健康・美容

頭皮湿疹の原因はストレス?湿疹やフケ対策シャンプーの選び方!

頭皮湿疹の原因はストレス?湿疹やフケ対策シャンプーの選び方!

突然ですが、皆さんこんな悩みないですか?

  • 毎日シャンプーで頭を洗っているのに、頭が痒い!
  • ちゃんと洗っているはずなのに、フケが沢山出る!
  • シャンプーを変えてみても、頭が痒いのが治らない!
 

こんな症状が出たら、もしかしたら頭皮湿疹かも知れません。

 

塗り薬とかも市販されていますが、どうしても治らないと言う方も多いかと思います。

頭皮湿疹の原因が何なのかがわかれば、もしかしたら、対処方法とかもわかるかも知れませんよね?

 

ということで、今回は頭皮湿疹の原因やシャンプーの選び方をまとめてみました。

 

頭皮湿疹が治らない時は皮膚科?自分でできる治療法は?

 

 

頭皮湿疹のストレス以外の原因は?

頭皮湿疹の原因の一つに、過度のストレスがあります。

ストレスが溜まることで、自律神経が狂ってしまい、交感神経が刺激されるんですね。

 

そうなると、男性ホルモンが多く分泌されるようになり、皮脂が過剰に出てきてしまいます。

 

check!!

この皮脂が増えることで、頭皮湿疹の一つでもある「脂漏性皮膚炎」のカビなどが出て、頭皮湿疹が酷くなってしまうと言うわけです。

 

ストレス以外の原因としては、こんなものがあります。

 

1:アトピーが原因の場合

アレルギー体質の方がなることが多いですが、皮膚が薄いため、バリアー機能が働かなくなることが原因です。

シャンプーなどの刺激の他に、紫外線や雑菌が元になって、頭皮湿疹の原因になることも。




2:乾燥が原因の場合

皮脂が多いと頭皮湿疹になりますが、逆に皮脂が少なすぎても頭皮湿疹になることがあります。

乾燥したフケが大量に出たり、頭皮も薄くなったりするので、男性にも大問題ですね。




3:使っているシャンプーなどが原因の場合

シャンプーが肌に合わなかったり、毛染めの刺激が原因で、頭皮湿疹が起こることもあります。

アレルギー反応の一種なので、一度頭皮湿疹になってしまうと、シャンプーを変えたとしても、同じ症状が引き起こされることがあります。

 

基本的には、肌の免疫能力が衰えることで、頭皮湿疹にはなりやすくなります。

 

特にアレルギーを持っている方は要注意です。

ストレスが原因の場合は、ストレスがなくなれば治ることもありますが、それ以外の原因の場合は、何かしらの治療が大切になりそうです。

 

 

 
スポンサーリンク

頭皮湿疹にならないためのシャンプーの選び方!

頭皮湿疹と一口に言っても、その症状により、使うシャンプーは違ってきます。

 

フケが多くなる乾燥タイプの方におすすめのシャンプー

まず、乾燥を防ぐことが大事になります。

ですので、頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーや天然のアミノ酸系のシャンプーが良いでしょう。

 

頭皮を保湿することで、原因の一つである乾燥を防ぐわけですね。

シャンプーをする時には、「強くこすりすぎないこと!」「シャンプー後すぐに乾かす」など、頭皮の乾燥を防ぐようにしてみましょう。

 

 

脂漏性皮膚タイプの方におすすめのシャンプー

こちらの症状では、シャンプーで治すことは出来ないとされています。

というのも、症状の原因が頭皮に出来たカビなどの細菌であることが多く、根本的に治そうと思ったら、まず細菌を死滅させないといけないからです。

 

でも、脂漏性皮膚炎であっても、効果的なシャンプーはちゃんとあります。

ケトコナゾールという抗真菌薬(カビ菌を抑える薬)が含まれたシャンプーです。

 

ただ、ケトコナゾールが入っているシャンプーを使っても、人によっては症状が悪化したりすることもあります。

だからこそ、脂漏性皮膚炎は、シャンプーで治すことが出来ないと言われているんですね。

どちらにしても、刺激の少ないシャンプーがオススメです。

 

 

 

シャンプーに含まれている成分は?

では、どんな成分が含まれているものが頭皮湿疹に有効なんでしょう?

以下に3つのポイントとして、リストでまとめてみました。

 

✅point1
ノンシリコンタイプが良い?


シリコン材は「コーティング」の役目があるため、特に女性は使う方が多いかと思います。

やはり洗いたての髪がギシギシするのは嫌ですから。

 

ですが、頭皮湿疹がある方は、ノンシリコンの方がオススメです。

というのも、シリコンはドライヤーの熱などから頭を守ってくれることが多いのですが、万が一洗い残しがあると、痒みを引き起こしてしまうからです。

痒みが気になる方は、ノンシリコンタイプを使う方が懸命です。

 
✅point2
アミノ酸系シャンプーが良い?
アミノ酸系シャンプーは、シリコンタイプと比べると、洗浄力は弱いです。ただ、洗浄力が弱いことが逆に、頭皮に余り刺激を与えないということにもなります。頭皮湿疹は刺激が原因で起きることが多いので、低刺激のアミノ酸系シャンプーはオススメです。
 
✅point3
保湿成分の含まれている物が良い?
シャンプーに含まれる保湿成分には「セラミド」「ヒアルロン酸」「天然由来の植物エキス」などがあります。どれも一度は聞いたことがある名前だと思いますが、頭皮を保湿することにより、乾燥タイプの頭皮湿疹に高い効果が得られます。
 

 

ここまでポイントを挙げましたが、

絶対に使ってはならないシャンプーがあります。

 

それは、石油系界面活性剤である「硫酸」が成分として入っているものです。

 

汚れがすっきりと取れる印象もありますが、強すぎる洗浄能力のせいで、脱脂作用が強く、頭皮が乾燥してしまったりすることも。

頭皮湿疹がない方なら使ってもOKですが、湿疹がある方は、絶対に使わないようにして下さいね。

 

 

 

シャンプー時の注意点と洗い方

頭皮湿疹の原因はストレス?湿疹やフケ対策シャンプーの選び方!
頭皮湿疹がある方は、他の人より洗い方にも注意が必要です。

以下に4つのリストでまとめてみました。

 

1:熱湯では頭を洗わないこと!

熱湯で頭を洗ってしまうと、頭皮の皮質が落ち過ぎてしまいます。

乾燥は痒みの元にもなりますので、熱湯では洗わないようにして下さい。

理想の温度は、35~36度くらいになります。




2:爪で頭皮をこすらないこと!

例え爪を伸ばしていなかったとしても、爪でごしごしとこすると、頭皮に傷が付いてしまいます。

傷が出来ると痒みの原因になったり、カビなどが繁殖することも。

ですので、指の腹を使って、優しく洗うようにして下さい。




3:ドライヤーでしっかりと乾かすこと!

頭を洗った後、濡れたままで寝てしまうと、頭が痒くなることも。

痒くなるのは、頭皮の雑菌が原因です。

ドライヤーでしっかりと乾かすだけで、雑菌はかなり減ります。




4:ドライヤーの温風機能を使わないこと!

ドライヤーの熱風は、100度を超えていることが多く、熱風を髪に当てると、それだけで髪が傷んでしまいます。

もちろん!髪が傷むだけでなく、頭皮も傷まではいかなくても、傷つく恐れが大です。

髪が長い人は、温風と冷風を交互に使い、乾かすのがおすすめです。

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

頭皮湿疹の原因はストレス?湿疹やフケ対策シャンプーの選び方!
良く人間は「痛み」はある程度我慢できますが、痒みなどは我慢できないって言いますよね?

フケが出るなど、見た目にも良くないですが、痒みが止まらないと日常生活にも支障が出てしまいます。

 

でも、原因や対処方法がわかれば、自宅でもケア出来ることって多いんです!

頭皮湿疹は、アトピーの方がなる感じが強いですが、肌が敏感な方も症状が出ることが多いです。

 

シャンプーなども今では、色々な成分が含まれている物が売られていますよね?

まず、自分に合うシャンプー選びと、正しいシャンプーの仕方を知るだけでも、症状は治っていくと思います。

 

頭皮湿疹に悩んでいる方のご参考になりましたら、幸いです。

 

頭皮湿疹が治らない時は皮膚科?自分でできる治療法は?