脂肪を燃やす細胞って、実は私達が持っている細胞でもあるんです。

脂肪を燃やすなんて聞くと、ダイエットされてる方は、気になりますよね?

 

かく言う私もダイエットをしているので、こちらの細胞名は聞いたことがありますが、増やすことが出来るとしたら、嬉しいことですよね。

普通、脂肪細胞と聞くと、逆に太るんじゃない?とも思われるかもしれません。

 

でも、実は痩せるかも知れないんです!

 

ということで、

今回は脂肪を燃やす褐色脂肪細胞についてと、増やし方、更には本当にダイエットに効果があるのか?

など、簡単にまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

褐色脂肪細胞の働きは?

 

褐色脂肪細胞とは

人間の体内にある特殊な脂肪細胞のことで、体の基礎代謝を上げるためにエネルギーを消費して体温を上げてくれる、

簡単に言ってしまうと、体の熱の発生装置

 

人間の体はダイエットして、ある程度痩せてしまっても、一定の状態を保とうとする恒常性が働き、体重が戻ってしまいます。

これがリバウンドの原因とも言われています。

 

そんな中、この褐色脂肪細胞が余分な栄養である脂質などを熱に変えて放出してくれることで、

肥満を防止できるとして、最近話題になっています。

 

 

ただ褐色脂肪細胞の働きには個人差があり、太りやすい体質の方と痩せやすい体質の方は、この褐色脂肪細胞が影響しているのかも知れません。

 

褐色脂肪細胞の働きが活発な人は、当然痩せやすくなりますし、逆に働きが鈍い人は、太りやすい傾向にあります。

 

良く「痩せの大食い」なんて言われる人がいますよね?

食べているのに痩せると言う方は、体質として、もしかしたら褐色脂肪細胞の働きが普通の人より活発化しているのかも知れません。

 

 

 
スポンサーリンク

褐色脂肪細胞は、どこに存在してるの?

脂肪を燃やす褐色脂肪細胞!増やし方は?ダイエットに効果あり?
では、その褐色脂肪細胞は、人間の体内のどこに存在してるんでしょうか?

 

check!!

褐色脂肪細胞は、体内でも限られた場所にしかなく、存在するとされている場所は、

肩甲骨周辺や、首の後ろ、腋の下などにあるとされています。

 

限られた場所にしか存在しない上に、その量自体も少なくて、

乳幼児期のピークを過ぎると、加齢と共にどんどんと減少してしまうんですね。

 

成人した後では、乳幼児期に比べ、半分以上に減ってしまうなんてこともあります。

 

よく脂肪細胞は、生まれた時に決まってるなんて言われたりもしますが、褐色脂肪細胞も生まれた時に数が決まっているのかも知れませんね。

 

褐色脂肪細胞が減って行くと、当然太りやすい体に変化しますので、年齢を重ねるごとに、痩せにくい体質になるのは、基礎代謝とは別に、この褐色脂肪細胞が影響してるのかも知れません。

 

お年寄りでも、食べる量が減って、それに伴い痩せる方もいらっしゃいますが、中年太りなどは、正にこの褐色脂肪細胞が減っている途中なのかも。

 

 

 
スポンサーリンク

褐色脂肪細胞を増やすことは出来る?

 

check!!

褐色脂肪細胞を増やすには、体内で熱を上げないと!と脳に思わせる必要があります。

それは、褐色脂肪視細胞の存在する部位を、冷やすことで可能です。

 

ただ、いきなり冷水を体にかけたりすると、心臓がびっくりしてしまいますので、温かめのシャワーをかけることから始めて、徐々に慣らしていくのが良いと思います。

最初は40度前後の温水を、背中の右半身の部分にかけ、その後20度前後の冷水にして、そしてまた40度前後の温水をかけるなどして、一つのサイクルにするという方法があります。

 

 

他にも、体には温度センサーの役割を持つ「小体」というのがあるんですが、ここを刺激することでも、脳に寒いとか温かいという情報を送ることが出来ます。

小体というのは、手のひらに密集しているので、氷や保冷材などを使い、軽い刺激を与えると良いと思います。

ただ、やり過ぎは禁物ですので、凍傷になるほど長くは冷やさないで下さいね。

 

 

他にも、唐辛子の入った料理を食べることでも、褐色脂肪細胞を活発化させることが出来ます。

カプサイシンという成分が、交感神経を活発化してくれるので、その働きにより、褐色細胞を活発かしてくれるんですね。

ただ、この方法では活発化させるだけで、増やすことは出来ないので、まずは前述した方法で、褐色脂肪細胞を増やしてから行う方が効果的だと思います。

 

 

 
スポンサーリンク

褐色脂肪細胞のダイエット効果は?

脂肪を燃やす褐色脂肪細胞!増やし方は?ダイエットに効果あり?
褐色脂肪細胞には、体脂肪を燃やしやすい体にしてくれると書きましたが、ダイエットにも効果があるのかなど、気になる所ですよね?

 

元々人間が持っている脂肪細胞には、白色の脂肪細胞褐色の脂肪細胞があります。

褐色脂肪細胞は、白色脂肪細胞を燃焼してくれます。

 

白色脂肪細胞は、普段の生活で食べすぎたりすると、脂肪として蓄積されます。

脂肪が多くなるというのは、実は白色脂肪細胞が増えているということなんです。

 

白であっても、全く脂肪が無くなると、外部からの衝撃を防いでくれないので、多少は必要になります。

ただ、白色の脂肪細胞は、付きすぎると悪玉となり、中年太りになったりと悪い効果が現れます。

 

 

check!!

ダイエットで運動をする時に水泳が良いとされているのは理由があり、

全身を冷やすことで、一緒に褐色脂肪細胞も冷やし、その結果、脂肪を燃焼しやすい体になるというわけです。

冷やしながら運動をすることで、恒常機能が働き、体を温めなくちゃと脳に信号が伝わる事で、褐色脂肪細胞が増えてくれます。

 

他にも、ダイエットの運動後に、シャワーを浴びるというのも、褐色脂肪細胞を増やすのに一役かってくれています。

ダイエットに運動が良いとされているのは、運動自体はもちろん、副作用的なものもあって、褐色脂肪細胞を増やしてくれているからなのかも知れないですね。

 

 

 

まとめ

脂肪を燃やす褐色脂肪細胞!増やし方は?ダイエットに効果あり?
ダイエットに良いとされる褐色脂肪細胞は、体内に沢山あるわけではなく、増やすのも大変かも知れません。

しかし、手のひらを冷やしたり、シャワーを浴びたりなど、簡単で効果的な方法を知っていると、増やすのも楽になるかも知れないですね。

 

もしダイエットをする時に、褐色脂肪細胞を増やしたいと思ったら、水泳が一番良いですね。

 

何しろ、歩きやジョギングなどのように体に負荷がかかるのも抑えられますし、汗をかく不快感もありませんし、常に体を冷やすことによって、運動をしながら、褐色脂肪細胞を増やせるというのは魅力的です。

 

もちろん、褐色脂肪細胞が増えたからと言って、すぐに痩せると言うわけではないですが、

痩せやすい体作りが出来れば、普段の運動や食事制限などを、最も発揮してくれる体にもなります。

 

リバウンド防止のためにも、普段の生活でも、褐色脂肪細胞を増やす行動を起こしてみてはいかがでしょうか?