健康・美容

頭皮湿疹が治らない時は皮膚科?自分でできる治療法は?

頭皮湿疹が治らない時は皮膚科?自分でできる治療法は?

頭皮湿疹って、他の方にはわからない苦労があると思います。

頭が痒いと我慢できず、ついかきむしってしまい、逆に症状が悪化することも。

 

頭皮湿疹と言うと、痒みだけがクローズアップされがちですが、実は皮膚炎の一種だってご存知でしたか?

 

症状によって、治し方も違いますが、頭皮が赤くなったり、フケが多くなったりと、見た目にも苦しそうな頭皮湿疹。

痒みが酷くなると、かさぶたも出来たりして、更に悪化してしまうのが頭皮湿疹です。

 

シャンプーを変えたりしても、治らない場合は病院にかかる必要があります。

ということで、頭皮湿疹が治らない時には、どの病院にかかるべきか、自分で出来る治療法があるのかなど、簡単にまとめてみました。

 

頭皮湿疹の原因はストレス?湿疹やフケ対策シャンプーの選び方!

 

 

頭皮湿疹が治らない時は皮膚科で良いの?

もしフケが多くなったり、痒みが酷くなったや、シャンプーなどを変えても症状が治まらない場合は、

皮膚科に行きましょう。

 

放っておいたり、自己流の治し方をしていると、もしかしたら症状が悪化するかも知れません。

では、頭皮湿疹にはどんな種類があるのかですが。

 

check!!

脂漏性皮膚炎

髪を洗ってもすぐに皮脂が多くなったり、大きめのフケが爪に詰まったり、頭皮が赤くなったり、細かい皮膚のはがれが気になったら、

それは「脂漏性皮膚炎」かも知れません。

 

皮膚の常在菌の一つでもある「マラセチア菌」というカビの一種が増えていることで、この症状が出ます。

もし「脂漏性皮膚炎」かな?と思ったら、すぐに皮膚科にかかりましょう。




尋常性乾癬

皮膚が赤くなって盛り上がったり、白いかさぶたが出来たり、ポロポロとフケが落ちる場合は「尋常性乾癬」かも知れません。

原因はわからないみたいですが、こちらは感染症ではありません。

 

自然治癒が難しく、慢性化することが多いので、こちらもすぐに皮膚科にかかりましょう。




白癬(水虫)

え?頭に水虫?と思われるかも知れませんが、人によっては頭や爪、手のひらなどにも水虫が出来る場合があります

皮膚の常在菌の一つである「癜風菌」というカビが原因でなることが多いです。

 

頭皮の痒みやフケが多くなったりする場合も、皮膚科にかかるのが良いと思います。




虱(しらみ)

髪の根元に白いフケのような物が付くことがあります。

爪でしごいても取れないようなら、タマジラミという虫の卵である可能性が高いです。

 

虱が寄生することで、頭に痒みが出たり、フケが多く出ることもあります。

こちらの場合は、必ずしも皮膚科に行く必要はなく、櫛などを使って治す方法があります。

 

 

 
スポンサーリンク

皮膚科ではどんな治療をするの?

 

皮膚科では、まず最初に顕微鏡でフケの確認をします。

その時に、頭皮湿疹であるかどうかを調べ、白癬菌や虱がいないかを調べるんですね。

 

check!!

頭皮湿疹が疑われる場合は、フケを洗い流す前に皮膚科に行くようにしましょう。

 

 

脂漏性皮膚炎と診断される場合が多いのですが、

炎症を抑えるステロイド剤の投与や、マラセチア菌の発症を抑える抗真菌剤などの塗り薬が処方されます。

 

他にも、頭皮のスチームやパック、体質の改善や食事のアドバイスをしてくれる所もあります。

 

ただ、頭皮のフケは原因がわからないことも多く、医師もある程度の検討をつけて、薬などを処方することが多いようです。

基本的には、頭皮湿疹の場合、塗り薬を処方されます。

効果を補完するために、飲み薬を処方されることもありますが、基本的には塗り薬が多いようです。

 

痒みを軽減するための「抗アレルギー剤」「抗ヒスタミン薬」などの薬も処方されたり、

頭皮の炎症を抑えるための「リンデロン」などのステロイド剤など、皮膚科には様々な症状に合わせて薬が処方されるので、

痒みが出たら我慢をせずに、まず皮膚科に行くことで、症状は大分軽減するようです。

 

 

 

頭皮湿疹の自分で出来る治療方法は?

頭皮湿疹には種類がありますが、その中でも一番かかりやすい脂漏性皮膚炎は、自宅である程度治療することも可能です。

 

マラセチア菌が原因の事も多いですが、実は「マラセチア菌」自体は皮膚の常在菌であり、多くなりすぎさえしなければ、症状が現れることはありません。

ですが、もし頭の痒みが酷くなった時には、我慢しないで病院を受診しましょう。
では、自宅で治療をするには、どうしたら良いかですが。

 

check!!

●野菜が多めのバランスの良い食事を心がけましょう。

●ビタミン剤を飲んでみましょう。

●睡眠時間を沢山とりましょう。

●寝具を清潔に保ってみましょう。

●髪はしっかりと乾かしてから寝ましょう。

 

何故こんなことをしなければならないかと言うと、

頭皮湿疹は生活環境を改善しないと、塗り薬で一時的に治ったとしても、すぐに元に戻ってしまうからです。

 

規則正しい生活をすることで、長期的に治すのが、実は一番の近道なんです。

「急がば回れ」ということですね。

 

皮膚科にかかるのはもちろん、まずは生活環境の改善をやってみて下さい。

 

 

 

頭皮湿疹の予防法は?

頭皮湿疹が治らない時は皮膚科?自分でできる治療法は?
頭皮湿疹の予防法は、まず何と言っても
  • 頭皮を清潔に保つ
  • シャンプーをしすぎないこと
この二つが大事です。

 

また頭皮に合わないシャンプーを使うことでも、頭皮湿疹は悪化しますので、シャンプー選びにも気を使いましょう。

 

頭皮湿疹はフケが出ることが多いので、フケ対策のシャンプーを使いたくなりますが、こちらには抗菌作用があったりして、刺激が強すぎるため、返って症状が悪化することもあります。

ですので、低刺激のシャンプーや無添加の石鹸シャンプーなどを使うのがオススメです。

 

シャンプーの種類を選んだら、洗う時にも、爪を立ててこすらずに、指の腹で優しく洗うようにしましょう。

シャンプーの回数は、一日に一回です。

 

シャンプーをしすぎると、逆効果になりますので、これ以上のシャンプーは厳禁です。

お湯にも気を使い、35~36度のお湯を使い、熱湯は避ける方が無難です。

 

他にもビタミンBが足りないと、頭皮湿疹が悪化することがありますので、普段の食事で、納豆や卵、レバー、海苔などの食材を積極的に摂るようにします。

と予防法はいくつかありますが、自分に合った方法を選びましょう。

 

 

 

お湯のシャンプーが効果的?!

普段良く使うシャンプーですが、刺激が強すぎると、頭皮湿疹は悪化してしまいます。

なので、もし刺激が弱いシャンプーが手に入らない時には、お湯をシャンプー代わりに使ってみて下さい。

 

シャンプーを使ってしまうと、頭皮を守っているバリアがなくなってしまいます。

そして、一度傷ついたバリアは、最低でも3~4日の回復期間を必要とします。

 

だからこそ、お湯のシャンプーの出番なんです!

 

余分な油脂だけでなく、頭皮のべたつきや嫌な臭いまで取り除いてくれます。

しかも!お湯シャンプーは頭皮だけでなく、背中や首などのアトピーにも効果があります。

 

お湯シャンプーの方法を簡単にご紹介すると。

 

check!!

1:しっかりとブラッシングをします。

2:34度程度のぬるま湯を使い、頭皮をマッサージするように洗ってみましょう。

3:もしお湯シャンプーだけで、髪が絡まるようなら、オイルを使ってもOKです。

 

 

お湯シャンプーのポイントは、一日置きに、シャンプーと交互に使うことです。

 

それで慣れたら、全部お湯シャンプーに変えることで、無理なく移行が出来ます。

頭皮のケアをするのに、お湯だけで良いの?と思われるかも知れませんが、シャンプーは刺激が強すぎると言う場合には、多大な効果を発揮するので、ぜひお試しを!

 

 

 
スポンサーリンク

まとめ

頭皮湿疹が治らない時は皮膚科?自分でできる治療法は?
頭皮湿疹は、ただ頭が痒かったり、フケが出るだけに留まらない、いわば感染症でもあります。

もし頭の痒みが止まらなかったり、かさぶたが出来たりした場合には、迷わず皮膚科を受診して下さい。

 

ただ、皮膚科で薬などを処方されても、原因が改善されないと、また元に戻ったりしてしまいます。

頭皮湿疹には、ストレスが原因のこともありますし、食事などの生活環境の乱れが原因のこともあります。

 

ですので、皮膚科で薬を処方されたからと安心せずに、普段から予防法などを行うことでも、再発の危険性はかなり減ります。

特に、シャンプーの仕方などは、自分で出来る治療法の一つですよね?

 

基本的に皮膚科を受診するのが一番だと思いますが、普段から規則正しい生活を送るというのも、効果的な治療方法と言えると思います。

 

頭皮湿疹の原因はストレス?湿疹やフケ対策シャンプーの選び方!