健康・美容

蚊に刺されやすい人!?対策とかゆみを抑える方法!

蚊に刺されやすい人!?対策とかゆみを抑える方法!

夏になると現れるあの天敵・・・そうです。

蚊!!

ブーンという音が耳元でしただけで何だか嫌になりますよね。

そして実際に刺されるとその部分は腫れあがり、かゆみが出て、ひどく掻き毟ると汁が出たりすることもあるほど。

 

でも友達とかと一緒でも、

刺されやすい人と刺されにくい人っていませんか?

今日は蚊に刺されにくくする対策と刺された時のかゆみを抑える方法を紹介します。

 

蚊が反応するのは、体温と二酸化炭素と乳酸の匂い

蚊はよりごのみして近づいてきます。

そして蚊がよって来る人には特徴があります。

 

①体温が高い人

これは様々な年代がいたら、比較的体温の高い子供によって行きます。

そして大人だけがいたら男性の方によって行くことが多いです。

それは男性は筋肉量が多く、新陳代謝が活発で体温が高いからです。

体温が高いということは自分で調整できないので、仕方がないのですが、なるべく興奮しない、出来るだけ冷房の近くに行くなど体温を下げるような努力が有効的です。

 

②乳酸

乳酸は汗をかいたときに出てきます。

そのために汗かきの人、子供や肥満の人に蚊は寄ってきます。

また運動後などに刺されやすくなってきます。そのために汗をこまめにふき取ることが大切です。

 

③二酸化炭素

二酸化炭素が出てくるのは、お酒を飲んだ後。

アルコール分解のために二酸化炭素の排出が多くなるので、注意した方がいいですね。

お酒を控えることはもちろん、お酒を飲んだ後は、そのまま寝ない、すぐに自宅に帰るなど刺されないようにすることが大切です。

 

 
スポンサーリンク

刺された時はどうすれば?

蚊に刺されやすい人!?対策とかゆみを抑える方法! 蚊に刺されてしまった瞬間から、あのかゆみが来ると思うと憂鬱ですよね・・・

蚊に刺された時のかゆみはつらいです。

そのかゆみを少しでも抑えるには、いくつかの方法があります。

 

自宅の場合

氷を刺された所に当てて、皮膚感覚を麻痺させるという方法です。

麻痺している間はかゆみを感じなくていいです。

また自宅にレモンがあったら、レモン汁を付けるのもいい方法です。

レモンに含まれるクエン酸がかゆみを取ってくれるのです。

 

外出中の場合

外にいる時は気を紛らわす方法が一番なのですが、氷がない代わりに、

水を刺されたところにパッティングするのもいい方法です。

気化熱で少しこもっていた熱が除去されてかゆみが治まります。

 

また指でその部分を圧迫するという方法も有効です。

よくバッテンに跡を付けるといいと言いますが、これは指を離した後、またかゆみが戻ってくることが多いです。

そのために指である程度圧迫し続けることがかゆみをとることにつながります。

 

 

 
スポンサーリンク

かゆみは長く続くことも

蚊に刺されたかゆみはその日だけで終わる人もいますし、

遅延性の反応で数日後にかゆみが戻ってくるときもあります。

そのために上記の方法を覚えておいて、対処できるようにしておくといいですね。

ですが、やはり蚊にさされないように対策する事が一番ですね。

かゆさに負けて掻き毟る事を多いかと思いますが、掻き毟ると痕が残ることが多いので、かゆみは掻き毟らずに対処するようにしましょう。