眉間に違和感!まさか先端恐怖症?原因とチェック方法!
先の尖った物。

例えば、縫い針とか鉛筆とシャープペンとかを、眉間や額に近付けただけで、

恐怖を感じる「先端恐怖症」なるものがあるそうですね。

 

恐怖症と言えば、私は高所恐怖症ですが、この恐怖症というのは、本人には大問題でも、他の人からすると「そんなの気のせいだよ。」とか「何でなるのかわからない」などと言われることもあります。

 

たかが恐怖症。されど恐怖症なんです。

 

先端恐怖症もなったことがない人にはわからない感覚で、誤解を受けることも多いのでは?と思います。

そこで今回は、先端症の原因と、本当に先端恐怖症なのかチェックする方法を、簡単にまとめてみました。

 

先端恐怖症って病院の何科を受診?克服方法ってある?

 

 

スポンサーリンク

先端恐怖症の症状って?

先端恐怖症というのは…

 
check!!
先端恐怖症というのは、先の尖った物を近づけると、異常な恐怖を感じる、病気とまではいかなくても、当人には辛い恐怖症の一種となります。
 

縫い針やナイフ、包丁、傘や箸、注射器などに恐怖を感じ、重い症状になると、普通の生活が出来なくなるだけでなく、尖った物に怯え、大きなストレスを感じてしまうことも。

 

症状の代表的なものとしては…
  • 理由もなくいらいらする
  • 動悸が激しくなる
  • めまいや頭痛が起こる
  • 物を食べても吐いてしまう
 

などの症状が出て、酷い時には…
  • 熱が出る
  • パニック障害が起こる
 

など、たかが恐怖症とは片づけられない問題にもなってきます。

 

普通の人でも、眉間とかに先の尖ったものを突き付けられると、恐怖を感じることはありますが、先端恐怖症の方は、それが顕著に現れます。

前述したような症状が現れた場合は、先端恐怖症の可能性が高いと言えます。

 

他人に理解されない症状というのは、辛い物ですよね?

 

 

 
スポンサーリンク

先端恐怖症の原因とは?

眉間に違和感!まさか先端恐怖症?原因とチェック方法!
先端恐怖症になる原因は様々ですが、

過去に尖った物で怪我をしたことがある(トラウマ的なもの)場合も、先端恐怖症になる可能性があります。

過去に尖った物で怪我をしたせいで、また怪我をするのではないかと恐怖を感じるんですね。

 

また、うつ病やストレスでもなることがあります。

疲労が蓄積されたり、過剰なストレスを感じることで、尖った物が不快に感じるんです。

この場合は、原因が改善されないと、恐怖症も改善されないことが多いです。

 

 

ですが、特にこれと言った原因がないままで、先端恐怖症になってる方もいらっしゃいます。

どちらかと言うと、恐怖症というのは、精神症に近いので、原因がわからないことも多いんですね。

 

恐怖症には、他にも高所恐怖症や閉所恐怖症というのもありますが、こちらは過去にトラウマがある場合が多いようです。

高い所から落ちてしまった経験があるとか、小さい頃、躾などで押し入れに閉じ込められたなど。

 

ただ、原因が分からなくても、症状を改善することは可能ですので、

原因よりも治療を優先させる方が良いと思います。

 

 

 
スポンサーリンク

先端恐怖症かどうかのチェック方法

先端恐怖症かどうかをチェックするための方法を、リストでまとめてみました。

まずは、以下の5つの項目に、自身が当てはまるかどうかを確認してみて下さい。

 

check!!
  • 先端が尖っている物を想像した時に、恐怖を感じるかどうか。
  • 先端が尖っている物に触れていると、不安になり落ち着かなくなるかどうか。
  • 先端が尖っている物に対して、恐怖心があることを自覚しているかどうか。
  • 先端が尖っている物を、無意識に避けたりしていないかどうか。
  • 先端恐怖症のせいで、上手く生活が送れなかったりしていないか。
 

これらの5つの項目に、一つでも心当たりがある場合は、先端恐怖症の可能性が高いと言えそうです。

 

恐怖症は、自然に治ることもありますが、基本的には原因が改善されないと、治らないことも多々あります。

恐怖症が軽ければ、何とか生活も送ることが出来ますが、重い症状だと、とても普通に生活が出来なくなります。

 

最初は眉間に突き付けられた時だけだったのに、そのうち先端が尖った物を見るだけで、恐怖を感じるようにもなるかも知れませんので、心当たりがないか、まずはチェックしてみましょう!

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

眉間に違和感!まさか先端恐怖症?原因とチェック方法! 先端恐怖症は、人によっても症状が様々で、当然重症度も変わって来ます。

症状が軽ければ、そのまま生活を送っている方も、もちろんいらっしゃいますが、それでもいつ恐怖症が重くなるかと不安と戦わないといけません。

 

先端恐怖症は、重症化すると、パニック障害などが起きることもある、実は怖い症状の一つなんです。

尖った物がダメとなると、病院の注射も怖くなり、病院にも行けなくなったりします。

何しろ、病院は刃物オンパレードですから。

 

自己診断ですることが出来るのは、チェックの方法までです。

もし先端恐怖症かも知れないと思ったら、病院の受診をオススメします。

 

先端恐怖症って病院の何科を受診?克服方法ってある?