暑さ対策にはやっぱり冷たいかき氷とアイス!

平均気温が年々と高くなっている近年の夏の猛暑。かき氷やアイスで暑さをしのぎたくなりますよね。

しかし!

食べた瞬間に起こるあのキーンとする感じ・・・

 

誰でも一度は経験したことあると思います。

ただでさえ暑くてクラクラするのに、何で頭が痛くなるんでしょうね?!

原因と対処法を調べてみました!

 

スポンサーリンク

キーンと痛くなる原因は?ちゃんとした名称があった!

冷たい物を食べた時に起こる頭痛は

アイスクリーム頭痛

というなんと医学的な正式名称があるのです!

 

では、なぜアイスクリーム頭痛が起こるのか?

実は、諸説あって確実にこれが原因!と特定はできてないそうです。

 

諸説は主に2つあります。

諸説①
冷たいものを食べた時に口の中の温度が急激に下がるため、体は体温を調節しようと近くにある頭の血管を一時的に膨張させようとします。

これにより急に血管が大きくなってしまったので炎症が起こり、頭痛を発生させてしまうのではないかと言われています。

 

諸説②
神経の伝達ミスです。

顔面や咀嚼筋などの幅広く分布している三叉神経は感覚を脳に伝達する役割を担っています。

その喉にある三叉神経が冷たいものを通った時に刺激され、発生された伝達信号を脳が「冷たい」じゃなく「痛い」と勘違いをして、痛みを感じさせてしまうのではないか、と言われています。

 

 

 
スポンサーリンク

対処法は?痛くなる人とならない人の違いとは!?

かき氷やアイスを食べた時に起こる頭痛の原因と対処法!
でも実際アイスクリームを食べてみて、いつもいつもキーンとなっているわけではないですよね?

一体どのようにすればこの頭痛が起こらずにすむのでしょうか?

調べたところ、どうやら

急に口の中を冷やしてしまっていないか

という違いなんだそうです!

 

よく暑すぎて涼しさを追い求めかき氷をかき込んで食べてしまったり、アイスが溶ける前に急いで食べなきゃ!と焦って食べてしまったり・・・

そうした時にかぎって必ず痛くなっていませんか?実は、そこに

「アイスクリーム頭痛」の防止法があるのです。

 

冷たいものはゆっくりと食べ、急激に口の中を冷やしたりせず徐々に慣らしていきましょう。

そうすれば、キーンとした嫌な痛みを防ぐことができます。

 

では、既にキーンと頭が痛くなっている場合はどうすれば治るのでしょうか??

原因を知っていればもうお分かりのとおり、

口の中の急激な温度低下を食い止めればいいのです。

ぬるめのお水や温かい飲み物を飲むことで痛みが和らいでいきます。

また、神経の伝達ミスという原因のお話もありましたが、

頭に直接冷たいものを当てるとまた別の神経が刺激されて痛みが和らぐとも言われています。

いずれにしてもアイスクリーム頭痛は徐々に治っていくものですが、できれば早めにどうにか対処したいですよね。是非、お試しあれです。

 

 
スポンサーリンク

まとめ

かき氷やアイスだけでなく冷たいものの早食いはこの頭痛を引き起こします。

早く食べないようにと意識していても、知らず知らずのうちに暑さのせいで食べるのが早くなっているのかも知れませんね。

溶ける前に食べないと!!と焦る気持ちはわかりますが、

ゆっくり味わいながらかき氷やアイスを食べて頭痛が起きないように注意しましょう。

でも、私はこの頭痛が起こると夏が来たなと実感したりもしていますが・・・。