入学祝いには図書カード!どこで入手できるか教えて!!
4月の暦。冬の厳しい寒さは峠を越えて、心地よい陽気と共に私たちの生活にも変化を与えてくれる季節ですよね。

そんな新生活を迎える行事の1つ「入学式」.

 

みなさんの周りにも今年度『入学式』を迎える家族や兄弟、親しい友人など身近にいられるのではないでしょうか?

せっかくなので入学祝いを‼︎

と贈り物をしようと思い立つが、相手が欲しいプレゼントが何か分からなかったり、普段合うことのない、あまり親しくない親戚の場合などは尚のこと迷い、気を遣いますよね…。

そんな時、

 

プレゼントにピッタリな図書カード

 

簡単に準備もできて大人から子供まで使える、まさにお祝い品の代名詞!

早速、購入しに行こうと思った時、ふと疑問が。

 

図書カードってどこで買えるの?

 

書店で購入できるだろうけども、近くのコンビニでも購入できるのなら、今後もプレゼントする時には便利が良いですよね。

入手方法だけでなく、最近の図書カード事情も気になるところ。

そこで今回は、図書カードの入手方法について調べてみました。調べてみると意外と種類が多かったり、お得に購入できる方法も⁉︎

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

図書カードはどこで買えるの?

図書カードは主に、

書店で購入できます。
最近ではネットで安く購入することもできるみたいです。

 

現在の図書カードの入手方法は、今までと変わらず、主に書店で購入できます。

しかし、どの店舗でも図書カードの取り扱いがあるわけでなく、

 
専用の図書カード読み取り機が設置されている店舗のみで購入することができるそうです。
 

大型または全国にチェーン展開している、ほとんどの書店は購入できますね。

 

しかし、
小規模の書店や、個人で経営している店舗などでは設置されていない事があるので、購入できない場合もあります。

 

check!!

ちなみに、コンビニでは販売していないそうです!お気をつけください!


 

また、書店以外でも、

金券ショップやネット通販でも購入することが出来ます。

 

金券ショップで入手する場合、

定価よりだいたい4%引きの価格で購入できます。

使用も問題なくできますが、
正規取扱いではないので、気持ちの問題で購入に抵抗がある方もおられるかと。

 

ネット通販での購入するメリットは、書店などに行く手間もかかりません。

しかし、
手数料などの関係で書店で買うよりも、高くつくこともあるのでご注意下さい。

 

 
スポンサーリンク

図書カードの種類は?

入学祝いには図書カード!どこで入手できるか教えて!!
現在の図書カードの購入は以下の金額から選択できます。
  • 500円
  • 1,000円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
デザインは全国共通で4種類あります。シンプルな絵柄から『ピーターラビット』の柄など、みなさんも一度は見たことのあるデザインかと思われます。

基本の4種類以外にも、企業が作るいわゆる限定デザインの図書カードも販売されています。

 

実は図書カードは、好きなデザインでオーダー作成することができます。

 

それを企業が行い、通常よりも高い価格で販売している場合が多いですね。

中には生産数が希少で、プレミアム価格が付いた図書カードもあるそうですよ。

もちろん、
私たち個人でもオーダー作成することが出来ます。

ネットからの申し込みで、好きなデザインや撮影した写真データを使って図書カードを作ってもらうことができ、注文して約2週間〜3週間で自宅に届きます。

親しい友人など、特別な相手に送る場合にも、ピッタリなプレゼントになりますね。

制作金額は枚数やデザインによって変わるので、気になった方はHPで確認してくださいね。

 

 
スポンサーリンク

まとめ

入学祝いには図書カード!どこで入手できるか教えて!!
図書カードの入手方法についてご紹介しました。

以前は、
図書券だったのですが、平成17年に発行終了され、現在の図書カードのみの製造になったそうです。

図書券の時代は、紙の商品券だったので、基本一回しか使うことができず、おつりも出ませんでした。

図書カードになってからは、プリペイド形式になったので、利用金額を専用の読取り機で代金分だけ減額でき、

カードの残額がなくなるまで繰り返して使う事が出来るので、無駄のない私たちには嬉しい運用になりましたね。

 

図書カードは書籍だけでなく、文房具や事務用品なども購入することができます。

シャープペンシルやノート、のりやハサミに御祝儀袋まで、使い勝手が良い便利なカードです。

入学式のお祝いだけでなく誕生日プレゼントにも贈れる図書カード。

機会がありましたら一度検討してみては?