こたつをしまう時期と収納法
冬来たりなば春遠からじ。

暖かな日差しをめいっぱい受け止めて、なんだか心もウキウキしちゃう季節になります。

そう、春!暖かくなってきたら、そろそろこたつもおさらばですよね。

来年もまたお世話になるから、大事にしまっておきたいものです。

 

とはいうものの…ついついしまい忘れちゃったり、のんびりできるものだからそのままお世話になっちゃったり。

 

こたつのよい収納方法とかしまう時期とかあるのでしょうか?

 

布団はどうやってお手入れしたらいいんでしょう?クリーニング?

気をつけたらいい点ってあるのかどうか?調べてみました。

 

 

気になる「こたつ」の電気代っていくら?

 

スポンサーリンク

いつまでにしまえばいいの?

4月はまだしまえない?

春とはいえ、花冷えが続いたり肌寒かったりする日があるので、4月はまだまだお世話になっていたいものです。

ゴールデンウィーク頃?

ゴールデンウィークには、全国的に暖かさが本格的となってくるようなので、連休であちらこちらへ行ったり、お仕事がお休みの間にこたつもしまいたいところです。

 

だらだらしてしまっても梅雨前には収納しよう!!

その理由は…こたつは

 

①充分な熱と十分な湿度

②人の皮脂、ご飯の食べかすなどゴミがある

③敷きっぱなしで隙間が沢山

 

ということで、なんと!

「ダニが増殖する条件をフルに満たしているアイテム」

なのです。

寒い冬は掃除を頻繁にすることで避けられますが、暖かくなってきたら要注意

ダニが好むのは、

 

温度=25℃~35℃

湿度=65%~85%

 

つまり…梅雨です!

梅雨にこたつを出しているのは、余計にダニを繁殖させてしまうようなもの。

できれば梅雨前に確実に収納しましょう。

 

ゴールデンウィークを過ぎても、ちょっと足元が寒いな…

と感じる時には、カーディガンやタオルを引っ掛けるだけで大分違いますよ。

 

 
スポンサーリンク

洗濯方法を選択する

check!!
ドライマークのこたつ布団は、迷わずクリーニング店にどうぞ!
 

手洗いしてみよう!

自宅でこたつ布団などを洗濯できるぐらいの大きな洗濯ネットを使い、

『毛布コース』『大物洗いコース』を選びましょう。

厚いので、充分に乾かすことがポイントです。

 

天気予報をチェックしつつ、洗濯する日を決めてみてくださいね。

洗濯機に入らないけど手洗いしたい…

そんな方は浴槽で足踏み洗いしてみてください。

ちょっと大変かもしれませんが、そこはダイエットと思えば良いのかも?

ご自宅の掃除機に「布団用ヘッド(またはノズル)」がある方は、洗濯前にちょっとかけるのもワンポイントです。

 

 

クリーニングに出そう!

それなりに大きいですし、5千円ぐらい必要な所が多いようです。

しかし宅配サービスをしてくれたり、中にはシーズンまで預かってくれたり、

こたつ布団の「フワフワ感」を復活させてくれるクリーニング店もありますので、ここはお金をかけてクリーニングを利用してもお得感が満載です。

 

 

コインランドリーで洗おう!

何よりコインランドリーの

高温乾燥機にまずかけてから洗濯し、また高温乾燥機で乾燥させることでダニは死滅するといわれています。

 

「近所にコインランドリーがないのよね…」という方は、少々面倒ですがスチームアイロンをかけると効果的です。

最近はコインランドリーにも『布団モード』があったりするので、探してみても良いかもしれません。

 

 
スポンサーリンク

気をつけたいポイントは?

こたつをしまう時期と収納法


1.外干しが気になる方は黒いゴミ袋で

最近は黄砂や花粉、あとPM2.5とか…外干しはなんだか不安になりませんか?

そんな方は洗濯してこたつ布団が十分乾燥したことを確認したら、

90リットル用などの大きな黒いゴミ袋に入れ、きちんと口を閉じてから日光に当てましょう
黒い袋は内部の温度を上昇させてくれますから、ダニ退治にはオススメです。

 

 

2.クリーニングから戻ってきたらビニール袋から出しましょう

クリーニングでは綺麗にビニール袋に収納してくれますが、そのまま置いておくと

こたつ布団の湿気でカビが生えてしまうかもしれません。
ここはひと手間かけて、できれば

不織布などの通気性の良い収納ケースにしまい、押し入れへとしまいましょう。

さらに、こたつ布団を収納している押し入れの戸を天気の良い日に開けることで、カビ臭くならずに済みます。

できれば月に数回、開けっ放しにしましょう。

 

 

3.圧縮袋はよ~く選んで!

分厚いこたつ布団でもペチャンコにしてくれる布団圧縮袋は、沢山のご家庭で使用されています。

場所をとらないって素敵ですよね!

でも、2~3回使っただけでダメになってしまう商品もあるそうなので、機能をよくご確認の上で使用することをお勧めします。

 

また、こたつ布団などは半年以上圧縮しておくと、湿気が出てくるそうなので、

これはカビやダニ発生条件となってしまいます。

シーズンになるまで、何度か圧縮袋から出して天日干しをするといいですよ。

その際は布団乾燥機などで乾燥させ、掃除機などで埃などを取り除いてから再び圧縮袋で収納しましょう。

 

 
スポンサーリンク

圧縮しなくても「こたつ布団用収納ケースor収納袋」でOK

圧縮しても、上記のような手間がかかってしまう…そこを考えたら、ある程度のサイズまで小さく収納してくれる

こたつ布団用収納ケース」がおススメです。

千円程で購入できますし、中にはケースの一部が透明になっていて、中身が見えるものもあるのでなかなか便利です。

長い冬にお世話になるこたつ布団、シーズンオフにも気を使って大事に収納しておきたいですね。

そしてまた冬を迎えたら、ふっかふかのこたつ布団でぽかぽかライフを送りましょう!