舌が白くなってしまう舌苔(ぜったい)は、

見た目にも良くないですし、口臭の原因とも言われていて、人知れず悩んでる方もいらっしゃると思います。

 

舌を見せる機会はあまり無いかも知れませんが、それでも何かの拍子に舌がピンク色ではなく、白くなっていたら、病気?と疑われてしまうこともあるかも知れません。

 

実は舌苔というのは、口の中に細菌などが溜まっているサインでもあります。

 

細菌が増えて、口臭の原因になるのは嫌なものですよね?

ということで、口臭の元とも言われる舌苔の原因と取り方などを、簡単にまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

舌苔って一体なに?

では、舌苔(ぜったい)とは一体何でしょうか?

 

check!!

舌苔とは舌の表面にある角質が、何らかの原因で固くなり、その隙間に汚れや細菌が溜まる状態を舌苔と呼びます。

 

舌苔になる原因には
  • 細菌が増えている場合
  • 口呼吸が多い場合
  • 消化器系の病気の場合
 

であったりなど、様々な原因がありますが、そもそもの原因がわからないことも多いようです。

 

口臭が酷いなどの症状が現れるものの、舌苔自体は、治療の必要はないとされています。

 

口臭が酷くなる原因が舌苔にあった場合も、

専用ブラシなどで舌をブラッシングすれば、治ることが多いんですね。

 

とはいえ、舌苔が病気のサインである可能性も考えると、日常的にケアは必要になるかと思います。

 

舌の色が気になったり、口臭が気になったりした場合は、簡単なケアで、すぐに治りますので、早めに治しておくのが良いかも知れませんね。

 

ただ、舌苔の原因が、消化器系の病気だったりしない限りは、そんなに神経質になる必要はないので、毎日の歯磨き感覚のケアで充分です。

 

 

 
スポンサーリンク

舌苔が出来る原因って?

舌苔が出来る原因を、リスト形式でまとめてみますと…

 

✅皮が剥がれるのが原因の場合

舌の上皮や口の中にある上皮が剥がれたものが、舌に溜まり、白く変色することもあります。




✅口呼吸が多い方の場合

口呼吸が多い人は、舌苔になりやすいと言われています。

というのも、汚れた時にすぐに洗えば落ちる汚れでも、乾いてしまうと汚れが落ちなくなりますよね?

口の中は、唾液で濡れているので、通常は汚れもすぐに取れるんですが、口呼吸が多い方は、外気が口の中に入ることで、口内が乾燥してしまい、舌に汚れが溜まってしまうんです。




✅食べかすが原因の場合

食べかすが舌の細胞の間に残ることで、舌苔になることもあります。

食べた後、すぐに歯磨きをするのは、歯を綺麗に保つのはもちろん!

舌苔の予防にもなるということですね。




✅唾液が少ない場合

ストレスや服用している薬、または病気によっても、舌苔が出来る場合もあります。

唾液には、口内の汚れを洗い流してくれる機能がありますが、何らかの病気などで唾液が少なくなると、舌にも汚れが溜まってしまうんですね。




✅皮が剥がれるのが原因の場合

舌の上皮や口の中にある上皮が剥がれたものが、舌に溜まり、白く変色することもあります。

 

他にも、舌の動きが少なくなってしまったり、舌位が低い状態でも、舌苔が現れることがあります。

また、ある特定の抗生物質を利用することで、口内の細菌が増えるなんてことも。

 

原因は、本当に様々ですが、口内の細菌が増えると、口臭以外にも問題が出てきますので、日頃のケアをするのをお忘れなく!

 

 

 
スポンサーリンク

舌苔のオススメの取り方って?

舌苔を簡単に取る方法は、舌ブラシを使うのが一般的です。

 

舌ブラシを使う方法

鏡を見ながら、ブラシを使って、舌の白い部分を取り除く方法です。
  1. 舌ブラシを水に浸して置き、鏡を見ながら、一番奥の部分に軽くブラシをあて、手前にゆっくりと引きます。
  2. 一度ブラシをあてたら、舌ブラシの先を水で綺麗に洗い、同じ作業を繰り返します。
 

舌ブラシが細菌で汚れてしまうので、一回使うごとに、綺麗に洗い直すのを忘れないで下さい。

また、舌に傷がある時には、舌ブラシは使わないで下さい。

新たに傷が出来てしまうと、今度はそこに細菌が溜まってしまいます。

 

おすすめの舌ブラシは、以下のようなものがあります。

 

 

SHIKIET社:W-1(ダブルワン)

新潟大学医歯学総合研究科摂食嚥下リハビリテ-ション学分野との共同開発によって生まれた舌ブラシです。

ソフトで特殊なナイロン製なので、舌表面に傷が付きにくいのが特徴です。




舌フレッシュ

毛先が歯ブラシよりも細いのが特徴で、舌苔の奥の方の細菌もとれる上に、舌の表面を傷つけにくいようになっています。

スプーン状のブラシも付いているので、より多くの細菌を取れるようになっています。

これらの舌ブラシは、値段も数百円程度とお安いので、舌苔を取り除きたいと思うなら、買っておくと良いかも知れません。

 

 

ただ、毎日何度も舌苔を取る作業は、舌に傷が付くのでオススメ出来ません。

毎日起床時に、一回程度に抑えて下さいね。

 

 

 
スポンサーリンク

舌苔をケアしないとどうなるの?

舌苔のおすすめの取り方で口臭の原因をバッチリケアしよう!
舌苔自体は、生理的に発生するものなので、量が多すぎる場合を除いては、そのまま放置しておいても問題はありません。

 

ただ、口臭の原因となる可能性もありますので、出来れば、起床時に歯磨きと同じ感覚で、舌ブラシを使ったブラッシングをしておきましょう。

 

でも、余りにも強くブラッシングしてしまうと、今度は舌に傷が付いてしまい、そこに細菌が入り込んで…

と言う風に、悪循環になってしまう可能性もありますので、出来れば専用ブラシを使って、軽くブラッシングをするに留めましょう。

 

ブラッシングをし過ぎると、舌の癌になる可能性もありますので、余り頻繁にはしないで下さいね。

 

とは言え、口臭が酷くなると、やっぱり気になりますよね?

でも、口臭の原因は、必ずしも舌苔にあるというわけではなくて、単純に歯磨きが足りなかったりして、口内に細菌が溜まってるという場合もあります。

 

舌苔だけを気にするよりも、全体的な口内ケアをするのがおすすめです。

 

 

 

まとめ

舌苔のおすすめの取り方で口臭の原因をバッチリケアしよう!
口臭って、本当に気になりますよね?

しかもその原因が舌苔にあるとしたら、やっぱりブラッシングをして、ケアをしたいものです。

 

でも、何でもそうですが、やり過ぎは良くありません。

「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」なんて言葉もありますが、やりすぎると逆にマイナスの効果になることも。

 

舌苔のケアは、専用ブラシで、一日一回程度で治すことが出来ます。

正しいケアの方法を覚えて、口内を綺麗にするのは良いことですよね?

舌苔で悩んでいる方に、ご参考になりましたら幸いです。