子どもの乾燥肌対策と湿疹ができた時の対処法!
乾燥の季節。つらいですよね。

季節的な乾燥に加え、もともと乾燥肌の方はもっと苦労されていると思います。

 

子どもさんの乾燥肌となると、適当な薬は使いたくないし…

でもかゆいとかきむしったりしてしまうし、痕が残るのも心配だし…

悩むことも多いですよね。

 

わたし自身、もともと手のひらなどの乾燥がひどく、幼少期に数回皮膚科に通った記憶があります。

今回は、
子どもさんの乾燥対策や乾燥からの湿疹ができたときの対処法などをまとめていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

まずは乾燥の原因を知ろう!

まず、子どもの乾燥肌の原因から見ていきましょう。

 

子どもの肌は、大人と比べて2分の1ほどと薄いわりに、水分量は多い状態です

とてもデリケートな状態と言えますよね。

 

さらに、皮脂の分泌量も安定していないので皮膚のバリア機能も未熟なままで、外部からの刺激にも敏感な状態と言えます。

バリア機能は、外部からの異物や攻撃を防ぐことはもちろんですが、体の中にある水分を閉じ込めておく働きがあるので、このバリア機能が未熟ということは、

皮膚は刺激によってダメージを受けやすく、水分も失われて乾燥しやすい

ということです。

 

幼少期に湿疹やかぶれなどが多いのはこれらの理由からで、
いったんひどくなると深刻な状態になったり、全身に広がることもあるようです。

 

これらのもともとの乾燥の原因だけではなく、
生活の中での様々な要因によって乾燥肌になったり、悪化して湿疹が出来たりしてしまうことがあります。

どんな要因があるのか?

次の章でまとめていきます。

 

 

 
スポンサーリンク

乾燥肌の対策?どんなことに気を付けたらいい?

では続いて、先ほどお伝えした乾燥肌の原因から、

対策と気を付けた方がいいことを見ていきましょう。

 

もともと弱い幼少期の皮膚に以下のような要因が加わるとさらに乾燥を引き起こしてしまうようです。

 

check!!
  • 長湯や洗いすぎ
    市販のボディーシャンプーの中には刺激が強いものもあり、子どもの弱い肌から皮脂を余分に洗い流してしまうことがあります。
    出来るだけ少量のボディーシャンプーを使い、低刺激のものを選ぶようにするといいでしょう。
 
  • 手洗い後やお風呂上がりの自然乾燥
    手や体を洗った後に自然乾燥をすると、潤いまで一緒に蒸発させてしまいます。
    ハンカチやタオルなどでしっかりとふき取ることが大切です。
 
  • うつぶせで寝ること
    絨毯やマットの上で、寝転んで寝てしまうことがありますよね。
    しかし、絨毯などのハウスダストが顔に付いたり、口から雑菌が入り込み肌がかぶれたり、免疫が落ちて肌荒れにつながるケースがあるので、控えた方がいいですね。
 

反対に言えば、これらを出来るだけ避ければ、乾燥肌を防ぐことができますよね。

また、これら以外にも夏のあせも対策で、マメにシャワーや着替えをすることで、かえって潤いが持っていかれて乾燥肌になってしまうなどのケースもあるようです。

 

 

 
スポンサーリンク

乾燥によってできた湿疹はどうすれば?

子どもの乾燥肌対策と湿疹ができた時の対処法!
乾燥が悪化し、湿疹になってしまった場合、かゆがる子どもさんの姿を見るのはさらにつらいですよね。

ここからは、乾燥からの湿疹ができてしまった時の対処法をまとめていきたいと思います。

 

乾燥肌のこどもの皮膚は、健康な皮膚よりもセラミドという成分が不足した状態になっています。
そのため、乾燥肌の子どもに必要とされる対処法は

 
  • 肌の表面に膜を張り、異物の混入を避けてくれ、さらに水分の蒸発を避けるための保湿
  • 肌の水分を少なくさせずに保ってくれる保湿
 

が必要になります。

 

保護するための保湿剤は、乾燥肌によく使われるワセリンの中でも

プロペトやサンホワイトなどの、余計な成分が入っていない刺激が少ないもの

を選ぶといいでしょう。

また、最近ではシアバターという、皮膚や粘膜の再生を促す成分などが含まれた保湿剤があります。

冬に使用する場合は硬くなりやすいので、掌で温めてから塗ると塗りやすくなります。

 

もし湿疹の炎症がひどい場合は、炎症を一時的に抑えてくれるステロイドもあります。

ステロイドに抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、炎症を放置してかゆみがひどくなり、またかきむしってひどくなるという悪循環になるよりは、かゆみを取ってあげて、炎症が収まった後はしっかりした保湿をしてあげた方がいいようです。

ステロイドなどは市販のものもありますが、年齢や状態によって使用方法も変わってきますので、

皮膚科で年齢や症状に合ったものを処方してもらってくださいね。

 

 

 
スポンサーリンク

幼少期の努力がこれからを作る!

子どもの乾燥肌対策と湿疹ができた時の対処法!
幼少期から肌が弱かったこともありますが、わたしはこれらの対策をあまり取らずに来たため、今でも乾燥したり湿疹が出たりすることがあります。

幼少期にしっかり保湿や対策をすることで、これからの肌のバリア機能も高まると思いますので、子どもさんの肌としっかり向き合ってあげてくださいね。

 

気を付けた方がいいことや、湿疹が出たときの対処法など、今日お伝えした方法も取り入れていただければと思いますが、

ひどいときはやはり皮膚科で診てもらうのが一番かと思います。

乾燥の季節、悩まず乗り越えられるようにこの記事が役立てば幸いです♪