3ナンバーと5ナンバーの違い
みなさん!!

3ナンバーと5ナンバーの違いって分かりますか?

 

近年、日本の自動車技術は年々、目まぐるしいほど進化していますね。

環境に優しい、電気と少しのガソリンで走るハイブリッド車や燃費の良い1リッター走行距離30㎞以上!エネチャージ搭載!など車メーカーはそれぞれの技術を活かし新車を発売しています。

私たちも車の買い替えや、「免許を取得したのでせっかくなら新車を♪」となった時には購入前にどのメーカーの車が良いのか調べたりしますよね。

その時によく出てくるキーワード

「3ナンバー」と「5ナンバー」

 

車購入で選ぶ点はデザインなのか燃費の良さなのか。いろいろ比較していくと思いますが、

まずはこの違いを知ることが車選びの基準になります。

 

経済的に負担の少ない車を探している人には特に大事なキーワード。今回はそんな

「3ナンバーと5ナンバー」の違いを簡単に分かりやすく解説していきます♪

ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

3ナンバーと5ナンバーの大きな違いは?

まず大まかな違いは

車両の大きさ排気量

が違います。

 

車の価格で決まると思われがちですが、

それぞれの決められた基準値があり、その値で比べて「3ナンバー」「5ナンバー」と分けられます。

 

基準値
  • 排気量…2000cc
  • 全長…4.7m
  • 全幅…1.7m
  • 全高…2.0m
上記の

基準値以上なら「3ナンバー」
基準値以下なら「5ナンバー」

となります。

しかしここで注意点!

基準値を1つでも上回っていれば「3ナンバー」扱いになります。

基本的に「大きな車が3ナンバー」と覚えておきましょう。

 

 
スポンサーリンク

グレードによって違う!?車体の違いとは?

3ナンバーと5ナンバーの違い
大体の違いも分かり、いざ選ぶとなるとまた新しく出てくる疑問が…。

同じ名前の車でもナンバーが違う車両がある!?

と気づいた方もいるのではないでしょうか?

そうなんです。

グレードによって「3ナンバー」「5ナンバー」が変わる車両もあるのです。

 

例であげると【トヨタ】のミニバン【ヴォクシー】

【ヴォクシーZS】サイズは
全長4710×全幅1730×全高1825(㎝)

【その他のグレード】のサイズは
全長4695×全幅1695×全高1826(㎝)

【ヴォクシーZS】は全長、全幅が基準値を超えていますので「3ナンバー」に。

【その他のグレード】は基準値以下なので「5ナンバー」に分類されます。

 

このようにグレードによってはナンバーが変わる車両もあるのでお気をつけ下さい。

 

 
スポンサーリンク

かかる費用はどう違うの?

基本はサイズの大きい「3ナンバー」の方が税金など費用が大きくなる傾向です。

自動車税は

「3ナンバー」も「5ナンバー」という基準で決まっていません。

自動車税の基準はエンジンの排気量です。
総排気量 税金 ナンバー
0~1000cc 29,500円 5ナンバー
1001~1500cc以下 34,500円 5ナンバー
1501~2000cc以下 39,500円 3ナンバー
5ナンバー
2001~2500cc以下 45,000円 3ナンバー
2501~3000cc以下 51,000円 3ナンバー
3001~3500cc以下 58,000円 3ナンバー
3501~4000cc以下 66,500円 3ナンバー
4001~4500cc以下 76,500円 3ナンバー
4501~6000cc以下 88,000円 3ナンバー
6001cc~ 111,000円 3ナンバー
※上記は年間での金額です。
※軽自動車は一律10,800円です。

 

そして、車両価格や自動車税etc…を合計した平均金額は

「3ナンバー」で 約¥ 3,500,000万
「5ナンバー」で 約¥ 1,500,000万

約2〜2.5倍の金額が異なります。

 

しかし「3ナンバー」の車でもメーカーやグレードの違いなどもあり、排気量が小さく価格が安い車であれば、「5ナンバー」車と比べるとそれほど大きな金額差がないこともありますので、

一概に「3ナンバー」が高い!とは言えません。

ややこしいですよね…。

 

 
スポンサーリンク

まとめ

3ナンバーと5ナンバーの違い
3ナンバーと5ナンバーの違いを解説させていただきました。

…が上記でも説明しましたが、車のメーカーや車両のグレードによっては負担金額が変わったりするので、ややこしく混乱しますよね…。

金額の算出の1番良い方法は、

気になった車両を扱っている販売店(ディーラー)に実際に足を運び、見積りを出してもらうのをオススメします。

車は人生の中でも高い買い物の1つです。

購入して後悔をしないためには
  • 疑問点が出たら必ず確認すること!
  • 試乗ができるのであれば、必ず試乗して確かめること!
  • 接客してくれる担当ディーラーとは仲良くしておくこと!
をオススメします。

特に担当ディーラーと仲良くなることで、購入後もトラブルがあった際は親身になって迅速で丁寧な対応をしてくれます。

それに値段交渉もスムーズに行えますよ♪

次の休日にはカーディーラーにいってみるのも良いも知れませんね。

ぜひ参考にしてみて下さい。