突然しゃっくりが出て、特に仕事中などは、早く止めなくちゃと焦ることもありますよね?

水を飲んだら良いとか、驚かせると良いなど、良く聞く方法ですが、

 

本当に効き目があるのか疑問に思ったりすることもあると思います。

 

ちなみに私の場合、水を飲んで止まったことは一度もありません。

驚かせるのは、ある程度効くかなと思いますが、水はダメでした。

止まった試しがありません。

 

でも巷では、もっと簡単な方法でしゃっくりを止める方法が話題になってます。

ということで、しゃっくりを止める色々な方法を簡単にまとめてみました。

 

しゃっくりがよく出るのは病気?そもそも原因って?

 

 

スポンサーリンク

30秒でしゃっくりを止める方法とは?

しゃっくりを止めるには、色々な方法がありますが、

何と!30秒で止める方法があるんです!

 

最近話題になってる方法でもあるので、ご存知の方も多いかも知れません。

 

「耳押し法」という名前で、確実にしゃっくりが止まるなんて言われています。

方法は、とっても簡単です。

 

check!!
  • 左右の耳に人差し指を入れます。
  • 指で耳の奥を、ぐいぐいと軽く痛みが出るくらいで、30秒~1分ほど押し続けて下さい。
  • 個人差はありますが、30秒くらいでしゃっくりが止まります。
 

何故耳押し法が効くのかというと、延髄の興奮を落ち着かせることが出来るからです。

 

しゃっくりが起きるのは、横隔膜などの痙攣が原因のことが多いんですが、

延髄は横隔膜などと繋がっているため、延髄の興奮が収まれば、しゃっくりも止まるというわけなんですね。

 

 

ただ、この方法を使う時には、以下の2点に注意して下さい。

 

✅check!!

1:爪を切っておくこと!

爪が長いと、指を入れた時に、耳の穴に傷が付いてしまいますので、爪はきちんと切ってから行って下さい。




2:呼吸器系の疾患をお持ちの方はやらないこと!

延髄の興奮を収める方法なので、延髄と繋がっている呼吸器系などに負担が起きる場合があります。

ですので、呼吸器系や循環器系に疾患がある方は、悪化する恐れがあるので注意して下さい。

 

 

もしこの方法を使っても、しゃっくりが長時間続く場合には、病気が原因の場合もありますので、すぐに病院に行くようにして下さいね。

 

 

 
スポンサーリンク

しゃっくりを止める呼吸法?

しゃっくりを止める方法は、まだあります。

例えば、呼吸法を使うことで、止めるなんて方法もあります。

 

簡単にご紹介すると。

 

check!!

1:10秒間、限界まで息を吸い込みます。

吸う時に浅く息を吸うと効果がないので、横隔膜が下がっているのをイメージして、深く息を吸い込みましょう。

 

2:10~15秒間我慢して、息を止めます。

この時が一番大変ですが、しゃっくりを止めるためなので、我慢して息を止めましょう。

 

3:同じように10秒間、今度はゆっくりと限界まで息を吐いて行きます。

苦しいかも知れませんが、一気に息を吐いては台無しです。

必ず、10秒間かけるようにして、ゆっくりと少しずつ息を吐きましょう。

 

4:今度は5秒間息を吸い込みます。

限界まで息を吸う必要はないので、ゆっくりと息を吸いましょう。

 

 5:呼吸を楽にします。

 

※この呼吸法をしている間に、もししゃっくりが出てしまったら、一旦リセットし、始めからやり直して下さい。

 

何故この方法でしゃっくりが止まるのかと言いますと。

限界まで息を吸うと、横隔膜が下がりますが、その状態で呼吸を止めると、肺には息が沢山詰まっているので、横隔膜の痙攣が起きません。

 

10秒間息を止めることで、風船を膨らませたのと同じ状態を保てます。

膨らんだ風船を手で押しても、なかなかへこまないのと原理は同じです。

 

限界まで息を吐くのは、横隔膜を正常に戻すためです。

しゃっくりを止める方法なので、予防方法ではありませんが、もししゃっくりが止まらない場合は、こちらの方法も試してみて下さい。

 

 

 
スポンサーリンク

しゃっくりをツボを押すことで止める方法?

しゃっくりは、2つのツボを押すことで止まることもあります。

2つのツボの場所さえ覚えてしまえば、簡単に止めることが出来ますので、ご紹介します。

 

 

一つ目のツボは「鳩尾(きゅうび)」と呼ばれるツボですが、場所の確認の方法はというと。
しゃっくりを止める方法!呼吸法やツボ、水を飲むと治る!?
  1. 胸に人差し指を置いて下さい。
  2. おへそに向かって下げて行くと、肋骨が谷のようになっている場所があります。
    ここが有名な「みぞおち」と呼ばれる部分です。
  3. みぞおちから、下に2cmほど下がった場所が「鳩尾」と呼ばれるツボです。
  4. 「鳩尾」の場所を、両手を使い、両側から指で押すようにして下さい。
 

 

二つ目のツボは「翳風(えいふう)」と呼ばれるツボです。
二つ目のツボは「翳風(えいふう)」と呼ばれるツボです。
  1. 耳たぶと骨の間にある窪みが「翳風(えいふう)」と呼ばれるツボになります。
  2. 「翳風(えいふう)」の場所を、人差し指を使って指圧します。
  3. 両方のツボを押して完了です。
 

 

 

ツボを指などを使って押すのも効果的ですが、もっと効果を得たい場合は、お灸などもオススメです。

ただ、自分でお灸をするのはなかなかに大変なので、指圧でも十分です。

 

簡単に出来る方法なので、しゃっくりと止めたい時に覚えておくと便利ですね。

 

 

 
スポンサーリンク

しゃっくりは水を飲むと止まる?

しゃっくりを止める方法!呼吸法やツボ、水を飲むと治る!?
しゃっくりを水を飲んで止めるのは、迷信とも言われます。

ちなみに、私は水を飲んで止まったことはありません。

 

ただ、効果があるとされる飲み方もあります。

 

その方法が、コップで水を飲む時に、いつもと反対側の口から水を飲むと言うものです。

簡単に言うと、コップを掴んでいる親指側からではなく、他の4本の指側から、水を飲む方法です。

 

 

何故この方法で水を飲むと、しゃっくりが止まるのかと言いますと。

反対側から水を飲もうとすると、前方に大きく頭を傾ける必要がありますよね?

 

ですので、この行為を行うことで、腹部の筋肉が収縮し、しゃっくりが止まるというわけです。

水を飲むから止まるのではなく、姿勢自体が重要なんですね。

そもそもしゃっくりを止めるには、2つのメカニズムがあると言います。

 

check!!

1:呼吸の仕方で、血中の二酸化炭素量を制御する

2:腹部の筋肉を収縮させる

 

「コップの反対側から水を飲む」ことで、このうちの一つの条件が満たされ、しゃっくりが止まるということなんですね。

二週間しゃっくりが止まらなかった方が、止まった実績もあるという方法です。

簡単に出来ますので、試してみる価値はあると思います。

 

 

 

まとめ

しゃっくりを止める方法!呼吸法やツボ、水を飲むと治る!?
しゃっくりが出ると、行儀が悪いと思われがちですが、それは半分真実で、もう半分は間違いです。

確かに食べ過ぎたり、食べるのが早すぎたりすると、しゃっくりは出やすいです。

 

でももしかしたら、何かの病気が原因で、しゃっくりで出ているのかも知れないんです。

たかがしゃっくりと思われるかも知れませんが、もし前述した方法を使っても、長時間続く場合は、迷わず病院に行って下さい。

 

しゃっくりを止める方法は、沢山ありますが、どれが効くのか実際に試してみて、一番効くと思われる方法を覚えておくのも良いかも知れません。

 

どれも体のメカニズムを理解した上での方法になりますが、中には疾患をお持ちの方は、使えない方法もありますので、注意して下さいね。

 

しゃっくりを止める方法の参考になりましたら幸いです。

 

しゃっくりがよく出るのは病気?そもそも原因って?