
スポンサーリンク

鼻くその色で健康チェック

鼻くそは健康状態によって色が変わります。

白は問題ないと思われます。

ただ、あまりに粘り気のある状態が続くような時は副鼻腔炎の可能性が多いそうなので気をつけましょう。
(ふくびくうえん。頬や顔、目の周囲の骨の空洞部分が細菌やウィルスに感染することで炎症が起きてしまう)

風邪を引くと黄色くなったりします。

ウィルスや細胞の死骸が膿みとなり、体内から悪いものを排出しようとしているのです。

 

もしも鼻くそが黄緑色だった場合、黄色い状態から悪化したと思われます。

色の程度にもよりけりですが、良い状態とは言えません。

蓄膿症(ちくのうしょう。副鼻腔炎のこと)の可能性もありますから、耳鼻咽喉科で診察してもらった方が良いかもしれません。

鼻くそはあまり良い印象ではありませんが、体を守るために色々な働きをしてくれていることを覚えておいて損はないかもしれませんね。

 

【番外編】