生活・雑学

軽油とガソリンの違いって?もし間違えて入れるとどうなる?

軽油とガソリンの違いって?もし間違えて入れると・・・。

突然ですが皆さん!!

軽油とガソリンの違いってご存知ですか?

 

スタンドに行くと「軽油」「レギュラー」「ハイオク」と種類があり、

たまに「自分の車は給油はどれだっけ?」と分からなくなる事がありますよね。

気をつけてください!!

レギュラー車に間違えて軽油を給油をすると大変な事になります!

今回はガソリンと軽油の違いと間違えて給油した時の対処法をお教えします。

ぜひ参考にしてみてください。

 

ガソリンと軽油の違いって?

ガソリンと軽油は両方とも原料は「石油」です。

大まかな違いは、蒸発する温度が異なります。

石油は熱する事で蒸発し、その蒸気がガソリンに変わります。

この採取する時の温度が違い変わるのでガソリンの種類も違い、変わっていきます。

 

check!!
  • ガソリン30℃〜230℃の間で発生する蒸気で作られるので、蒸発が早く【常温常圧】でエネルギーに変わります。
  • 軽油140℃〜360℃の間で発生する蒸気で作られるので、ガソリンより【高温高圧】でなければエネルギーに変わりません。
燃えやすいのがガソリン。ガソリンより燃えにくいのが軽油になります。

 

 

 
スポンサーリンク

ガソリン車に間違えて、軽油を給油するとどうなるの?

軽油とガソリンの違いって?もし間違えて入れると・・・。 間違えて【常温常圧】のガソリン車に、燃えにくい【高温高圧】の軽油を給油すると・・・

 

エンジンが痛み、車が故障します!!

 

最初は混ざった状態なので目立った反応はありませんが、時間が経ちエンジン内に間違えた軽油が周り始めると、「チリチリ」と異音がします。

異音は最初は小さいですが、時間が経つにつれ音が大きくなります。

その後振動し始めます。運転とは違った揺れを感じるようになります。

そしてマフラーから黒い煙が出始め、そして最終的には車が動かなくなります。

 

上記の症状が出始めたら、まずは運転を停止して車を止めましょう。

まずは「いつもと車の調子が悪い…」と感じ、上記の症状と当てはまったら、対処法として直ぐに車屋さんまたはガソリンスタンドで診てもらいましょう。

もし運転中に止まってしまった場合は・・・

 

check!!
  • 近くにガソリンスタンドがあれば駆け込んで相談。
  • 周辺にガソリンスタンドや車屋がなさそうなら、車両の契約会社または保険屋さんに電話で助けを呼びましょう。
 

両方とも初期症状ならプラグ交換だけで済みます。

値段はガソリンスタンドで修理をお願いした場合は工賃込みで4000円〜5000円くらいかと。

しかし最悪の場合は車が御愁傷様になってしまいます…。

それだけは避けたいですよね…。

 

 
スポンサーリンク

まとめ

軽油とガソリンの違いって?もし間違えて入れると・・・。 軽油とガソリンの違いと間違えた際の対処法についてご紹介しました。

どちらにせよ・・・
「軽油とガソリンを間違えて給油してしまった⁉︎」と気づいたら、先ずは契約している車屋さんに相談するのが1番です。

 

因みにレギュラー車にハイオクガソリンを間違えて給油しても殆んど問題ありません。

 

むしろハイオクガソリンの方がレギュラーガソリンよりも品質が良いのでエンジン内部が綺麗になります。デメリットは値段が高くなるくらいです。

 

最近は「セルフサービス」のスタンドが増えており現在、全国のガソリンスタンドの約3割は「セルフサービス」だそうです。

店員が給油してくれる「フルサービス」よりも料金が安いので、おそらくほとんど方がセルフで給油をするのではないでしょうか?そこで間違ってしまうんですよね…。

 

しかし「フルサービス」のガソリンスタンドを利用して店員が間違えて給油してしまう事もあるそうです。

特に慣れていない新人のバイトの人が、よく起こすミスの1つだと言われています。

なので、もしもの時のトラブル対処法として・・・

 

check!!
  • 証明のためにガソリンを給油した際のレシートを一定期間保管しておくことをオススメします。
    (カード払いなら履歴が残るので問題ないですね)
 

以上の事に注意しながら、安全運転でドライブをお楽しみください。