愛犬がマダニに刺された時の駆除方法!マダニ予防どうすれば?
飼っている愛犬が、マダニに刺されたら、どうしますか?

ワンちゃんは、あなたの大事な家族。

 

マダニに刺されてしまったら、

人間と同じように感染症の疑いもありますので、気になりますよね?

 

駆除方法を知らないでいると、いざ愛犬がマダニに刺された時に、取り返しのつかないことにもなりかねません。

 

大事な家族の一員であるからこそ、しっかりとした対処をしてあげたいですよね。

ということで、今回は愛犬がマダニに刺された時の駆除方法や、マダニに刺されないための予防法などをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

愛犬がマダニに刺された時の駆除方法は?

犬がマダニに刺された場合は、

貧血や皮膚炎など、目に見える症状の他に、感染症が出る場合があります。

 

もっとも犬が感染しやすいと言われているのが「バベシア症」と呼ばれるものです。

 

バベシア症は、貧血や発熱などの症状が出て、重い時には死んでしまうことも。

感染症は、人間も犬も怖いもの。

 

では、駆除方法はというと。

 

check!!

まず、深く咬みついているマダニを見つけたら、無理やり引っ張らないように気をつけて下さい。

マダニは、咬みついて吸血をしている間、セメントのように硬くなります。

これは硬くなる体液を出しているからなんですが、

無理やり取ろうとしてしまうと、口の部分が犬の体内に残ってしまうことがあるんですね。

 

犬のマダニを取る専用のピンセットがあれば、それを使うと良いです。

ですが、人間と同じで、マダニが取り除けたとしても、感染症の疑いは消えません。

 

ですので、マダニに咬まれたら、動物病院に連れて行きましょう。

 

無理に取ろうとしてはいけません!

 

マダニが体内に残ってしまうと、その部分が化膿してしまうこともあるようです。

感染もしやすくなります。

 

もし自分で取り除けないと思ったら、すぐに病院に行きましょう。

 

 

 
スポンサーリンク

愛犬がマダニに刺された時にやってはいけないことは?

愛犬がマダニに刺されたら、前述したような方法で、一応駆除は可能です。

 

絶対にやってはいけないのは、マダニを手でつぶすことです。

 

いくらマダニが他のダニより大きいと言っても、あれだけ小さな寄生虫を手で取り除くなんて不可能ですよね?

 

マダニはお腹や顔、お尻の周りなど、柔らかい部分に寄生して、そこに尖った口で食いつき、自らの体を固定します。

無理に引っ張って取ろうとすると、犬の皮膚の中に突起が残っていまい、酷い皮膚炎を起こすことも。

 

犬を楽にしてあげようと思ってやった行為が、逆効果になる可能性もあるんですね。

 

また寄生が見つかった時に、マダニを駆除したとしても、取り除いた状態ですでに、体内に病原体が入り込んでいることも。

 

check!!

普段からマダニがつかないように、マダニ駆除薬などを使い、定期的に予防してあげるのが大切です。

 

犬がマダニに咬まれると、痒みなどの症状が出ることもあります。

そうなると、犬は体をかきむしってしまうことも。

 

マダニに刺されたら、自分で何とかしようとせずに、まず病院に連れて行くのが一番かと思います。

 

 

 
スポンサーリンク

自分で出来るマダニの予防法は?

愛犬がマダニに刺された時の駆除方法!マダニ予防どうすれば?
愛犬がマダニに咬まれないようにするには、愛犬の様子を良く観察してあげることです。

家族同然の愛犬ですから、普段と違ったら、すぐにわかるはずです。

 

春になると、マダニは活発化します。

その時期に外に散歩などに行くことで、マダニが体にくっついてしまうことも。

マダニは軽く咬んでいるだけの状態なら、ブラッシングで取れることもあります。

 

ですので、特に春の散歩時には注意し、帰ってきたらブラッシングをしてあげることで、簡単な予防も出来ますし、愛犬とのコミュニケーションも取れることになりますね。

 

マダニを避けるのに最も効果的な方法は、原っぱや草むらに近づかないことが第一です。

 

ただ、犬は散歩させないと、ストレスが溜まってしまいますし、何より散歩が楽しみと言う方もいらっしゃると思います。

 

マダニの予防法としては、フロントラインという医薬品を使うこともありますが、殺虫剤ですので、効き目は強いです。

 

犬の中には、その殺虫剤で皮膚炎を起こすこともあります。

どうしても薬を使いたい場合は、無添加の物やハーブ系の犬用の虫よけを使うのも良いかも知れませんね。

 

 

 
スポンサーリンク

他にもある!犬がマダニに刺されない予防法

犬がマダニに咬まれないようにするには、虫よけなども使えますが、こんな予防法もあります。

 

一つ目は、
カタンドッグメタルを使うこと。


✅check!!

カタンドッグメタルは、見た目は、ただの金色のペンダントに見えます。

ですが、実は地球の磁場を利用し、微弱な電磁波を発生させることが出来るんです。

 

犬などの動物を磁界のベールで保護し、ダニなどを追い払うことが可能なんですね。

 

カタンドッグメタルは、結構お高い商品ではありますが、使い始めてから二年間は効果があると言います。

高いからと敬遠されがちですが、二年間使えるのなら、長い目で見るとお安いかも?と思えます。

 

薬品は効きますが、効く分愛犬の体には負担をかけます。

その点、こちらのカタンドッグメタルは、体には負担をかけずに、上手にマダニを追い払ってくれるので、安心ですね。




二つ目は、
こまめなブラッシングです。


✅check!!

例え愛犬にマダニがついてしまっていても、早期に発見できれば、ブラッシングですぐに取り除くことが出来ます。

温かい時期になると、マダニは活発化するため、散歩から帰ってきたら、必ずブラッシングしてあげることで、愛犬のマダニ予防になります。

 

愛犬の体を触るだけでも、マダニがいるとすぐにわかるみたいですので、ブラッシングと同時に、愛犬の様子を普段から観察してあげるのが、一番の予防法と言えそうです。

 

 

 

 

まとめ

愛犬がマダニに刺された時の駆除方法!マダニ予防どうすれば?
マダニが愛犬に咬まれないようにするには、普段から愛犬と接することが大事なんですね。

もし、愛犬とのコミュニケーションの手段が散歩しかないとしたら…。

それはそれで、寂しいことですよね?

 

良く「犬は人につき、猫は家につく」なんて言葉を聞きますが、犬は人間になつく動物なんです。

もしあなたが愛犬を愛おしく思うなら、日頃からブラッシングをしてあげるだけでも、マダニの予防になるんです。

 

マダニは感染症が怖い寄生虫です。

愛犬が苦しい思いをしないで済むかどうかは、飼っている本人の心遣いにかかってるのかも知れませんね。