春は、潮干狩りのシーズンでもありますよね?

自分でとったアサリやその他貝類が、食卓に並ぶなんて、それだけでウキウキしませんか?

 

お子さんと楽しめるというのも、潮干狩りの魅力の一つですよね?

お子さんの情操教育にも良いと思いますし、生き物を取って食べるというのは、それだけで大切な思い出になるはずです。

 

でも、それだけ魅力的な潮干狩りではありますが、お子さんと一緒の時には、気をつけないといけない事柄というのも、やっぱりあります。

 

何しろ、相手は海ですから。

甘く見ていると、怪我などに繋がります。

 

そこで、初めて潮干狩りをする方向けに、持ちモノや服装をご紹介しようと思います。

ご参考になりましたら、幸いです。

 

潮干狩りの時期はいつから?大量GETのコツは?

 

 

スポンサーリンク

潮干狩りに役立つ持物リスト

潮干狩りに役立つ持物をリストでご紹介します。

まずは、これだけは揃えて、楽しい潮干狩りに出かけましょう!

 

✅熊手
(必須アイテムです。)

これがないと、砂を掘ることができませんので、必須アイテムと言えます。

潮干狩りの会場でも売ってますが、安く手に入れたいなら、100均のショップなどを利用すると、安価で手に入ります。




✅網やザル

こちらも、会場で調達することが可能ですが、使いにくい網やザルが売られていることが多いです。

もし、ない場合は、
ポリ袋で代用することも可能です。

ポリ袋の下に穴をあけて、他の場所にも、パンチなどを使って沢山穴を開けておくと、砂が綺麗に下に落ちてくれるので、どうしてもない場合とか、調達出来ない場合は、スーパーでのポリ袋を使ってみて下さい。




✅バケツやクーラーボックス

ザルなどを利用すると、当然塩水を一緒に入れておく容器が必要となって来ます。

何しろ、
海水を一緒に入れて持ち帰らないと、せっかく採った貝類が死んでしまいます。

どちらにしろ、食べるので一緒と思われるかも知れませんが、生きたまま持ち帰った方が断然鮮度が良いです。

特に、熱い時期になると、水温の関係で、こちらも貝類が死んでしまうので、
出来ればクーラーボックスを用意するのが良いかと思います。

 

 

 
スポンサーリンク

潮干狩りをするなら、こんな服装で!(大人版)

潮干狩りの道具が揃ったから出発しよう!!

っとその前に大切な事があります!それは…

服装です!!

 

特に、ずぶぬれ必死なので、着替えは絶対に必要ですね。

では、潮干狩りの服装ということで、まずは大人向けのリストにしてみました。

 

✅帽子
(日焼けや熱中症対策に)

海は、海水浴などを思いだしていただけるとわかりますが、大変日差しが強いです。

特に、熱中症対策にも、帽子は必須です。

海は風が強いので、飛ばされないように、紐付きの麦わら帽子などがあると良いと思います。




長袖のシャツ
(日焼けや熱中症対策に)

こちらも、海の日差しから肌を守るために必須です。

焼けること自体は、そんなに問題ではないんですが、熱中症が怖いので、暑いと感じるかも知れませんが、潮干狩りには長袖のシャツを用意しましょう。




ズボン
(日焼け防止と着替え用)

潮干狩りでは、必ずと言って良いほど、裾が濡れてしまいます。

なので、
着替え用と使う用にズボンを持って行くようにします。

短パンとかでも良いですが、ジャージなどの柔らかい素材のズボンの裾をまくった方が、日焼け防止にもなって一石二鳥です。

結局短パンでも、裾は濡れてしまうので、動きやすい服装の方が向いていると言えそうです。




靴か靴下

靴は、実は一番の悩みどころです。

サンダルなどですと、すぐに脱げてしまいますし、長靴だと、掘るためにかがむので、作業がしづらいです。

裸足だと、砂や石で怪我をしてしまう恐れも。

一番おすすめなのは、実は靴下や地下足袋になります。

濡れてもすぐに着替えられますし、怪我もしにくいです。




手袋
(怪我防止)

子供は特に、貝殻の破片などで怪我をしやすいです。

なので、軍手やゴム手袋なども、用意しておいた方が良いです。

慣れた大人は、素手で掘っている方も多いですが、子供さんにはぜひ手袋を用意してあげて下さい。

 

 

 
スポンサーリンク

潮干狩りの服装(子供版)

潮干狩りの持ち物リスト!服装は何着れば?【大人と子供別】
潮干狩りでは、お子さんも楽しむ場合に、どんな服装にすれば良いのか、これも悩む所ですよね?

ですので、こちらもリストにしてまとめてみました。

 

水着

子供さんは、濡れても良いように、水着がオススメです。

更に上に、Tシャツやジャージを履かせるようにすると、日焼け対策もばっちりです!

ただ、暑いと子供さんは、上に着た服は脱いでしまうかもですが…。

水着なら、潮干狩りに飽きた時にも、そのまま水遊びが出来ますので、子供さんには基本水着を着せるのが一番良いかと思います。




サマーキャップ

子供さんの場合、首にタオルなどを巻いたとしても、嫌がってすぐにとってしまいますよね?

なので、帽子代わりにもなるサマーキャップがおすすめです。

そして、派手なデザインを選んでおけば、迷子対策にもなります。




ラッシュガード

水着だけでも良いことには良いんですが、潮干狩りの最中に寒くなってしまう場合もありますので、水着にプラスして、ラッシュガードを付けてあげるのも良い方法です。




水遊び用のおむつ

これは、我が家の甥っ子も使ったんですが、濡れても良い仕様になっているので、小さいお子さんを連れていく時には、水遊び用のおむつもあると良いです。

基本的に、ベビー用品を扱っているお店で売ってますが、シーズンOFFだと手に入らない場合もありますので、
潮干狩りの日程が決まっている場合は、ネットであらかじめ買っておくと言う方法もあります。




マリンシューズ(子供用)

普通の靴よりも、脱げづらく、滑りづらい靴なので、お子様にはうってつけです。

どうせなら、普通の靴よりも、イベント感も増すマリンシューズがお薦めです!




子供用の日焼け止め

子供向けの日やけ止めというのも売っていますので、必ず用意して下さい。

潮干狩りは長丁場になりやすいので、日焼けもしやすいです。

日焼けで子供が痛がるのは、見ていて辛い物ですよね?

なので、こちらも必ず用意しておくようにして下さい。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

潮干狩りの持ち物リスト!服装は何着れば?【大人と子供別】
楽しい潮干狩りにするなら、服装や道具も、しっかりと揃えて置くようにしましょう。

いざ潮干狩り場に行って、

「あー。あれ、持ってくれば良かったなぁ。」

なんてことにならないように、
リストを参考に、必須の服装や道具などは、チェックして置いた方が良いかと思います。

 

潮干狩りのシーズンによっては、寒い日もあれば暑い日もあります。

楽しいはずの潮干狩りで「寒い!」とか「日焼けして痛い!」とかで悩みたくないですよね?

怪我のないように楽しんで、素敵な思い出にして下さいね。

 

潮干狩りの時期はいつから?大量GETのコツは?